成人式には行かない理由はヤンキーが多いから 前撮りで写真だけでいい | kininaru-cafe

季節の行事 成人式

成人式には行かない理由はヤンキーが多いから 前撮りで写真だけでいい

投稿日:

成人の日には、市町村ごとに成人式が開かれますね。

成人式どうしますか。楽しみにしていますか。

でも、成人式に行かないという人もいますよね。

「写真だけ撮ればいいじゃない」

「親戚には見せるからいいでしょ」

と写真だけで済まそうとする人も多いと聞かれます。

それと、最近の成人式は、あちこちで成人が暴れてしまったと、

残念なニュースが報道されることも多いですね。

 

この記事では、成人式とは何か?成人式があっても行かない理由を解説していきます。

 

スポンサーリンク

成人式ってそもそも何?

成人式

 

成人式は、もともと「成年式」がルーツです。

埼玉県蕨市が1946年に11月22日に行った「青年祭」が始まりとされています。

 

1946年というところがポイントですね。

終戦してからまだ1年足らずの年に、

青年に未来に希望を持たせるためにこの行事をしたことがきっかけだそうです。

 

国は、これを受けて1948年1月15日を成人の日の祝日にしました。

現在は、ハッピーマンデー法で1月の第二月曜日が成人の日になっていますね。

 

成人式という概念がそもそもなかった時代‥。

生きることに大変だったのだろうと思います。

しかもその昔(明治、江戸以前)は成人って15歳だったのですよね。

早いですね。

 

時代とともに成人の年齢も変わりますね。

 

現在、成人の日は第二月曜日ですが、

市町村によって成人式は前日の日曜日に行うところもあり、一定していません。

 

地方などではお盆に成人式を行うところもあります。

県外のいる成人が参加しやすいようにとの配慮からとのことです。

真夏の成人式も暑くて大変そうですね

 

 

成人式はヤンキーが多い

成人式 ヤンキー

 

成人式にはヤンキーが多いとよく聞きますが、本当のところはどうなのでしょうか。

 

毎回成人式ではヤンキーが集まっての騒ぎになってしまうのかは、

成人式を行う会場が、市町村単位であることが大きいと思います。

 

住民票がある所の市町村で行われるため、

大学や就職などで市外や県外に出ても、

親の扶養であるうちは住民票が実家になっている人が多いです。

 

そのため成人式は言ってみれば「同窓会」の延長になっているのです。

 

学生の特に中学生のとき、やんちゃだった人はその時の同級生に会えば、

一瞬で中学生時代の感覚に戻るでしょう。

成人式が近づいてくると、昔の友人同士連絡を取り合うのではないでしょうか。

そこでどんな晴れ着を着ていくか決めたりすると思います。

 

成人式の晴れ着効果も相まって、

男子なら羽織袴が派手になり気も大きくなり騒いでしまうのでしょう。

式典で騒いだり飲酒して暴れたりするのはあってはならないことです。

 

テレビのニュースもそういった騒ぎのあった市町村の成人式が

クローズアップされてしまうので目立つし印象に残ってしまうのだと思います。

 

広告

成人式に行かない人っている?

成人式

 

成人式に行かない人って実は結構います。

ある調査では2人に1人は成人式に出席していないようです。

 

女の人で晴着の写真を撮りたいという人は前撮りという形で、

3万円~5万円程で写真を撮ることも出来ます。

成人式に行かない理由はお金!ムダなお金は使いたくない

 

 

女の人はそんなに騒がずにおとなしく式典に参加しているので、

あの一部の人の酒を飲んだり騒いだりしている人は迷惑でしかないですよね。

でも、そういう式典だと思うしかないのかもしれません。

嫌なら行かないという方法を選ぶことも仕方ありません。

 

意外と行かない人も多いので、特に目立つわけでもないですね。

 

行く、行かないは自由です。堂々としていればよいでしょう。

行っても行かなくても責任のある大人になってもらいたいですね。

 

現在、成人は二十歳からですが、

2022年頃には成人の年齢を十八歳に引き下げることになりそうですよね。

 

成人の数が減っていることからの対策ですが、

まだまだ手探り状態でやってみなければわからないということになりそうですね。

【関連記事】

成人式に行かない理由はお金!ムダなお金は使いたくない

成人式に行かない理由はいじめにあってたから 行く意味ないから

 

 

-季節の行事, 成人式

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.