DaiGo(メンタリスト)が出禁はテレ朝!理由はしくじり先生でブログが削除 | スイミージャーナル

最近、気になる事

スイミージャーナル

芸能・エンタメ

DaiGo(メンタリスト)が出禁はテレ朝!理由はしくじり先生でブログが削除

更新日:

スポンサーリンク

メンタリストのDaiGo(ダイゴ)さんが、「カジサック」ことキングコング・梶原雄太の

YouTube番組に出演し、テレビ朝日から出禁にされたと語りました。

出禁?なぜ?どこ?干されたの?誰?原因は? 調査してみたら分かりました。

DaiGoさんがテレビ朝日で出演していた番組は「しくじり先生」

調べてみると、台本書き換えやブログ削除など色々出てきたので詳しく書きたいと思います。

DaiGo(メンタリスト)が出禁はテレ朝!理由はしくじり先生でブログが削除という記事を紹介します。

 

スポンサーリンク

DaiGo(メンタリスト)が出禁はテレ朝!

メンタリストDaigoさんといえば、ちょっと前はテレビでよく見ましたが、

最近はあまり見ませんね。別に干されたわけでもなく、精力的に活動しています。

 

最近はテレビよりもユーチューブなどの方が人気がある場合もあり、

カジサックさん(キングコングの梶原さん)もユーチューバーデビューし、

結構な収入も入るそうです。

 

ちょっと前では、「マツコ・デラックスをぶっこわす。」なんてやってた

立花孝志議員も連日ユーチューブを更新し、1000万を超える莫大な金額を得たそうです。

 

Daigoさんも今はニコ生とYoutubeでテレビに出ている時よりも

稼いでると言っていました。

そんなDaigoさんがカジサックさんとコラボして、

カジサックさんのYouTube番組に出演しました。

 

この中でDaiGoさんは

「(テレビは)もう卒業しました」と明言します。

「理由があって」と切り出し、

「テレビに出てると、テレビの人の中には一部すごい上から目線の人がいたりして。

脅してきたりとか、僕出禁くらったこともあって」

 

Daigo テレビ朝日 出禁になっていた?

 

「テレ朝ですね」

 

その番組の中でDaiGoさんがここだけは言わしてくださいっていう所があり、

そこの部分がちょっと違う形で編集されて放送されてしまいました。

 

DaiGoさんはテレビだからしょうがないと思い、その場では納得し、

自分のブログに本当に言いたかったことを書いたそうです。

 

そしたら「出禁にするぞ」と言われたというのです。

テレビ出演の効果などを計算し、

「どうぞ出禁ににしてくださいって言ったら、本当に出禁になった」と語っていました。

 

 

そんな事あるのでしょうか?

どの番組の話?と思い調べたら分かりました。

DaiGOさん本人が言っていたので間違いありません。

それは

 

『しくじり先生 俺みたいになるな!!~失敗人生!ちょっと待って3時間SP~』

 

です

 

スポンサーリンク

出禁の理由はしくじり先生 ブログ削除

この番組でDaiGoさんは過去のしくじり(2度の引退宣言の真を告白しました。

DaiGoさんは、2012年頃、テレビ出演を100回以上も出演し、

一ヶ月に60件のセミナーや講演などの仕事をこなしていました。

 

その間執筆活動も行っており、本の発行部数は約30万部にもなっています。

当時大ブレイクしていたわけですが、寝る間もないほどの忙しさだったそうです。

今の自分は本当の自分じゃない。パフォーマンスは本当にやりたいことではない。

 

今いる芸能界は自分がいるべき場所じゃない。自分にはもっとやりたいことがある。

だんだんプレッシャーに耐え切れずメンタルが崩壊していったようです。

 

現実逃避は、やがて実生活での行動に表れはじめ、

「打ち合わせをすっぽかす」

「リハーサルに行かない」

「マネージャーに八つ当たり」など。

「金と権力のない人間とはかかわらない」

と考えるようになってしまったそうです。

その後、2度の引退宣言をしてすぐ撤回します。

 

2012年12月の発言

「芸能界引退ではなく、パフォーマーとしてのメンタリストを終わりにします」

「メンタリズムの技術を広げる活動に専念して、本とかを書く活動にシフトしていきたい」

 

2013年5月の発言

「私、メンタリストDaiGoは転職いたします」

「今後はメンタリストとしてではなく、一人の人間として、生きていきます」

 

しかし、その翌日・・・

「転職はしません。まだ、メンタリストをやめるつもりはないです」

引退を撤回することも折り込み済みで炎上マーケティングをやっていたんだそうです。

 

