女子バレー

関菜々巳はトスが下手なの?他の代表セッターと特徴を比べてみた

投稿日:2022年10月9日 更新日:

関菜々巳はトスが下手

スポンサーリンク

Pocket

眞鍋JAPANの正セッターは関菜々巳選手に決まったのか?

世界バレーを見ていると、ほぼ毎試合セッターとして関菜々巳選手が出場しています。

まだ若く、伸びしろが多く感じられる関菜々巳選手。

しかし、一旦相手チームに流れが行くと、セッターがダメだ!関選手のトスが下手!と言われることもあるのが、セッターというポジション。

そんな関選手に厳しめの声と、関選手のトスの特徴、他の代表セッター候補との違いなどをまとめました。

 

スポンサーリンク

関菜々巳はトスが下手なの?

関菜々巳選手は船橋市立行田中学校の2年生でセッターに転向し、高校時代は春高バレーでの活躍はもちろんのこと、全日本ジュニアオールスタードリームマッチでもキャプテンを務めたほどの実力です。

日本代表としては2021年ごろからメンバーに選ばれていて、東京五輪代表には漏れましたが、眞鍋監督就任からは、その才能が見いだされ、ネーションズリーグ、世界バレーと連続で選ばれています。

特に世界バレーではスタメン出場が多く、多彩なトスワークで日本の勝利に貢献しています。

 

セッターとしての実力は申し分ないのですが、試合の流れの中で相手チームにペースを握られ、ミスなどが続くと「セッターが悪い」などと言われがちですね。

 

特に0-3で完敗したイタリア戦ではSNSでバレーファン?経験者?から書き込みがありました。

 

>>女子バレー代表の関菜々巳は目が変でガチャ目なの?

 

スポンサーリンク

関菜々巳と他のセッターと特徴を比べてみた

関選手はトスがネットに近いという指摘があるようです。

これは、関選手の特徴からなのか、アタッカーとの相性・打ちやすい位置などの関係性もありそうです。

東京五輪後に眞鍋監督に代わり、セッター候補は関選手を含め、4人と言われています。

関菜々巳選手

松井珠己選手

籾井あき選手

宮下遥選手

 

正セッター候補の特徴は

松井珠己選手は身長170㎝で、1998年生まれの24歳。

強気なトスワークで、攻撃的な展開が得意なセッター。

積極的に2アタックで自らも得点する視野の広さも特徴です。

 

籾井あき選手は身長176㎝で、2000年生まれの22歳。

セッターとしては長身で、サーブレシーブが高めでも大丈夫という安心感があります。

東京五輪を経験し、精神面でも成長しています。

 

宮下遥選手は身長177㎝で、1994年生まれの28歳。

4人の中では1番の長身で、リオ五輪代表の正セッター。

2016年から、毎年日本代表として選ばれており、経験豊富なベテランの域にも達しています。

ルックスも良く、人気の高い選手。

>>天才セッター宮下遥が日本代表落ちの理由は?

 

スポンサーリンク

パリ五輪のセッターは関菜々巳?

日本代表の監督に就任した真鍋監督は、リオ五輪まで8年間女子バレーチームを指導していました。

前回の監督時代は、2012年ロンドン五輪銅メダル、2016年リオ五輪5位。その後は監督が中田監督になりました。

そして中田監督は東京五輪で10位。

復帰の眞鍋監督はやはりパリ五輪が最大目標でしょうか。

 

>>世界バレーブラジル代表がかわいい!メンバー一覧

>>現在の日本代表は誰?世界選手権の日程や結果は

 

リオ五輪

日本1-3韓国

日本3-0カメルーン

日本0-3ブラジル

日本0-3ロシア

日本3-0アルゼンチン

 

グループリーグ4位(2勝3敗)で予選突破

 

準々決勝

日本0-3アメリカ

 

東京五輪

日本 3 ー 0 ケニア

日本 0 ー 3 セルビア

日本 0 ー 3 ブラジル

日本 2 ー 3 大韓民国

日本 1 ー 3 ドミニカ共和国

 

グループリーグ5位(1勝4敗)で予選敗退

 

パリ五輪大会は2024年で、あと2年しかありません。

五輪経験のない関菜々巳選手は、世界バレーで経験を積んで眞鍋JAPANの正セッターになれのか?!

頑張れ!関菜々巳選手!!

 

【関連記事】

>>女子バレー井上愛里沙が眞子さま似でかわいい?

>>横田真未の父親は元バレー選手であの人?

 

-女子バレー

Copyright© スイミージャーナル , 2022 All Rights Reserved.