給湯器の品薄は解消?原因はコロナ?半導体不足が影響?

ガス給湯器 品薄 理由 品薄商品
Pocket

冬には欠かせない給湯器が品薄でホームセンターなどでも売り切れが続いているようです。

23年2月時点でも、未だ品薄は続いています。

コロナの為にマスクやハンドソープなどが売り切れの時期もありましたが、冬に給湯器が使えないのは困りますよね。

徐々にネットでも買えるようになり、解消されてきた感もありますが、未だ品不足は解消されていません。

品薄の原因や解消の時期、ネットの声などをまとめました。

給湯器が品薄の原因はコロナ?

給湯器が品薄です。

これから冬本番を迎えるのに心配です。

もし給湯器が故障したならお風呂も入れませんし、食器を洗うのに家庭はモチロン飲食店の店員なども大変ですね。

原因はやはりコロナなのでしょうか?

原因は海外の工場閉鎖と半導体

品薄の原因は東南アジアなどの工場閉鎖と半導体不足といわれています。

ベトナムは3か月に及ぶロックダウンで下請けの工場が閉鎖となり、給湯器だけでなくアパレルなどのメーカーにも影響は大きく出ています。

半導体不足はコロナ前から言われていましたが、コロナ禍で家電製品の需要が増えたこと、そしてやはり工場閉鎖も大きな要因と思われます。

ネットの声

まとめ

給湯器品薄の原因や解消の時期、ネットの声などを紹介しました。

原因は半導体不足とコロナを要因とする海外の工場閉鎖だと言われています。

給湯器だけでなく様々な業種で影響が出ているようですね。

冬の時期に給湯器が使用できなくなるのはかなり厳しいですね。

以上、給湯器が品薄の原因はコロナ?供給不足の解消はいつごろになる?の記事でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました