最近、気になる事

スイミージャーナル

芸能・エンタメ

秋山翔吾の家族・父親はガンで母親は?兄弟は弟・妹で野球一家だった

更新日:

スポンサーリンク

Pocket

秋山翔吾選手は元埼玉西武のシーズン最多安打数の日本記録保持者です。

現在大リーグのレッズに所属しています。

秋山翔吾選手の父親は秋山選手が12歳の時に他界しています。

当時、秋山翔吾選手と弟拓也さん、妹実咲さんの3人の子供がいました。

母親の順子さんは母子家庭で兄弟3人を育て、秋山翔吾選手はプロ入りしました。

そんな秋山翔吾の家族・父親はガンで母親は?兄弟は弟・妹で野球一家だったという記事を紹介します。

 

スポンサーリンク

秋山翔吾の家族・父親はガンで母親は?

秋山翔吾 父 母 妹

氏名:秋山翔吾

生年月日:1988年4月16日

身長:184センチ

体重:85キロ

出身高校:横浜創学館高校

出身大学:八戸大学

出身地:神奈川県横須賀市

秋山翔吾選手は、野球経験者の父親の影響で、幼い頃からキャッチボールを始め、

小学校1年ではソフトボールチーム「大津スネークス」に入ります。

大津中学では陸上部に入り、野球は横浜金沢シニアに所属していました。

横浜創学館高校では、1年生の時からレギュラーを獲得し、活躍しますが

神奈川県は激戦区のため、県大会ベスト8が最高で、甲子園に出場はできませんでした。

打撃力に定評があったため、ドラフト候補として注目されていました。

その後、八戸大学に入学し、1回生の春からレギュラーを獲得しました。

4年時の春は4番に座り勝負強い打撃で打率.486、14打点を記録して、

優秀選手賞、首位打者、最多打点、ベストナインの4冠に輝きます。

2010年のドラフト会議で埼玉西武ライオンズから3位で指名を受け入団しました。

 

父親・母親は

父親のさんは自身も追浜高校で野球に打ち込んでいたが、ケガで断念したそうです。

秋山翔吾選手にはプロ野球選手になって欲しいと周囲に言っていたそうです

ボールを握ったのは生まれてすぐだったそうで、幼い頃にキャッチボールを教わり、

小学1年では地元のソフトボールチームに入りました。

左打ちの方が有利だから、と左打席に変えたのも父の助言でした。

父親の肇さんは体調が悪くなり、入退院を繰り返すようになっても、

ノックや走り込みに付き合ってくれたそうです。

しかし、肇さんの病気はステルス性の胃がんでした。

秋山翔吾選手が小学校6年の時に亡くなってしまいます。享年40歳でした。

 

母親 秋山順子

肇さんの死後、母親の順子さんは女手一つで3人の子供を育て上げました。

それは、並々ならぬ苦労だったことだと思います。

母親の順子さんは教師をしていたこともあり、

夫を亡くしてからは非常勤講師として教壇に立っていたそうです。

秋山翔吾選手が所属していたシニアリーグは当番制のお手伝いで、母親の順子さんはは朝早くから出かけたり、夜遅くまで残らないといけない時もあったそうです。

秋山翔吾選手は母親には本当に苦労をかけたと言っています。

プロ入り後に最初に貰った給料で順子さんにコートを買ってプレゼントしたそうです。

そんな思いから2015年からは主催試合で一人親家族を無料で招待しています。

秋山翔吾選手 成績 年俸推移

2011 年  打率 .232  安打 66    本塁打 1  打点 21  盗塁 8

2012 年  打率 .293  安打 118  本塁打 4  打点 37  盗塁 10

2013 年  打率 .270  安打 152  本塁打 13   打点 58  盗塁 13

2014 年  打率 .259  安打 123  本塁打 4  打点 47  盗塁 3

2015 年  打率 .359  安打 216  本塁打 14   打点 55  盗塁 17

2016 年  打率 .296  安打 171  本塁打 11   打点 62  盗塁 18

2017 年  打率 .322  安打 185  本塁打 25   打点 89  盗塁 16

2018 年  打率 .323  安打 195  本塁打 24   打点 82  盗塁 15

2019 年  打率 .303  安打 179  本塁打 20   打点 62  盗塁 12

2015年にいきなりブレイクしましたね。

日本記録の216安打は今だに破られていません。

ちなみにこの年は打率.359でも首位打者ではないんです。

首位打者はソフトバンクホークスの同い年の柳田悠岐選手で.363でした。

年俸推移

2011年   1200万円

2012年   1800万円

2013年   3500万円

2014年   6500万円

2015年   6200万円

2016年   1億5000万円

2017年   2億円

2018年   2億2000万円

2019年   2億3490万円

2019年のプロ野球で1番年俸が高いのが巨人の菅野智之選手で6億5000万円です。

同い年の柳田悠岐選手は5億7000万円

秋山翔吾選手は今年FA権を行使すれば年俸が跳ね上がります。

 

スポンサーリンク

秋山翔吾の兄弟は弟・妹で野球一家だった

秋山翔吾さんの2つ下の弟拓也さんも野球に情熱を注ぎました。

兄・翔吾さんの背中を追い、小学生から野球を始め、

地元・大津のソフトボールチームに始まり、

高校も兄と同じ横浜創学館へ進学しました

キャプテンとして迎えた最後の夏の県大会決勝では強豪・横浜高校と激突。

プロで活躍する倉本寿彦選手や筒香嘉智選手らに力負けで甲子園出場はなりませんでした。

神奈川大学・社会人まで野球を続けましたが、今は保険の仕事をしています。

妹の実咲さんも木更津総合高から関東学園大学でソフトボールで活躍しました。

秋山翔吾 父 母 妹

嫁 秋山彩香

秋山翔吾選手は2013年(旧姓)鈴木彩香さんと結婚式を挙げました。

彩香さんとは幼い頃から顔見知りであり、高校3年生からお付き合いが始まります。

八戸大に進学、プロ入り後も電話などで悩みを相談。

7年間の交際を経てゴールインしました。

彼女には感謝の気持ちしかないです。そんな彼女を幸せにしたいですと話し、家庭的で気配りもできる彩香さんとお子さん2人とで幸せな家庭を築いています。

 

スポンサーリンク

まとめ


秋山翔吾選手の父親は秋山選手が12歳の時に亡くなってしまいました。

しかし、母親が野球漬けの秋山選手・弟拓也さん・妹実咲さんを育ててくれました。

そのおかげで秋山選手はプロ入りし、親孝行出来ましたね。

2020年は大リーグに挑戦する秋山選手。

大いに期待したいです。

以上、秋山翔吾の家族・父親はガンで母親は?兄弟は弟・妹で野球一家だったの記事でした。

 

スポンサーリンク

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.