黒後愛 (女子バレー代表) 経歴やプロフ パワフルなスパイクに期待 | kininaru-cafe

バレーボール

黒後愛 (女子バレー代表) 経歴やプロフ パワフルなスパイクに期待

更新日:

女子バレー日本代表の黒後愛選手。

パワフルなスパイクが魅力の火の鳥NIPPONのエース候補です。

バレーボールワールドカップ直前の怪我でほとんど出場できませんでしたが、

黒後選手がもっと出場していれば結果は変わったかもしれません。

黒後愛選手の経歴・プロフィールなどの記事です。

スポンサーリンク

黒後愛 プロフィール 経歴


氏名:黒後愛(くろごあい)

生年月日:1998年6月14日生まれ

出身:栃木県宇都宮市

身長:180cm

体重:68Kg

血液型:B

学歴:下北沢成徳高校卒業

所属:東レ・アローズ

ニックネーム:アイ

好きな言葉・座右の銘:笑顔・笑う門には福来る

 

栃木県宇都宮市出身でバレー一家に生れました。

父の黒後洋さんは宇都宮大学女子バレーボール部監督です。

5歳年上の姉もバレー選手で春高バレーに出場し、宇都宮大学に進みバレーを続けました。

黒後愛さんは両親と姉の影響で小学3年からバレーをはじめます。

市立若松原中学校時代、2年生の時に全日本中学選抜に選出されました。

高校は名門下北沢成徳高校に進学。

 

下北沢成徳高校バレー部は、木村沙織さん、荒木絵里香さん大山加奈さんなども卒業生です。

黒後愛さんは1年生からレギュラーとして出場しました。

春高バレーでは、1年時にはベスト8、2年時には優勝してMVPを獲得します。

3年時の最後の大会でも優勝し、2年連続のMVPを獲得しました。

 

2015年には全日本ユース代表に選出され、

2015年8月に開催された第14回世界ユース女子選手権に出場。

ベストサーバーに選出されました。

卒業後にV・プレミアリーグの東レアローズに入団します。

1年目からV/プレミアリーグで活躍し、最優秀新人賞を獲得しました。

 

持ち味はパワフルなスパイク

黒後愛選手の持ち味はパワフルなスパイクです。

身長は180㎝とそこまで大柄ではないですが、破壊力は抜群。

元全日本の大林素子さんも、エースになれるポテンシャルは1番だと評価しています。

 

全日本の中田監督も気持ちが入った時の黒後愛選手のスパイクは、

本当に世界に通用する、出来次第でチームは違ってくると期待しています。

黒後愛選手が全日本で初出場したのが2018年のネーションリーグ。

世界の高さ、スピードは今まで感じたことがないものだったそうです。

まさに世界の壁に当たった黒後愛選手は世界への対抗策を考えるようになりました。

 

世界で戦うための体づくりにも目覚め、栄養管理を徹底し体脂肪率をキープしています。

「苦しい時もあったけど、幸せな時間だった」と前向きにとらえていたそうです。

 

今まで一番年下だった全日本に、同じ下北沢成徳高校の後輩、

石川真佑選手が入ってきました。

石川真佑(女子バレーボール)経歴・身長、家族や兄・石川祐希と共に五輪へ

全日本には長岡望悠選手というエースが今はケガでリハビリ中です。

21歳の黒後愛選手に対する期待は日に日に増していますね

 

以上、黒後愛選手の記事でした。

【ワールドカップ関連記事】

女子バレー日本代表 エースは黒後愛?注目選手はこの6人!

宮下遥(女子バレーボール)天才・長身セッターが復帰

小幡真子(バレー女子代表)経歴 スーパーリベロで神レシーブがすごい!

芥川愛加(女子バレー代表)速攻が得意のスピードスター 憧れは大友愛

石井優希(女子バレー)の経歴 レシーブを磨いてエース候補へ復活 

 

 

 

 

-バレーボール

Copyright© kininaru-cafe , 2020 All Rights Reserved.