スポーツ

マイケルオリバーの結婚した嫁もサッカー審判で顔画像は?父親も審判で家族構成も調査!

投稿日:

マイケルオリバーの結婚した嫁もサッカー審判で顔画像は?父親も審判で家族構成も調査!
Pocket

サッカープレミアリーグの審判のマイケルオリバー

2022年カタールワールドカップの日本ーコスタリカ戦での主審を務めました。

プレミアリーグの審判の中でもトップクラスと言われ、国際試合や重要な試合でも審判を担当しています。

既に結婚していて、妻も審判という事です。

マイケルオリバー氏の結婚した嫁の顔画像や父親などの家族関係も調査しました。

 

 

マイケルオリバー主審の結婚した嫁もサッカー審判で顔画像は?

 

プレミアリーグの審判で、ワールドカップでも主審を務めたマイケルオリバー氏。

1985年2月20日にイギリスのアシントンで生まれの37歳

審判の中では若く、長身でイケメンの彼には2015年に結婚した妻がいます。

彼女の名はルーシーオリバーさん。彼女は女子サッカーの審判も務めています。

 

嫁はルーシーオリバー

ルーシーオリバーさんは女子サッカーの審判も務めていました。

ツイッターアカウントなども過去にはありましたが、現在はないようです。

それには理由があり、過去にマイケルオリバーさんの審判の判定で妻のルーシーさんが被害に遭ったという事件がありました。

マイケルオリバーさんが主審を務めていた試合(ユベントスvsレアルマドリード戦)で、後半アディショナルタイムにレアルマドリードがPKを決めて勝利しました。

そのPKの判定に不服だったユベントスファンが、妻のルーシーさんが過去の「マドリード大好き」などのツイートに脅迫や誹謗中傷のコメントが書き込まれたとの事。

この事でアカウントを閉じてしまったのかもしれませんね。

 

>>オリバーマイケルは誤審多い噂は・・・本当?

 

マイケルオリバーの父親も審判でプレーオフ決勝の2世代レフリーも

 

マイケルオリバー氏の父親もサッカーの審判をしていました。

父の名前はクライヴオリバー

生年月日は1962年6月30日で、2022年で60歳になりました。

 

マイケルオリバーさんが14歳の時に父親のクライヴ氏に審判を勧められ、審判を職業として目指します。

2007年、22歳の時にカンファレンス ナショナル プレーオフ ファイナルの審判を務め、最年少のサッカー審判になりました。

オリバー一家は、 2009 年のリーグ 2 プレーオフ決勝で父クライヴが主審を務め、翌日の2009 リーグ 1 プレーオフ決勝でマイケルが主審を務めるという、特別な体験もしています。

 

マイケルオリバーさんの家族構成は父親がクライヴ氏、母親の氏名は公表されていません。

妻は2015年に結婚したルーシーさんですね。

 

まとめ

マイケルオリバー氏は2015年に妻・ルーシーさんと結婚しました。

イケメンなマイケル氏の奥様もかなりの美形ですね。

人気スポーツのサッカーの審判の試合は過酷で、判定で相手ファンからの誹謗中傷などもあるようです。

妻のルーシーさんのツイッターには誹謗中傷が書き込まれたこともあったようです。

スポーツとプライベートは混同してはいけませんね。

マイケルオリバー氏は父親も審判なので、技術や知識は超一流だと思われます。

今後も素晴らしいジャッジを期待しています。

 

-スポーツ

Copyright© スイミージャーナル , 2023 All Rights Reserved.