小幡真子(バレー女子代表)経歴 スーパーリベロで神レシーブがすごい! | kininaru-cafe

バレーボール

小幡真子(バレー女子代表)経歴 スーパーリベロで神レシーブがすごい!

投稿日:

全日本女子バレーボール代表「火の鳥NIPPON」の守護神、

小幡真子(こばたまこ)選手をご存知でしょうか。

高校からリベロで活躍し、大学のインカレでもベストリベロ賞を受賞しました。

スーパーリベロ小幡真子選手の経歴やカープ女子という意外な一面の記事です。

スポンサーリンク

小幡真子 経歴 高校 大学など


名前:小幡真子(こばた まこ)

コートネーム:マコ

生年月日:1992年8月15日

血液型:B型

出身地:熊本県天草市

身長:164センチ

体重:55キロ

高校:九州文化学園高校(長崎)

大学:日本体育大学

所属:JTマーヴェラス

スパイク最高到達点:281センチ

現在の久光製薬でプレーしていた母りえ子さんの影響で小学4年から競技を始める。

九州文化学園高時代はインターハイで準優勝2回、3位1回。

日体大4年で主将を務め、全日本大学女子選手権優勝に貢献。

JTマーヴェラスに入社、現在はキャプテンを務めます。

JTマーヴェラスでチームメイトの芥川愛加選手
⇓   ⇓   ⇓   ⇓   ⇓

芥川愛加(女子バレー代表)速攻が得意のスピードスター 憧れは大友愛

カープ女子  尊敬する人は

小幡真子選手は

実はカープファンで、カープ女子だそうです。

JTマーヴェラスのファン感謝祭でも

広島カープユニフォームを着ていました。

こちらです。


小幡真子選手が以前出演されていたテレビで

尊敬する人について聞かれた小幡さん。

尊敬する人は

黒田博樹さん。

これはホンモノです。まさか黒田博樹さんとは、かなり通ですね。

 

黒田博樹さんとは、過去に広島カープに在籍し、現在はもう引退しています。

2007年のシーズンオフにFAを行使して、大リーグ移籍を決め、

「広島カープには本当にお世話になった。

また日本に帰ってくることがあったら、絶対に広島で恩返しがしたい」

と、涙ながらに語りました。

その後、大リーグで5年連続2ケタ勝利を挙げ、年俸は21億円を提示されます。

しかし、2015年にその21億円を蹴って日本に戻り、広島と4億円で契約するのです。

これは、きちんと成績が残せるうちに広島に恩返しがしたい

という黒田さんの「男気」としてもう伝説です。

この後、黒田さんは2年連続2ケタ勝利と広島で活躍し、

最終年にはリーグ優勝に貢献しました。この年10勝しながら黒田さんは引退します。

広告

ちょっと黒田博樹さんの話が長くなりましたが、

この黒田さんを尊敬する人に挙げるという事は、

並みのカープ女子ではありませんね。

男気が大好きなホンモノのカープ女子ということです!

小幡真子はスーパーリベロ 高校・大学でもリベロ

女子日本代表「火の鳥NIPPON」で最も小柄な164㎝の小幡真子選手。

小学校からバレーボールを始めますが、最初はアタッカーだったそうです。

中学校まではアタッカーとして試合に出場しますが、レシーブの方も頑張っていました。

強豪校の九州文化学園高校では、そのレシーブ力が高く評価され、

本格的にリベロとしてプレーします。インターハイでは3年連続ベストリベロ賞を受賞。

日体大でも入学後すぐに1年時からリベロとして出場し、

4年時にはキャプテンとして全日本インカレ優勝、最優秀選手賞、ベストリベロ賞を受賞。

 

JTマーヴェラスに入社後も、

第65回黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会 ベストリベロ賞

アジア選手権 ベストリベロ

Vプレミアリーグベストリベロ賞

V.LEAGUE Division1 ベストリベロ賞

モントルーバレーマスターズ ベストリベロ賞

もう本当にスーパーリベロですね。

 

世界選手権では「ベストレシーバー部門」でトップに輝いたこともあります。

抜群の瞬発力、状況判断に優れたプレーで

火の鳥NIPPONの守護神となっていて、中田久美監督の信頼も厚いです。

今回のワールドカップで良い成績を収め、

2020東京五輪のメダルに向けて頑張っていってほしいですね。

 

過去に行われたワールドカップの結果・順位表などはこちら
⇓   ⇓   ⇓   ⇓   ⇓   ⇓

女子バレーワールドカップ結果は5位 勝敗表・順位表 過去のダイジェスト版

【その他女子バレー関連記事】

女子バレーワールドカップ日本代表 エースは黒後愛?注目選手はこの6人!

宮下遥が女子バレーボールW杯2019日本代表に 天才・長身セッターが復帰

石川真佑(女子バレーボール)経歴・身長、家族や兄・石川祐希と共に五輪へ

芥川愛加(女子バレー代表)速攻が得意のスピードスター 憧れは大友愛

石井優希(女子バレー)の経歴 レシーブを磨いてエース候補へ復活 

黒後愛 ワールドカップに合流 経歴やプロフ パワフルなスパイクに期待

 

 

 

-バレーボール

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.