芸能・エンタメ

篠原涼子が紅白選出の5つの理由【なんで?】小室哲哉の貢献度や中森明菜代役は本当?

投稿日:

篠原涼子が紅白選出の5つの理由【なんで?】小室哲哉の貢献度や中森明菜代役は本当?

スポンサーリンク

Pocket

篠原涼子さんが28年ぶり2回目の紅白歌合戦に選ばれました。

女優のイメージが強い篠原涼子さん。歌手だったの?と思う方もいるかもしれませんね。

今回の紅白歌合戦に選ばれた理由は何だったのか?

歌う曲や出演時間は?小室哲哉の出演の可能性などをまとめました。

 

スポンサーリンク

篠原涼子なぜ紅白歌合戦2022に選ばれた?

篠原涼子さんが28年ぶりに紅白歌合戦に出場します。

前回の出場は1994年。篠原さんが21歳の時です。

女優のイメージが強い篠原さんが歌手デビューしたのは1991年。

そんな篠原さんはなぜ今回選ばれたのか?

選ばれた理由はいくつかあると思われますが、ネットの噂や週刊誌の情報などから5つの理由をまとめました。

 

篠原涼子が紅白に選ばれた5つの理由

 

①ゲーム主題歌をリニューアル配信

篠原涼子さんの最大のヒット曲「恋しさとせつなさと心強さと」は1994年公開の長編アニメーション映画『ストリートファイターII MOVIE』の主題歌として起用されていました。

そして来年発売の対戦格闘ゲーム「ストリートファイター6」の日本イメージソングとして「恋しさとせつなさと心強さと2023」がリリースされました

1994年の曲を小室哲哉がリアレンジし、篠原が歌を新録しています。この事が今回の出場決定の要因の1つと言われています。

 

②NHKドラマに出演予定?

篠原涼子さんは2020年のNHK連続テレビ小説『おちょやん』で朝ドラ初出演を果たしました。主演級から脇役までこなす篠原涼子さん。その演技力には定評があります。2023年には大河ドラマか朝ドラなどに出演予定・オファー予定などがあるのかもしれませんね。

 

③小室哲哉が関係?

「恋しさとせつなさと心強さと2023」は小室哲哉氏がリアレンジしたもの。その小室さんはNHKEテレの「天才てれびくんhello,」にて「Be The World」という曲を制作しています。NHKが小室さんの貢献度で2人を選んだのか?という説

 

④40代・50代狙い

若い年代から演歌まで幅広い層を取り込もうとする意図。人口の1番多い40代・50代に興味を持ってもらう考えで人気のある篠原涼子さんを選んだか。「昭和レトロ」「平成レトロ」などという言葉も生まれ、過去の曲があらゆるところで流れていて、80年代・90年代の曲を耳にすることも珍しくありませんね。

 

⑤中森明菜・松田聖子の代役?

2022年の紅白歌合戦はいろいろな方の出場が噂されていました。結果的に出場が見送られた中森明菜さんや松田聖子さん。その一方でジャニーズ事務所のグループが6組も選ばれ、K-POPも5組と少し違和感がある選考。出場を期待された中森明菜さんや松田聖子さんが出演しないで、その代わりに工藤静香さんや篠原涼子さんが選ばれたのか?という噂も

 

 

スポンサーリンク

篠原涼子の歌う曲や出演時間は何時頃?

篠原涼子さんが歌う曲はおそらく「恋しさとせつなさと心強さと2023」になるでしょう。元曲の名義は篠原涼子 with t.komuro

そして、小室哲哉さんの貢献度で選ばれた楽曲ならば、一緒に出演することも予想されます。

篠原さんの出場する時間は何時ころになるのでしょうか。

28年前の篠原さんが出た紅白歌合戦は1994年で、曲順は2番目でしたので午後8時過ぎです。

ちなみにこの年の1番手は同じく初出場のTRFでした。

  1. trf(初)「BOY MEETS GIRL」
  2. 篠原涼子(初)「恋(いと)しさと せつなさと 心強さと」
  3. 久宝留理子(2)「早くしてよ」
  4. 長保有紀(初)「惚の字傘」
  5. 伍代夏子(5)「ひとり酒」

最近の曲順でいうと、初めの時間で今年の話題曲やアイドル系・ジャニーズと来て、後半から演歌やベテラン勢で、ラストに向けて年齢層が高くなっていきます。

篠原涼子さんの年代で行くと、後半になるのは間違いなく9時前後から10時位までの間になると予想します。

 

 

スポンサーリンク

篠原涼子の過去のシングルオリコン最高は

篠原涼子さんのソロデビューは東京パフォーマンスドール時代の1991年。「恋はシャンソン」という楽曲がデビュー曲です。

今までに出した枚数はシングル14枚。それぞれの推定売上枚数です。

  1. 「恋はシャンソン」:-枚
  2. 「スコール」:2750枚
  3. 「Sincerely」:6830枚
  4. 「恋しさと せつなさと 心強さと」:202万0590枚
  5. 「もっと もっと・・・」:62万2790枚
  6. 「Lady Generation」:53万3520枚
  7. 「ダメ!」:13万3670枚
  8. 「平凡なハッピーじゃ物足りない」:12万6740枚
  9. 「しあわせはそばにある」:3万1650枚
  10. 「パーティーをぬけだそう!」:1万7000枚
  11. 「Goodbye Baby」:4220枚
  12. 「BLOW UP」:-枚
  13. 「a place in the sun」:-枚
  14. 「リズムとルール」:5920枚
  15. 「someday somewhere」:-枚
  16. 「Time of GOLD」:-枚

やはり「恋しさと せつなさと 心強さと」のダブルミリオン(202万)が突出していますね。

 

【関連記事】

>>工藤静香は紅白に選ばれた理由は?SMAP復活と関係ある??

 

-芸能・エンタメ

Copyright© スイミージャーナル , 2022 All Rights Reserved.