竹本直一大臣の経歴 HP閲覧不能はいつから?動画も批判殺到で大丈夫? | kininaru-cafe

政治家、選挙

竹本直一大臣の経歴 HP閲覧不能はいつから?動画も批判殺到で大丈夫?

投稿日:

初入閣した78歳の竹本直一議員のHPが閲覧不能になっています

今回IT担当大臣に任命された竹本直一氏。

IT担当なのにHPが閲覧不能とはどういう事でしょうか。

本人も「わからない」との事。大丈夫でしょうか

公式ユーチューブの動画にも批判殺到しています。

IT担当大臣の竹本直一議員の記事です。

スポンサーリンク

竹本直一 経歴

名前:竹本直一(たけもと・なおかず)

生年月日:1940年11月23日

出生地:大阪府南河内郡河南町

最終学歴:京都大学法学部

家族:既婚

大阪府立富田林高等学校、京都大学法学部卒業後建設省に入省した。

建設省省河川局総務課長などを務め、

国土庁長官官房審議官を最後に退官し、政治の世界へと進みます。

1996年、第41回衆議院議員総選挙に自民党公認で大阪15区から出馬し、初当選しました。

2000年、第42回衆議院議員総選挙に自民党公認で大阪15区から出馬し、当選しました(2選)

2003年、第43回衆議院議員総選挙に自民党公認で大阪15区から出馬し、当選しました(3選)

2005年、第44回衆議院議員総選挙に自民党公認で大阪15区から出馬し、当選しました(4選)

2009年、第45回衆議院議員総選挙では自民党公認、公明党推薦で大阪15区から出馬し、
選挙区で民主党新人の大谷啓に敗れたが、比例近畿ブロックで復活し当選しました(5選)

2012年、第46回衆議院議員総選挙に自民党公認、公明党推薦で大阪15区から出馬し、
日本維新の会浦野靖人に敗れたが、比例近畿ブロックで再び復活し当選しました(6選)

2014年、第47回衆議院議員総選挙では自民党公認、公明党推薦で大阪15区から出馬し、
前回敗れた維新の党の浦野靖人を破り当選しました(7選)

2017年、第48回衆議院議員総選挙に自民党公認、公明党推薦で大阪15区から出馬し当選しました(8選)

比例復活もありますが、8回連続当選は素晴らしいです。

2019年9月11日、第4次安倍第2次改造内閣において、

科学技術政策担当の内閣府特命担当大臣として初入閣を果たします。

HPが閲覧不能? いつから?

科学技術政策(IT)担当大臣に任命された竹本直一議員ですが、

自身のホームページ(HP)が閲覧不能になっているという事が分かりました。

竹本直一大臣は記者からの質問に

「HPを管理している会社からロックがかけられた状態だ。

なぜロックされているか、よく分からない」

と述べたそうです。

竹本直一大臣の事務所によると、数カ月前から閲覧できなくなっていたそうです。

これも酷いです。数カ月前からってホームページの意味あるのって感じですよね。

78歳と高齢ですから、ご本人は運営してないと思いますが、

これはお粗末です。事務所も全員で数カ月間放置していたって事ですよね。

竹本直一大臣は「はんこ議連」の会長を務めています。

大臣就任の記者会見では印鑑とデジタルの共栄のために知恵を絞るとしていながら

「例えば印章をデジタルで印字をしておいて、それを相手に送れば、

印鑑を押したのと同じ効果をもつということも一つの知恵として出てきている」

と話していて、デジタル化したらはんこは不要になるという趣旨の発言もしています。

広告

公式YouTubeも批判が殺到

また、竹本氏の公式YouTube「TakemotoTV」では、

13日午前まで、「高く評価した動画」のリストが公開されており、

アニメの海賊版や、「安倍晋三と金正恩は親戚!!! 安倍晋三は『在日』です」

などと題する動画など、不適切な内容の動画も含まれていました。

竹本直一大臣の事務所は、

「公式YouTubeの『高く評価した動画』リストは今初めて知った。

なぜこうなっているのか分からない。本人はこんな動画は見ないと思う。

YouTubeアカウントを複数のスタッフで共有しているので、スタッフのミスでは」

とコメントしていました。

この事務所もちょっといい加減ですよね。

これに対して、ネットが騒然としています

この大臣と事務所はちょっと心配です。

まちがいなくITの分野には精通していませんね。

IT分野のエキスパートな社員を事務所に採用するなどしてもらいたいです。

以上、竹本直一大臣の記事でした。

 

 

-政治家、選挙

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.