1985年の阪神バックスクリーン3連発 クロマティ呆然 両軍スタメン | kininaru-cafe

伝説の名試合

1985年の阪神バックスクリーン3連発 クロマティ呆然 両軍スタメン

投稿日:

バックスクリーン3連発

1985年 4月 17日 巨人vs阪神  2回戦 阪神甲子園球場

この年に優勝する阪神を象徴するような試合です。

打たれたのが2流のピッチャーではなく、あの槙原さんというところも衝撃でした。

その時の状況を振り返ります。

スポンサーリンク

阪神スタメン 1985年優勝メンバー

< 阪神タイガース >
1番 ライト    真弓
2番 センター   弘田
3番 ファースト  バース
4番 サード    掛布
5番 セカンド   岡田
6番 レフト    佐野
7番 ショート   平田
8番 キャッチャー 木戸
9番 ピッチャー  工藤

懐かしいですね。阪神ファンなら覚えてるでしょう。

先発はまだ背番号54時代の槙原さんでした。

試合経過

この年の監督は王監督。就任2年目で優勝が命題とされていました。

1回にクロマティさんの本塁打で先制し、巨人優位で試合は進みます。

槙原さんは快調に飛ばし、完投ペースで試合は進みます。

さて7回まで試合は進み、巨人が1点を追加し、3-1で7回裏を迎えました。

二死ながら一・二塁の2人のランナーをため、

ホームランが出れば逆転の状況で3番ランディ・バースさんが打席に入ります。

前の打席ダブルプレーに抑えていたシュートをこの打席でも投げました。

しかしこの打席は逆らわずにセンター方向に打ち返すと、

そのままバックスクリーンへ逆転3ランとなりました。

勝っている試合をひっくり返された槙原さんはマウンドでしゃがみこんでしまいます。

4番掛布さんは前の打席は三振に抑えていましたが、

外角高めのまっすぐをうまくバットをかぶせてまたバックスクリーン左に飛び込む2者連続ホームラン。

続く5番は岡田さんは、

前の2人の打撃を見てスライダーを狙い撃ちして見事にライナーで

バックスクリーン飛び込む3者連続ホームラン。

ここで槙原さんは降板します。槙原さんは放心状態だったと後に言っています。

広告

センターを守っていたクロマティ

この試合はセンターを守っていたクロマティさんも印象的でした。

1本目 バースさんの本塁打 フェンス際でジャンプするも届かず

2本目 掛布さん本塁打 フェンス付近で追わずに歩いている

3本目 岡田さん本塁打 フェンスで後ろを呆然と見ている

3人連続で頭の上を越えての本塁打ですからもちろん初の経験だったでしょうね

まとめ バックスクリーン3連発


バックスクリーン3連発とは1985年4月17日に行われた

プロ野球ペナントレース 阪神vs巨人戦 第2回戦 阪神甲子園球場で行われました。

この年優勝する阪神タイガースの

3番バースさん4番掛布さん5番岡田さん

3人連続でバックスクリーンに本塁打を打ちました。

当時の監督は王監督、打たれた投手は槙原さんでした。

センターを守っているクロマティさんの後ろ姿が印象的でした。

以上、バックスクリーン3連発についてお伝えしました。

ご覧いただき、ありがとうございました。

-伝説の名試合

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.