正月飾りの種類と意味は 熊手で幸せを搔き集める⁉ | スイミージャーナル

お正月 季節の行事

正月飾りの種類と意味は 熊手で幸せを搔き集める⁉

更新日:

歳神様をお迎えするために必要な正月飾りには、

どんな種類があるのでしょうか?

毎年正月飾りを飾っている人も、そうでない人も、

正月飾りに込められた意味を知らない方も多いのでは。

そこで昔から日本の風習である、正月飾りの種類とその意味について詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

正月飾りの種類と意味

正月飾りにはいろんな種類の飾りがあります。

どの正月飾りも縁起の良いものや、厄除け効果を持つものが多く、

歳神様をお迎えするための重要な飾りです。

ここでは、正月飾りにはどんな種類があるのかについて紹介します。

 

門松

正月飾り

門松は地域によっては松飾と呼ばれていて、竹や松などで作られています。

玄関の入り口の両側に分けて飾るのが一般的ですが、片側に一つでも構いません。

最近は、門松にもデザイン性の高いものが多く販売されているので、

玄関や家の雰囲気に合った門松を選ぶのも良いでしょう。

 

門松は玄関付近に設置して、歳神様に来て頂く際の目印にしてもらうためのもので、

「神様を待つ」や「祀る」という意味から竹と松を使って作られています

また、松は冬に強い針葉樹であることから、不老長寿や家族の繁栄を意味し、

竹には伸びる力が強いことから、生命力の強さを意味しています。

 

しめ飾り(しめ縄)

締め飾り

しめ飾りは、縄に縁起の良い花や植物が付けられた飾りです。リースのような形をしています。

また、同じ意味を持つしめ縄は、紙垂(しで)と呼ばれる紙を縄に付けたもので、

現在は短いものが多いのですが、昔は家の中を全て縄で張り巡らせていたそうです。

 

しめ飾りは、玄関の入り口付近の上部に飾り、厄を入れないようにする意味を持ちます。

また、神様が入れる神聖な場所であることを示しており、災いを防ぐという意味もあります。

玄関以外にも、自宅に神棚がある場合には神棚にしめ飾りを飾り

この他にも、神様が宿る場所と言われているかまどや井戸の付近にも飾ります。

 

 

鏡餅

鏡餅

丸い形の餅を二つ重ねて置き、その上にオレンジ色のみかんをのせた鏡餅は

正月によく目にする正月飾りの一つです。

鏡開きにはこの餅を割って、歳神様への感謝と共に食べます。

 

鏡餅は、神様にお供えする食べ物という意味があります。

神様が帰られた後には、健康と幸せを願って餅を食べる「鏡開き」を行います。

鏡餅が丸いのは、餅を鏡に見立てているからです。

祭祀道具として使われていた鏡は、神様が宿るとされていました。

また、餅を2つ重ねることで「福が重なる」という意味を持ち、

円満な生活への願掛けとも言え、とても縁起が良いのです。

 

破魔矢

破魔矢

魔除けのお守りとされている破魔矢は、先は尖ってはいませんが矢の形をしています。

男の子の成長を願う時に使われていることが多く、

邪気を払い幸運を射抜くという意味があります。

 

羽子板

羽子板

羽子板はお正月遊びの一つである羽根つきに使うもので、

この羽子板に立体的な飾りが施されているものを「羽子板飾り」とも言います。

女の子の厄を跳ね返して、健康に育ってほしいという願いが込められています。

 

熊手

正月飾り

落ち葉を掃除する時に使う熊手に、縁起の良いものがたくさん飾り付けられたもので、

「幸せをかき集める」という意味から縁起ものとして飾られています。

特に商売繁盛や金運アップなどに効果があるとされています。

 

広告

処分するもの・しないもの

正月飾り

 

正月飾りを下げる日を「松の内」と言って、地域によって日程が決まっています。

一般的に松の内は1月7日(東)もしくは1月15日(西)です。

正月飾りはいつまで飾る? 関東と関西で違うのはなぜ?

 

正月飾りを飾る期間が過ぎたら、正月飾りは一体どのように処分したら良いのでしょうか?

正月飾りの種類によって、処分するものとしないものが別れますので注意が必要です。

 

処分しないもの

正月飾りを飾る期間が終わったからと言って、処分してはいけないのが鏡餅です

鏡餅は松の内後も鏡開きまで引き続き飾っておき、

鏡開きの日に神様への感謝と年の幸せを願って食べます。

この日よりも早く食べてしまったり、処分してしまうと、

神様がいらしている時にお供え餅を食べてしまうことになってしまいます。

 

処分するもの

そして、鏡餅以外の正月飾りは、松の内の後に処分します

正月飾りはお焚き上げによって処分しましょう。

お焚き上げは、神社やお寺で行っていますで、近所の神社やお寺がないかを確認して下さい。

神社やお寺によっては、お焚き上げの日程が決まっているので、

事前に問い合わせて確認してみるとよいでしょう。

 

破魔矢やお札なども、毎年使い回しをせずに1年経ったらお焚き上げをして頂き、

毎年新しいものをあらためて頂きましょう。

正月飾りの処分方法 いつ処分? 神社と自宅での方法を解説

 

ま と め

正月飾りにはそれぞれに意味があり、

一年を幸せに過ごすための縁起の良いものがたくさんあります。

今回ご紹介した、正月飾りの種類や意味をきちんと理解すれば、

歳神様が喜んで松の内まで過ごして頂ける環境を作ることができます。

ぜひ正月飾りを飾って、素晴らしい一年にしましょう。

 

【お正月 関連記事】

正月飾りはいつまでに飾る 28日か30日が良い? 何のために 年神様とは

熊手の正しい飾り方 神棚・玄関・タンス・壁掛けの方角はどっち?

おせち料理を食べない人の割合は 年々増えている理由はこの3つ!

おせち料理の意味を子供向けにわかりやすく!おせち人気ランキングも紹介

【明治神宮の初詣】 オススメの屋台は 時間はいつ何時まで

明治神宮初詣の人数は 混雑する時間や初詣人数ランキングも

 

 

 

-お正月, 季節の行事

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.