【忘年会の挨拶】新人(新入社員)のあいさつとお酌の仕方は | スイミージャーナル

季節の行事 忘年会

【忘年会の挨拶】新人(新入社員)のあいさつとお酌の仕方は

更新日:

年末になると頭を悩ます人が多いのが、職場での忘年会ではないでしょうか。

通常の飲み会とは違って、一年を締めくくる意味がありますので、

なんとなく忘年会だけは出席しなければいけない空気もあります。

私も挨拶を求められたらと、毎回ドキドキしていました。

とくに新人は、不安な人も多いでしょう。

そこで新人は忘年会でどう振舞うのがよいのか、ご紹介します。

 

スポンサーリンク

忘年会時の新人の挨拶の意味は

新人 挨拶

 

忘年会では、職場の雰囲気にもよると思いますが、

かなりの確率で新人は挨拶を求められます。

「なぜ、まだ上手に挨拶をできるかわからない新人に挨拶をさせるのだろう。」

と新人だった頃の私は疑問に思っていました。

 

「先輩がやりたくないから、新人の私に押し付けているのではないか。」

と疑心暗鬼になったこともあります。

ただ、社会人生活を経験するなかで、新人に挨拶を求めるのには、

二つの意味があるのではないかと感じています。

 

一つ目は、「毎年の恒例だから」という身も蓋もない理由です。

「自分も新人のころにやらされたから」という、

高校の部活システムの延長のような感じですかね…。

自分も新人のころにやったのだから、新人はみんなやるべきだと、

新人の通過儀礼のように捉えられている面があると思います。

 

二つ目は、「新人の成長を見たい」という意味があるのではないでしょうか。

最初に、入社してすぐに挨拶をしたときのあなたは、

おそらくとんでもなく緊張していたと思います。

 

しかし、入社から忘年会を迎えるまで、

職場で社会人として経験を積んだことで、少し余裕が生まれているでしょう。

その、成長した様子を、育てた周りの上司や先輩は、

微笑ましくみんなで見たいということです。

 

「我が子の成長を見る発表会」のような感じで、

新人の挨拶を好意的に見ているといえます。

 

スポンサーリンク

出世する?挨拶の例文は

忘年会 挨拶

 

新人の挨拶では、そんなに高度なことを求められているわけではありません。

しかし、「上司や先輩たちが新人の成長をみる場」と捉えると、

やはり上司や先輩に成長をアピールできて、気に入ってもらえる挨拶をしたいですよね。

そして、なるべくなら出世したい!というのは、当たり前の気持ちです。

 

そこでいくつか、例文をご紹介します。

 

例文1

今年入社いたしました○○課の○○です。

 

入社してから、今日まであっという間でした。

初めはわからないことだらけで、先輩方にはたくさんご迷惑をおかけしました。

ただ、優しい諸先輩方に、日々助けられながら、今日までやってくることができました。

本当に感謝しています。

 

来年からも、先輩方に少しでも近づけるようにより一層頑張っていきたいと思います。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

こちらはスタンダードな挨拶です。

日々の感謝と来年からも前向きに頑張りたい気持ちを伝えることが大切です。

 

例文2

今年入社いたしました○○課の○○です。

 

入社して早々に△△という大変なことをしでかしてしまいまして、

先輩方には、大変なご迷惑をかけてしまいました。

「ひどい新人がきた」と思われたことと思います。

しかし、そんななかでも先輩方は、優しく助けていただいたおかげで、

今日までやってくることができました。

 

まだまだな部分ばかりですが、少しでもはやく一人前になれるように、

努力していきます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

△△に具体的な失敗談を入れることで挨拶に厚みがでますので、

盛り込んでみてもよいでしょう。

ただし、今の段階で笑い話に変えられていない失敗談を盛り込むと、

変な空気になってしまうので、その場合は盛り込まないようにしましょう。

 

広告

お酌の仕方は 重要

お酌

 

忘年会は新人にとっては、上司や先輩の接待の場でもあります。

挨拶だけでなく、お酌のポイントを覚えておくだけで、

上司や先輩のあなたに対するイメージがグッと良くなるはずです。

ここではお酌のポイントをご紹介します。

 

 

上座の上司から順番にお酌する

 

お酌は立場が上の人から順番にお酌するようにしましょう。

社外の人がいる場合は、そちらの人を優先するようにしましょう。

普段あまり関りがなく、立場の上下がわからない人がいる場合は、

事前に相談しやすい先輩などに聞いておくと、間違いないでしょう。

 

 

お酌する前に、目をあわせて確認する

 

お酌する一人一人に、声をかけて、お酌してよいか確認するようにしましょう。

グラスが空いているからといって、勝手につごうとするのはNGです

お酌しながら、

「いつも感謝しています。」

という一言をかけることができれば、なお良しです。

 

 

片手は瓶の底に、もう片手は瓶のくびれの部分に添えて、両手でお酌する

 

きちんと両手でお酌することで、丁寧さが伝わります。

マナーを知っていると好印象になりますので、必ず両手でお酌しましょう。

 

 

ビールの注ぎ方に注意する

 

ビールの場合は、初めは高い位置から注ぎ、

角度を下げながらゆっくりと注ぐようにしましょう。

そうすることで、泡がグラスの3割程度のベストの状態になりやすいです。

もし、泡の量が多くなったり少なくなったりした場合は、

一言「すみません。」と言えば印象がよくなるでしょう。

 

ま と め

さあ、忘年会での新人の心構えはいかがだったでしょうか。

難しいなと感じるものもありましたか。

 

ただ、「忘年会での新人の心構え」を検索している時点で、

あなたは上司や先輩に普段から気を遣っている人だと思いますので、

きっと忘年会も乗り越えられます!

 

とにかく普段お世話になっている上司や先輩へ感謝をつたえる場

ということを意識して、忘年会にのぞみましょう。

 

【忘年会 関連記事】

【忘年会の挨拶】簡単で無難な挨拶例文〈会社の忘年会編〉〈同僚編〉

忘年会で盛り上がるゲーム 座ってできるゲーム5選 酔わないで出来る!

忘年会で宴会・飲み会ゲーム 少人数で楽しめるゲーム5選

#忘年会スルーできない 行きたくない!ドタキャンできる?5つの言い訳

 

 

 

-季節の行事, 忘年会

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.