ON対決 2000年日本シリーズ 視聴率は?  | kininaru-cafe

伝説の名試合

ON対決 2000年日本シリーズ 視聴率は? 

投稿日:

2000年の20世紀最後の日本シリーズはON対決となりました。

あのONが監督として初めて激突。ミレニアム対決などと

呼ばれて大変注目され、高視聴率を記録した歴史的な決戦です。

スポンサーリンク

ON対決

ONとは1960年代から70年代にかけて巨人で活躍したO(王さん)N(長嶋さん)の事です。

彼らが現役のころは打撃3部門はほとんどこの2人で独占でした。

2人とも現役引退後に巨人の監督を1度経験します。

その後、王さんはパリーグの福岡ダイエー(後にソフトバンク)の監督を14年務めました。

一方の長嶋さんは1993年より再び巨人の監督を9年務めました。

2000年のパリーグは王監督が指揮するダイエーは前年度覇者として連覇し、

長嶋監督が指揮する巨人は

高橋由さん、松井さん、清原さん、江藤さんなどが並ぶ強力打線で

セリーグを圧倒的な強さで制しました

交流戦のない当時、2人が直接対決することはなく、

唯一の対戦がこの2000年の日本シリーズだったのです。

日本シリーズ勝敗

東京ドームで迎えた初戦は松井さんの本塁打などで先制しますが

5-3でダイエーの勝利となります。さすが前年の覇者です。

そして第2戦、この試合も先制しますが、

城島さんの2試合連続の本塁打などで8-3でまたダイエーの勝利です。

場所を福岡に移しての第3戦、先発は2年目の上原さんを立てます。

高橋由さん、松井さんの本塁打などで突き放し、9-3で巨人が勝利します。

続く第4戦はベテラン斎藤さんがダイエー打線を1点に抑え、

2-1で巨人が連勝、シリーズ成績を2勝2敗の五分に戻します。

第5戦はルーキーの高橋尚さんが先発、なんと12奪三振の快投を演じ、

完封で6-0で勝利し、巨人が3連勝します。

そして再び東京ドームに戻ってきた第6戦では、

松井さんのこのシリーズ3本目の本塁打などで圧倒、9-3で勝利し、日本一に輝きます。

広告

視聴率

この世紀の決戦に日本中も関心を寄せ、視聴率30%超えを連発しました。

この年の巨人戦の平均視聴率は20%以下でしたから、

やはりON対決に関心が高かったことが分かりますね。

まとめ  後日談


ON対決とは2000年日本シリーズにおける、

元巨人のスター、王さん長嶋さんが監督として対決した唯一のシリーズです。

日本シリーズの勝敗はダイエーが2連勝したあとに巨人が4連勝して日本一になっています。

視聴率は30%超えを連発し、大変注目を浴びました。

長嶋さんは後日

「ON対決は2度とやりたくない」

「ワンちゃんは戦友だから、仲間と勝敗をかけて戦うのはやりづらかった」

と言っていたそうです。

ちなみに王さん

「監督ばかり注目されてやりづらかった」

「でももう1回やって1勝1敗にしたい」

と言っていたとか。

結局、2人とも退任されて、その後の交流戦には参加せず、

対決は実現しませんでした。

以上、ON対決の記事でした。

 

-伝説の名試合

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.