中西久美(元アナウンサー)美魔女画像 旦那は医者で子供は2人 | kininaru-cafe

アナウンサー

中西久美(元アナウンサー)美魔女画像 旦那は医者で子供は2人

投稿日:

中西久美さんは元RKB毎日放送アナウンサーで、

現在はフリーのアナウンサー、フルート奏者として活動しています。

旦那さんは医者で子供は2人います。

2011年には第2回国民的美魔女コンテストに出場するほど、

美しいです。

そんな美魔女・中西久美さんの経歴などを調査しました。

 

スポンサーリンク

中西久美 プロフィール


本名 同じ(旧姓:梁井)

出身地: 福岡県福岡市

生年月日 :1971年9月8日

身長:158㎝

血液型 :B型

学歴: 東京藝術大学音楽学部器楽科卒業

幼いころから音楽に親しむ家庭環境だったようで、

5歳でピアノを、10歳でフルートを習い始め、

福岡ジュニアオーケストラで活動します。

中学卒業後、フルートをより極めるため上京し、

東京藝術大学附属音楽高校に進学し、

卒業後の1990年に東京藝術大学音楽学部器楽科フルート専攻へ進学。

第10回宮日音楽コンクール優秀賞。

卒業後は、RKB毎日放送にアナウンサーとして入社。

「O、K!」「イデックス ドライビング ジャムズ」などで司会。

1996年3月いっぱいで寿退社します。

娘出産後の2004年、第10回宮日音楽コンクールに出場し、フルート部門優秀賞を獲得。

その後は、フルート奏者・フリーアナウンサーとして司会業もこなしています。

なぜ?アナウンサーへ

中西久美さんは、高校時代に全国から上京してきた同級生の影響で、

博多弁をベースに色んな方言が混じった独特の言葉をしゃべっていたそうです。

大学に進学し、ある日居酒屋で、

たまたま隣の席の方から「その言葉は何?」と指摘されました。

その方はあるアナウンサー養成学校の学長だったようです。

言葉について色々話を聞いていたら興味が沸き、

中学の時、放送部だったことを話してみると、

「ウチの学校へ来てみる?」と言われ、何回か学校へ通う事に。

ちょうどアナウンサー試験の時期で、

「受けてみたら?」と勧められるままに、受験。

応募者が何千人も殺到した日本テレビの最終試験に選ばれました。

この中には羽鳥慎一さんもいたようです。

残念ながら、合格はしませんでしたが、

その後、地元福岡の放送局を受験し、

RKB毎日放送のアナウンサーとして合格しました。

忙しい局アナ生活を送っていましたが、恋に落ち、二年後退職しました。

旦那さんは歯科医で、現在は離婚しているようです。

広告

美魔女コンテスト

フリーアナウンサーの仕事の延長で、

月刊誌「美ST」の福岡紹介のコーナーに出る事に。

背中を押される形で2011年「第2回国民的美魔女コンテスト」応募します。

推薦されるという事は周りも認めるくらい、美しかったのでしょうね。

ファイナリストになり、TEAM美魔女に名を連ねました。

2012年TEAM美魔女の中から歌のオーディションがあり、

全国各地から合格した7人組で「Foever Girl」(ポニーキャニオン)でCD発売。

CMにも出演しています。

フルート奏者なので、歌のセンスも有ったのですね。

 

この美貌で息子さんが20歳になられたそうです。

美魔女おそるべし!

 

以上、中西久美さんを調査しました。

-アナウンサー

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.