正月飾りはいつまで飾る? なぜ関西と関東で違うの 松の内が関係ある | スイミージャーナル

お正月 季節の行事

正月飾りはいつまで飾る? なぜ関西と関東で違うの 松の内が関係ある

更新日:

正月飾りは、豊穣の神様である歳神様を家にお迎えるすためのものです。

歳神様は、大昔から農耕民族である日本人にとって、

とても大切な神様とされてきました。

最近では、自宅に正月飾りを飾る家庭が少なくなったために、

正月飾りをいつまで飾るのか

住んでいる場所によって違いはあるのか

疑問に思っている人も多いのではないでしょうか。

そこで正月飾りにについて、詳しく解説していきます。

 

スポンサーリンク

正月飾りはいつまで飾る

お正月飾りを飾って歳神様をお迎えすると、

歳神様が生きる力を与えてくれ、幸せに暮らせると言われています。

 

江戸時代の頃から庶民の間でもお正月飾りが習慣化され、

その後現在に至るまで長く受け継がれています。

 

正月飾りは「この日から正月飾りを飾り始めてもいいよ」という日があります。

それは、年末の12月13日で、「正月事始め」と呼ばれています。

この正月事始め以降は、正月飾りの準備や一年の掃除を行う大掃除を開始する期間として、

少し早い気もしますが、正月飾りを飾ってもいいとされているのです。

現在は12月28日に飾るのが一般的と言われています。

正月飾りはいつまでに飾る 28日か30日が良い? 何のために 年神様とは

 

では、正月の間飾られた正月飾りは、いつまで飾れば良いのでしょうか?

これも決まっていて、1月7日もしくは1月15日までが正月飾りを飾る期間です。

実は、関東と関西では、正月飾りを飾る期間が異なります。

 

正月飾りを飾る期間は、歳神様がその家にいらっしゃる期間を意味しますので

その地域の習慣に合った期間を、しっかり把握することが大切です。

 

スポンサーリンク

松の内とは 関東と関西で違うのはなぜ

松の内

 

正月の習慣などには地域によって違いがよくあることですが、

正月飾りを飾る期間はどうして地域によって異なるのでしょうか?

 

「松の内」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。

松の内とは、正月飾りを飾る期間のことを言います。

もともと松の内は、全国的に小正月である1月15日に統一され、

鏡開きを1月20日に行っていました。

 

しかし、江戸時代の将軍、徳川家光が亡くなった日が4月20日だったために、

家光の月命との兼ね合いの結果、江戸の近郊である関東では鏡開きの日程を変更します。

その後松の内との日程の重なりから、今度は松の内の期間を変更することにします。

最終的に幕府は松の内を1月7日までとして、正月飾りも1月7日までと決定しました。

 

一方、関西では1月15日までを松の内としています。

これは、幕府から松の内の変更が、関西まで伝わらなかったことが理由と言われており、

これによって関東と関西には、松の内に違いが生じたという説があります。

 

他にも、江戸の町で起こった「明歴の大火」と言われる大きな火事が原因という説もあります。

当時の江戸の町は木造住宅が密集していたために、火を消すまで3日もかかったそうです。

この大きな火事の影響で、関東では火事を起こしやすい

松や竹の正月飾りを飾る期間を短くしたため松の内を1月7日にしたという説もあります。

 

広告

鏡開きはいつ 理由は

鏡開き

鏡開きとは、松の内に歳神様にお供えしていた鏡餅を、感謝しながら食べる事を言います。

歳神様にお供えしていた鏡餅には、神様の力が備わると言われていて、

それを食べることで、歳神様への感謝と健康や幸せの祈願を行っているのです。

そのため、鏡開きは松の内の後に行われます。

 

前述の通り、地域によって松の内の期間が異なるため、鏡開きも地域によって変わります。

もともとは全国統一で1月20日を鏡開きとしていましたが、

徳川家光の月命日である20日と重なってしまう事から、

「鏡開きと月命日が重なっては縁起が悪い」と言って

関東では鏡開きを1月11日に行うようになりました。

 

関西地方では、松の内が1月15日までのため、松の内の後の1月20日に鏡開きを行い

この他の地方でも若干の日程の違いはありますが、どの地域も必ず松の内の後に行います。

 

また、鏡開きは江戸時代の武家から広まった習慣のため、

包丁で餅を切ることは切腹を思わせ縁起が悪いと言って、

手や木槌で割って食べていました。

 

現在では、鏡餅を包丁で切ったり、木槌で割らなくてもいいように、

あらかじめ食べやすい大きさにカットされているものがパッケージされていたりと、

縁起を悪くさせないための工夫がなされた鏡餅も多く販売されています。

こういった便利なものを取り入れれば、お正月を気軽に飾ることができるかもしれません。

 

松の内以外にも、お正月に行う風習は地域によって様々ですので、

その地域の風習をよく理解すると面白いですね

 

今まで正月飾りについてあまり詳しくなかった人も、

お正月飾りを飾って健康や幸せを祈願してはいかがでしょうか。

 

【お正月 関連記事】

正月飾りはどんな種類がある それぞれの意味も解説

正月飾りはいつまでに飾る 28日か30日が良い? 何のために 年神様とは

熊手の正しい飾り方 神棚・玄関・タンス・壁掛けの方角はどっち?

正月飾りの処分方法 いつ処分? 神社と自宅での方法を解説

おせち料理を食べない人の割合は 年々増えている理由はこの3つ!

おせち料理の意味を子供向けにわかりやすく!おせち人気ランキングも紹介

【明治神宮の初詣】 オススメの屋台は 時間はいつ何時まで

明治神宮初詣の人数は 混雑する時間や初詣人数ランキングも

 

 

 

-お正月, 季節の行事

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.