石川真佑(女子バレーボール)経歴・身長、家族や兄・石川祐希と共に五輪へ | kininaru-cafe

バレーボール

石川真佑(女子バレーボール)経歴・身長、家族や兄・石川祐希と共に五輪へ

投稿日:

石川真佑選手といえば、女子バレー日本代表のヤングエースで、

パンチ力のあるスパイクやパワフルなバックアタックが持ち味の小柄なアタッカーです。

兄は日本男子バレー不動のエース石川祐希選手なのです。

石川真佑選手の経歴やwiki風プロフィール・身長?の記事を紹介します。

スポンサーリンク

石川真佑 wiki風プロフィール 身長?

名前:石川真佑(いしかわ まゆ)

生年月日:2000年5月14日

出身地:愛知県岡崎市

身長:173㎝

出身高校:下北沢成徳高校

ポジション:アウトサイドヒッター

ニックネーム:まゆ

身長は何cm?

石川真佑選手の身長は,ワールドカップのメンバー表には173cm

東レアローズのメンバー紹介では174㎝

テレビの報道などでは171㎝

などと色々な説があります。

石川真佑選手は中学・高校の頃から注目されていたので、

前のプロフィールの身長かもしれないですね。

身長は間をとって

173㎝前後くらいでしょうか(笑)

 

石川真佑選手はバレーボールをやっていた6歳上の姉・尚美さんと

5歳上の兄・祐希さんの影響で、小学3年生からバレーボールを始めます。

安城北ラビッツで全国大会にも出場しています。

中学は長野県長野市の裾花(すそばな)中学校に進み、

高校は名門で、木村沙織選手、荒木絵里香など名選手を輩出した

下北沢成徳高校に進学。1年生からレギュラーとして出場しています。

当時3年生には、でVリーグでもチームメイトで、

今や火の鳥NIPPONの若きエース候補、黒後愛選手がいました。

石川真佑選手は高校3年時には下北沢成徳高の主将を務めました。

高校卒業後には東レアローズに入団しす。

石川真佑 経歴がスゴイ

石川真佑選手は安城北ラビッツでバレーボールを始めますが、

小学校4・5年生の時は身長が低く、セッターをしていたそうです。

6年生になると、持ち前のセンスでアタッカーに転向します。

小学校時にエリートアカデミーオーディションに参加し、

第1回JVA女子エリートアカデミー認定選手に選ばれます。

その後、裾花中学校では1年生から試合に出場し、全国優勝

裾花中は女子バレーの強豪校で、

Vリーグやビーチバレーで活躍する選手を何人も輩出しています。

結局中学3年間で優勝2回、準優勝1回の成績を残しました。

中学3年の時には、長野県代表として全国都道府県対抗大会で優勝し、

最優秀選手に選ばれました。

スゴイですね。この時点で中学ナンバー1選手になっていたのですね。

その後は女子バレーの名門、下北沢成徳高校に進学し、

1年生からレギュラーにとして春高バレーで優勝します。

2年のときには春高バレー準優勝

3年生の時には下北沢成徳はインターハイ、国体の2冠を制します。

そして高校3冠をかけて最後の春高バレーに出場しますが、準決勝で敗れてしまいます。

3年時に高校3冠はなりませんでしたが、3年間の成績は見事です。

卒業後に選ばれたU20日本代表では、

U20世界選手権で優勝し、MVP(最優秀選手)

アジア選手権でも優勝し、MVP(最優秀選手)

を獲得しました。

もうこの世代では間違いなくナンバー1の選手ですね。

 


広告

 

石川真佑の家族 兄石川祐希に対する思い

父親

氏名:石川幹尚(もとなり)

選手歴:デンソーの所属の元陸上の短距離走選手

身長:184㎝

母親

氏名:石川みどり

選手歴:デンソー所属の元バスケットボール選手

身長:165㎝

氏名:石川尚美

選手歴:バレーボール経験あり、

氏名:石川祐希(いしかわゆうき)

生年月日 :1995年12月11日

出身地 :愛知県岡崎市

身長 :192cm

体重 :84kg

現在バレーボールの最高峰イタリアセリエAパッラヴォーロ・パドヴァに所属しています。

兄・石川祐希選手は今や、男子日本代表のエースとして君臨しています。

東京オリンピック2020では真佑選手と兄妹同時出場も期待されていますね。

以前のインタビューで石川真佑選手は兄の祐希選手について

「兄が世界で活躍しているので、自分も負けないようにがんばりたい」

「石川祐希の妹ではなく、石川真佑選手の兄といわれるようになりたい」

負けず嫌いの石川真佑選手らしいコメントですね。

今回のワールドカップでアピールして、

「女子日本代表に石川真佑あり」という存在感を示すことになりそうですね。

ワールドカップのチームメイトはこちら
⇓   ⇓   ⇓   ⇓   ⇓

黒後愛 ワールドカップに合流 経歴やプロフ パワフルなスパイクに期待

石井優希(女子バレー)の経歴 レシーブを磨いてエース候補へ復活 

芥川愛加(女子バレーボール代表)速攻が得意のスピードスター 憧れは大友愛

小幡真子(バレー女子代表)経歴 スーパーリベロで神レシーブがすごい!

宮下遥が女子バレーボールW杯2019日本代表に 天才・長身セッターが復帰

女子バレーワールドカップ日本代表 エースは黒後愛?注目選手はこの6人!

 

まだ19歳で高校を卒業したばかり、これからますますの成長を期待できる

石川真佑選手。東京オリンピックでは活躍する事間違いなしです!

頑張れ!ヤングエース!石川真佑選手!

 

以上、石川真佑選手の記事でした。

 

 

-バレーボール

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.