おせち料理を食べない人の割合は 年々増えている理由はこの3つ! | スイミージャーナル

お正月 季節の行事

おせち料理を食べない人の割合は 年々増えている理由はこの3つ!

更新日:

縁起のいい食材を使ったおせち料理は新年の初めにぜひ食べたいですよね!

しかし、最近はおせち料理を食べない人が増えています。

おせち料理を食べない人の年代別の割合が気になりますね。

また、おせち料理を食べない人の理由についてチェックしてみましょう。

今回は、おせち料理を食べない人の割合と理由についてご紹介します!

 

スポンサーリンク

おせち料理を食べない人が増えている

おせち料理

 

お正月に食べるものといえばおせち料理ですよね!

 

おせち料理は豊作を祈願して神様にお供えしていた「節供」に由来します。

お供え物として作った料理がおせちの始まりです。

 

弥生時代に中国から伝わり、江戸時代にお正月の定番になりました。

おせち料理を重箱に入れるようになったのは江戸時代末から明治初期です。

重箱に詰めるのは、箱を重ねることでめでたさを重ねるという意味があります。

 

本来は五段重が基本です。

現在は家族の人数に合わせて一段重から三段重のおせちが多くなっています

 

五段重のおせちには入れるものがそれぞれ決まっています。

 

一段重(祝い肴・口取り)

・黒豆

・数の子

・栗きんとんなど

 

二段重(焼き物)

・海老

・ブリの照り焼き

・鴨ロースなど

 

三段重(酢の物)

・紅白なます

・酢れんこん

・小肌粟漬など

 

四段重(煮物)

・レンコン

・里芋

・人参など

 

五段重(空箱)

「控えの重」という意味があります。

家族の好きなものを入れるところもあります。

 

最近は核家族化で祝い肴を三種だけ食べる家庭もあります。

祝い肴は関東と関西で異なります。

 

関東:数の子・田作り・黒豆

関西:数の子・田作り・たたきごぼう

 

また、最近はおせち料理を食べない人が増えています。

食べない人の年代やなぜ食べないのか気になりますよね。

次の項目でおせち料理を食べない人の年代別の割合をご紹介しています。

 

スポンサーリンク

食べない人はどんな人? 年代別の割合

おせち料理

 

おせち料理を食べない人の年代別の割合についてご紹介します。

 

20代以下

必ず食べる:34.7%

基本的に食べるが、食べない時もある:31.2%

基本的に食べないが、食べるときもある:18.1%

全く食べない;16.1%

 

30代

必ず食べる:39.3%

基本的に食べるが、食べない時もある:25.9%

基本的に食べないが、食べるときもある:20.6%

全く食べない;14,2%

 

40代

必ず食べる:45.2%

基本的に食べるが、食べない時もある:27.6%

基本的に食べないが、食べるときもある:15.6%

全く食べない;11.6%

 

50代

必ず食べる:54.4%

基本的に食べるが、食べない時もある:24.7%

基本的に食べないが、食べるときもある:13.5%

全く食べない;7.4%

 

60代

必ず食べる:65.0%

基本的に食べるが、食べない時もある:21.8%

基本的に食べないが、食べるときもある:9.3%

全く食べない;4.0%

 

ちょっと意外な結果が出ましたね。

 

30代以下の3人に1人がおせち料理を食べないことが分かりました。

50代以上の方は半数以上の人がおせち料理を毎年食べています。

 

30代以下の若い方はおせち料理を食べることが少なくなっているようですね。

また、35%の方がおせち料理ではなく普通の食事を食べています。

 

では、なぜ30代以下の多くの方がおせち料理を食べないのでしょうか?

次の項目でおせち料理を食べない理由についてご紹介します!

 

広告

なぜ食べない?理由は?

おせち料理

 

おせち料理を食べない人の理由は何故でしょう?

食べない理由は以下の3つと予想します。

 

1.おせち料理が好きではない

 

おせち料理は薄味の味付けのものが多いですよね。

普段食べなれていない味なのでおいしくないと感じる方もいるようです。

 

最近は和風のおせち料理以外にも洋風や中華風のおせち料理もあります。

伝統的なおせち料理が苦手な方は、自分の好みに合ったおせち料理を選ぶのもおすすめです。

 

2.おせち料理を作るのが面倒

 

おせち料理を一つずつ手作りするとなると時間がかかりますよね。

特に仕事をしている方はおせち料理を作る時間を取れない方も多いです。

 

おせち料理は注文すると自宅まで届けてくれるところも多くあります。

日付や時間指定ができるところも多いので便利ですね。

おせち料理を作るのが面倒だと感じる方はネットで注文することをおすすめします!

 

3.おせち料理は高い

 

おせち料理は大きさによって値段が異なります。

平均で約2万円するので高く感じる方もいますよね。

 

おせち料理の値段を少しでも抑える方法があります。

それは全部手作りするとなると時間がかかるので一部のみ手作りすることです。

 

一部のおせちのみ手作りすれば値段を抑えることができます。

作るのが難しそうなものは購入し、自分で手作りできそうなものは作りましょう。

 

また、おせち料理に入れるものは家庭によってアレンジしてもOKです。

自分流のおせち料理を作ってリーズナブルに抑えることをおすすめします!

 

以上、おせち料理を食べない人の割合と理由についてご紹介しました。

30代以下の3人に1人がおせち料理を食べていないようです。

 

おせち料理を食べない理由は

「味が好みではない」

「作るのが面倒」

「値段が高い」

などの理由だと思われます。

 

自分の好みのおせち料理を購入したり、

値段を抑えるために一部のみ手作りしたりすると

おせち料理を食べやすくなると思います。

 

おせちを食べる・食べないは個人の好みの問題なので、

無理にとは言いませんが、徐々に少なくなる傾向にはあるようですね。

 

【お正月 関連記事】

おせち料理の意味を子供向けにわかりやすく!おせち人気ランキングも紹介

おせち料理の意味を子供向けにわかりやすく!おせち人気ランキングも紹介

正月飾りはどんな種類がある それぞれの意味も解説

正月飾りはいつまでに飾る 28日か30日が良い? 何のために 年神様とは

熊手の正しい飾り方 神棚・玄関・タンス・壁掛けの方角はどっち?

正月飾りはいつまで飾る? 関東と関西で違うのはなぜ?

正月飾りの処分方法 いつ処分? 神社と自宅での方法を解説

【明治神宮の初詣】 オススメの屋台は 時間はいつ何時まで

明治神宮初詣の人数は 混雑する時間や初詣人数ランキングも

 

 

 

-お正月, 季節の行事

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.