ニュース

竹中平蔵はなぜ嫌われる?過去の悪政や暗殺計画とは?

投稿日:

竹中平蔵 何故嫌われる 悪政 暗殺

スポンサーリンク

Pocket

竹中平蔵はなぜ嫌われる?過去の悪政や暗殺計画とは?

竹中平蔵さんってなぜか発言の度にネットで話題になりますね。

一体なぜそんなに嫌われているのか?

確かに言ってることもかなり偏っていますが、過去の悪政と関係があるのでしょうか?

また、竹中平蔵の暗殺計画とは?ネットの声とともにまとめました。

 

スポンサーリンク

竹中平蔵はなぜ嫌われる?

竹中平蔵元大臣の発言が話題となっています。

「五輪の中止議論自体が不毛」

「世論はしょっちゅう間違ってますから」

などとTVで話し、ニュースなどでも取り上げられています。

いったいなぜ竹中平蔵はなぜ嫌われているのでしょうか?

竹中平蔵氏のサジェストには悪政や暗殺計画などネガティブなワードが並んでいます。

 

竹中平蔵氏の現在は?

竹中平蔵氏は一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策学部教授などを務めました。

 

経済財政政策担当大臣(小泉内閣)

金融担当大臣(小泉内閣)

郵政民営化担当大臣(小泉内閣)

総務大臣(小泉内閣)

2006年に議員を辞職し政界を引退

その後は

オリックス社外取締役

SBIホールディングス社外取締役

RIZAPグループ経営諮問委員会委員

などを務めています。

 

 

スポンサーリンク

竹中平蔵の過去の悪政や暗殺計画とは?

竹中平蔵氏の悪政と言われているのが次の3つです

郵政民営化

デフレ長期化

派遣労働法

これらは小泉政権時に行われたものですが、ブレーンであった竹中氏が推進したと言われています。

郵政事業は民営化されて公務員削減などのメリットもありましたが、過疎地におけるATMの撤去や配達員などの質の低下でミスなども目立つようになりました。

また、竹中氏が大臣に就任した後はサラリーマンの平均賃金が下がり続けていました。

給料が減れば、国民の購買力は減り、内需は縮小します。

必然的にものの値段も下がり、デフレが長期化したとも言われています。

そして派遣労働法の規制緩和により非正規雇用者が大幅に増え、社会の貧困化が急激に進んだという声もあります。

 

竹中平蔵暗殺計画とは?

竹中平蔵氏に暗殺計画があったかどうかはわかりません。

しかし竹中氏が人材派遣法の規制緩和をしたことにとり、自殺者1.5万人 失業者23万人を出したと言われています。

その逆恨みから暗殺計画などというワードが出たのかもしれませんね。

 

ネットの声

 

スポンサーリンク

まとめ

竹中平蔵氏が嫌われる理由や過去の悪政を紹介しました。

竹中氏が嫌われる理由は炎上しやすい発言や過去の政策に関する事が関係しているようです。

特に派遣労働法の規制緩和で逆恨み?している方も多いようですね。

竹中平蔵はなぜ嫌われる?過去の悪政や暗殺計画とは?の記事でした。

スポンサーリンク

Copyright© スイミージャーナル , 2021 All Rights Reserved.