馬場雄大 父親は身長2mの元日本代表 ダンクの原点は父との練習 | kininaru-cafe

バスケットボール

馬場雄大 父親は身長2mの元日本代表 ダンクの原点は父との練習

投稿日:

馬場雄大選手がワールドカップアメリカ戦でダンクを含む18得点して話題です。

馬場雄大選手は富山県で育ち、

あの八村塁選手とは中学時代にチームメイトだったそうです。

父親も元日本代表選手で、バスケットの血が流れています。

そんな馬場雄大選手の記事です。

スポンサーリンク

馬場雄大 プロフィール  父親の元でバスケを学ぶ

名前:馬場 雄大(ばば ゆうだい)

生年月日:1995年11月7日

出身地:富山県

血液型:AB型

身長:198cm

体重:90kg

趣味:読書

特技:そろばん

ポジション:SF(スモールフォワード)

所属:アルバルク東京→NBAマーベリックス

馬場雄大選手がバスケットボールを始めたのは幼稚園の時でした。

姉がミニバス教室について行って、

隣りで練習していた男子チームにいつの間にか紛れ込んでいたそうです。

小学校になると奥田ミニバスケットボール教室に入部します。

中学は富山市立奥田中学校に進みますが、全国の舞台には出場できませんでした。

この中学では2学年下に八村塁選手がいました。

高校は父親がコーチを務める富山第一中学に進み、全国大会に出場しました。

高校時にはU-16、U-18とカテゴリー別の日本代表に選ばれ、

国際大会なども経験豊富です。

大学は強豪の筑波大学に進み、1年生からレギュラーとして活躍し、

2年連続全国制覇に貢献します。

在学中から日本代表に選ばれ、アルバルク東京とプロ契約しました。

NBAのマーベリックスと契約を結びました。

馬場雄大 父親との絆 ダンクの練習

父親の敏治さんもバスケットボールの経験者で、身長はなんと2m

日本代表の選手モスクワ五輪予選などで活躍しました。

中学の部活を卒業した後、父親の勧めでダンクの練習をします。

週2回か3回か、父親がコーチする富山第一高校の体育館に通い、

シュート練習⇒最後にダンクの練習をしていたそうです。

感覚をつかむために最初はバレーボールを使って、

形になってきたところでバスケットボールに変えて、

「10本できるまでやるぞ」と、だんだん出来るようになっていったそうです。

その成果が実り、高校1年の公式戦でダンクを決めました。

その時の興奮は今も忘れられないそうです。

馬場雄大選手も父親に感謝の念を抱いていて、

「バスケを始めたのもお父さんがきっかけですし、

今でも父のおかげだと思っています。

自分のバスケの原点は父にあると思う。

何回も見にこられるわけではないので、

来るたびに成長した姿を見せたいなと思っています」

と話しています。

広告

馬場雄大のバッシュへのこだわり

馬場雄大選手はやはりバッシュ(バスケットシューズ)にもこだわりがありそうです。

小学校4年生まではアシックスのバッシュだったそうです。

小学校5・6年はミズノの「ウェーブホープ ネオ」

という名前のバッシュがフィットしたそうでミズノを履いていたそうです。

中学校ではミズノの次のモデルがあまりフィットしなくて、

またアシックスのバッシュに戻したそうです。

アシックスはやはりゴムソールのグリップがしっかりしていて、

日本人向けの作りで靴擦れなどもなく履きやすかったと言っています。

高校の時は部活のみんなでアシックスで揃えて履いていたそうです。

アシックスの『JAPAN L』というバッシュが履きたかったけど、

高くて買えなかったそうです。

高校3年生の時に中国でナイキキャンプがあって、

そこで初めてナイキのバッシュを履いたそうです。

大学に入ってからはずっとナイキを履くようになりました。

現在はナイキKDシリーズPG2プレイステーションを履いているようですね。

※追記

ワールドカップでアメリカ代表を相手に、

チーム最多となる18得点を奪う活躍を見せていた馬場雄大選手は、

アメリカ・プロバスケットボールリーグ

NBAダラス・マーベリックス

と正式契約しました。

馬場雄大選手おめでとうございます!


馬場雄大選手、これからも応援しています!

以上、馬場雄大選手の記事でした。

-バスケットボール

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.