坂口憲二の東京のコーヒーショップの場所!ザ・ライジングサンコーヒー | kininaru-cafe

俳優

坂口憲二の東京のコーヒーショップの場所!ザ・ライジングサンコーヒー

更新日:

坂口憲二さんが難病を発症し、芸能活動休止したのは2018年。

病名は「特発性大腿骨頭(だいたいこっとう)壊死症」。

坂口さんは今、焙煎豆を提供するコーヒービジネスにチャレンジしていて、

東京にコーヒーショップ「ザ・ライジングサン・コーヒー」をオープンしました。

コーヒーショップの場所や販売グッズなどを調査しました。

スポンサーリンク

坂口憲二がコーヒー焙煎士へ

2018年から俳優の活動を休止中の坂口憲二さんは、

千葉県・九十九里に焙煎所を開設しました。

主にサーフショップやカフェにコーヒー豆の卸販売をするビジネスをしています。

 

オンラインショップも展開し、2019年春には東京都内に初店舗

「The Rising Sun Coffee」もオープンして順調に事業展開をしています。

 

坂口憲二さんは豆の仕入れから焙煎まで行い、

コーヒー豆の配合割合にも徹底したこだわりを持っているそうです。

焙煎士となった坂口憲二さんですが、

そもそも焙煎士とは何でしょう。

 

焙煎とは

焙煎とは、コーヒーの生豆を炒める作業のことを言います。

コーヒー豆はもともとコーヒーの木の種子です。

この種子が真っ赤な色をしていることからコーヒーチェリーと呼ばれています。

 

そのコーヒーチェリーは外側の皮を取り除くと、

コーヒー生豆(緑色)となります。

 

このコーヒー生豆を加熱し炒めることでコーヒー豆が完成します。

この工程の事を焙煎といいます。

 

焙煎士とは

その焙煎を行う人の事を焙煎士といい、

これは特に資格とかはありません。

 

ですが、焙煎はただ加熱すれば良いというわけではなく、

加熱の仕方や温度・時間等によって、

コーヒー豆の味が全然違うものになってしまうのです。

 

焙煎士を名乗るにはコーヒー豆の品質や焙煎時間、温度などを細かくチェックし、

何度も何度も調整していく訓練を行う必要があります。

 

坂口憲二さんは、焙煎士のプライベートレッスンを受けて学び、

約1年半かけて少しずつ焙煎道具を揃えていったそうです。

 

その努力は生半可なものではなく険しい道のりだったと思います。

その証拠にザ・ライジングコーヒーは美味しいと評判です。

 

広告

コーヒーショップの場所が判明!信濃町駅近く

 

坂口憲二さんがプロデュースするコーヒーショップ

「The Rising Sun Coffee」は2019年春にオープンしました。

 

場所は東京都新宿区信濃町駅近くにあるそうです。

赤い丸の所で、バーバー八千代さんの前ですね。

 


メゾンかもめ

 

 

間違いないと思います。

住所は非公表なので、載せません。

坂口憲二さんのコーヒーが飲みたい方もたくさんいらっしゃると思いますが、

ご本人の意思を汲んでマナーを心がけるよう、お願いいたします。

 

プロデュースなので、坂口憲二さんはほとんどいないと思いますが。

 

坂口憲二さんをもっと詳しく⇓

坂口憲二の今現在(2019年)の病状は 難病「特発性大腿骨頭壊死症」は

 

販売グッズ

坂口憲二さんは店舗やオンラインショップなどで、

「The Rising Sun Coffee」オリジナルグッズ

も販売しています。

マグカップ

トリップバッグ

Tシャツ

トートバッグ

などが販売しています。

オンラインショップはこちらです

ザライジングコーヒーSHOP

大人気で売り切れ続出の様ですね。

 

おしゃれなマグカップ

ドリップバッグ

ザライジングコーヒー

 

カッコイイTシャツ

おしゃれなトートバッグ

ザライジングコーヒー

 

坂口憲二さんは現在は病状の方も回復し

普通に歩けるようになったそうです。

 

芸能活動も引退ではなく、休止中ですので、

必ず復活すると思います。

坂口憲二さんのますますのご活躍を祈っています。

以上、坂口憲二さんのコーヒーショップを調査しました。

 

【人気の記事】

2020年 逃走中ワンチーム※結果を速報 ミキ昂生が逃走成功 108万円ゲット

ネタが飛んだ!インディアンスM-1 決勝 どこで飛んだか検証 動画アリ

 

 

 

-俳優

Copyright© kininaru-cafe , 2020 All Rights Reserved.