この騒動からDaiGoさんの周りには誰もいなくなり

とうとう携帯電話の着信が全く鳴らなくなるまで人が離れていったそうです。

メンタルはボロボロだったと言っています。

 

そんな時、慶應義塾大学で講義をした後に一人の大学生が近寄ってきてこう言ったそうです。

「DaiGoさんのパフォーマンスが僕の人生を変えてくれました」

その瞬間、DaiGoさんは自分が求めていたものに気づいたのだとか。

「自分は人の心を動かして人を喜ばせたいからメンタリストになったんだ。」

 

人の心を動かし、人を喜ばせたいというメンタリストのルーツをあらためて知ることができ、

今では心を入れ替えて「自分の使命にしてやっていきたい」と決意を新たにしている。

 

という内容でした。

 

 

DaiGo テレ朝しくじり先生放送後、出禁の理由は?「ブログを消せ」

DaiGoさんはしくじり先生の台本をもらった時に、

間違ったことが書かれれていたので、台本を書き直して

「こうやってやりたいです」

と言ったら、「わかりました」と言われたそうです。

 

ところが、いざ放送になってみると、そこが誤解を生むようなカットをされてしまいます。

DaiGoさんは、テレビには編集権があるからしょうがないと黙っていたそうです。

 

daigo しくじり先生 干された

 

でも、元の事実は別なので、自分のメディアであるブログに

「本当はこういう事ですよ」という事を記事にして書きました。

 

その後、テレビ朝日の偉い人から電話があり、

「ブログを今すぐ消せ!そうしないと出禁にするぞ」

と脅されたそうです。

 

その後、6か月ほど出禁になったそうですが、ブログは消しました。

そう、ブログは今消えているのです。

 

ちなみに今その個所はこうなっています。

 

しくじり先生で放送できなかった話を・・・
2015-04-20 19:48:46

テーマ:ブログ
こんばんは、メンタリストのDaiGoです。

しくじり先生で放送できなかった内容を、
あなたに直接メールでお話します。
↓コチラから登録して、メールを受け取ってください。
※コチラの登録フォームは期間限定のため終了しました。

(引用元:https://ameblo.jp/)

 

怖いです。

 

daigo しくじり先生 干された

 

本当に消せと言われたのですね。

 

テレビって何なのでしょうか?お偉いさんの意向で発言が決まるのでしょうか。

よくお笑い芸人が自分の所がバッサリ切られたなんて言ってますが、

そんなレベルじゃないですよね。自分の一番言いたいことがカットされるなんて・・

 

それにしてもDaiGoさんがデメリットしかないと言っていたのはどの部分でしょうか?

この番組での違和感がある場所は

DaiGoさんが「金と権力のない人間とはかかわらない」と思った事

2度の引退宣言は炎上マーケッティングだった事

位ですかね。

 

編集がうますぎてよくわからないです。

でもちょっと全体的にDaiGoさんに悪い印象の番組のような気もしますね。

 

気になった方はDVDが出ています。見てみてください。

真相は本人しか分かりません。

 

そのうち、またYoutubeで話してくれませんかね。注目です。

 

この事以外にもDaiGoさんは同じカジサックさんのYouTubeで、

TBSのあるプロデューサーに『お前赤坂歩けなくしちゃうぞ』

脅されたと言っています。

 

詳しくはこちら
⇓  ⇓  ⇓

DaiGoに「赤坂歩けなくする」と言ったTBSプロデューサーとは?

 

赤坂を歩けなくする権利ってテレビ局のプロデューサーにあるのでしょうか。

そんな訳ないですよね。テレビってなんでしょう。

テレビって本当に怖いです。本当の事を伝えているのでしょうか。

最近Youtubeとかの方が真実を語っているような気がしますよね。

 

スポンサーリンク

まとめ

DaiGoさんが出禁になったテレビ局はテレビ朝日でした。

理由は出演したしくじり先生の内容が趣旨と違っていた為にブログで説明したことが発端です。

個人のブログまで強制されるのはどうなんでしょう。

今まではメディアと言えばテレビ・新聞と言われてきましたが、

もう今では新聞なんてほとんど読む人がいないし、テレビも信用されなくなって

衰退していくようになってしまいますよね。真実を放送してほしいです

 

以上、DaiGo(メンタリスト)が出禁はテレ朝!理由はしくじり先生でブログが削除の記事でした。

 

 

>>ヒカルがテレビで名言連発!成功者は全員ウソつき コンプレックスは長所

スポンサーリンク

-芸能・エンタメ

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.