最近、気になる事

スイミージャーナル

芸能・エンタメ

西部警察の再放送は出来ない?理由はコンプライアンスと銃撃・暴力シーン?

更新日:

西部警察 渡哲也 年齢 再放送 理由

スポンサーリンク

Pocket

西部警察の再放送は出来ない?理由はコンプライアンスと銃撃・暴力シーン?という記事を紹介します。

西部警察と言えば渡哲也さんの大門刑事のイメージが強いですね。

あのサングラスは大門サングラスと呼ばれ、ショットガンと共に今だに一部のファンに人気です。

西部警察の再放送できない理由やドラマの内容などもまとめました

 

スポンサーリンク

西部警察の再放送は出来ない?

氏名:渡哲也(わたりてつや)

本名: 渡瀬道彦 (わたせみちひこ)

生年月日: 1941年12月28日

出身地: 兵庫県淡路島

身長: 180cm

学歴:青山学院大学

血液型: B型

事務所: 石原プロモーション

大学卒業後にスカウトによって俳優の道へ。

180㎝の長身で「第2の石原裕次郎」と呼ばれた。

本人も石原裕次郎さんを尊敬し、日活を退社し石原プロモーションに所属した。

1973年にリリースした「くちなしの花」が年間シングルチャートで7位を記録。

全日本有線放送大賞金賞も獲得しNHK紅白歌合戦に初出場。

代表作は大都会、西部警察など多数他、大河ドラマにも出演。

若いうちから病魔を何度も経験。33歳の時に肋膜炎・肝機能不全なで9か月の長期入院。

50歳の時には直腸がん、その後も小さながんで何度も手術を受けていた。

2015年6月に急性心筋梗塞で入院し、手術を受けていた

2020年8月10日肺炎の為死去

 

西部警察とは

1979年10月から1984年10月にかけてテレビ朝日系列で全3シリーズが放送された。

石原プロモーション制作で主演は渡哲也さん。

派手なアクションシーンやカースタント、さらには巨額の費用を投じた爆破シーンなどが人気だった。

石原裕次郎さんも出演しているが、渡さん演じる大門の上司役だった。

既に病魔に侵されていた裕次郎さんは途中で30話以上、療養のために欠場している。

 

大門刑事

大門軍団”の別名で知られる捜査課の刑事たちをリーダーとして率い、彼らからは「団長」と呼ばれ、慕われていました。

トレードマークはサングラスにショットガン

放送開始当時は渡哲也さんは38歳。

随分貫禄がありますね。

テレビシリーズの最終話において、原田芳雄さんが演じたテロリスト・藤崎と死闘を繰り広げた末に殉職した。

ちなみにこのテロリスト役は松田優作さんに打診されていたが、松田優作さんは「渡さんを殺す役はたとえドラマの中でもやりたくない」といって断ったという逸話があります。

再放送を望む声

 

スポンサーリンク

再放送出来ない理由はコンプライアンスと銃撃・暴力シーン?

西部警察は何度も再放送されていますが、2009年以来10年以上、地上波では放送されていません。

最後の放送は石原裕次郎さんの23回忌記念として、西部警察ベストセレクションでした。

BSプレミアムやCSでの再放送は度々しているようですね。

再放送が見送られている理由としては、派手な銃撃戦や暴力シーンを地上波で流すのは難しいとの事です。

確かに現在のコンプライアンス等の状況では反対する方もいるでしょう。

 

派手な銃撃戦や暴力シーンとは

西部警察には銃撃戦、爆破シーンが見どころの1つでした。

1979年から1984年の5年間西部警察での数字

封鎖した道路…40,500箇所

飛ばしたヘリコプター…600機

壊した車両の台数…約4,680台(1話平均・20台)

壊した家屋や建物…320軒

使用された火薬の量…4.8t

使用されたガソリンの量…12,000リットル
(爆破シーンをより効果的に見せるための火炎を発生させる為)

死者…0人

負傷者…6人

始末書の枚数…45枚

暴力シーンも多いですね。

警察官が取り調べ中に容疑者を喋れない位にボコボコにしてしまいます。

そして「とっとと吐けー!」・・・。

あとは射殺シーンが多いです。

放送のほとんどで1回以上の射殺シーンがあります。

団長のノーヘルでバイクも放送は難しいですね。

西部警察 渡哲也 年齢 再放送 理由

 

スポンサーリンク

まとめ

西部警察放送時の渡哲也の年齢は38歳です。

30代であの貫禄を出せるとは、さすが一流の俳優さんです。

40年前のドラマです。若い方はご存知ないでしょうね。

あの今のCGよりも迫力のある爆破シーン。

悪の要塞爆破で3000万円が一気に灰になる爆破とかもありました。

また見たいですね。しかし地上波での再放送は難しいとされています。

再放送できない理由は爆破シーンもそうですが、その他にも銃撃・暴力シーンがかなりあります。

警察なのに取り調べでボコボコにするシーンなどは放送できないでしょうね。

射殺シーンも多すぎです。まあ、ドラマだからといえばそれまでですが、今は通用しません。

40年前はコンプライアンスにそこまで厳しくない時代だったという事ですね。

でも、今回は特別に放送されないかなと密かに思っています。

以上、西部警察は地上波では出来ない?理由はコンプライアンスと銃撃・暴力シーン?の記事でした。

スポンサーリンク

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.