伝説の10.8決戦とは スタメン・結果詳細 イチローが観戦し、視聴率は48.8%! | kininaru-cafe

プロ野球

伝説の10.8決戦とは スタメン・結果詳細 イチローが観戦し、視聴率は48.8%!

更新日:

10.8決戦

プロ野球史上初めてペナントレース最終戦での同率首位同士の対戦です。

勝った方がもちろん優勝という試合で長嶋監督は、

主力投手を全てつぎ込む総力戦で臨み、勝利します。

「国民的行事」とも言われ、視聴率は驚異の48.8%を記録。

プロ野球史上最高の試合ともいわれる伝説の試合です。

スポンサーリンク

スタメン クリーンアップが凄い

< 読売ジャイアンツ >
1番 センター   コトー
2番 ショート   川相
3番 センター   松井
4番 ファースト  落合
5番 サード    原
6番 レフト    グラッデン
7番 セカンド   元木
8番 キャッチャー 村田
9番 ピッチャー  槙原

この年のほぼ不動のオーダーですね。名前映えするオーダーです。

先発はこの年完全試合も達成している槙原さんでした。

試合経過・結果 松井秀喜20号本塁打

試合は2回表に動きます。4番落合さんが今中さんから15号本塁打で先制します。

この回もう1点入り2-0とします。

中日はその裏4連続安打などで2-2の同点とします。すると早くも斎藤投手に交代

ピンチを抑えます。

3回にも落合さんの適時打で勝ち越すと、4回には村田さんの10号、

コトーさんの18号本塁打で加点、5-2とします。

ここで大活躍の落合さんですが、守備の途中に負傷し、途中交代してしまいます。

この年40歳、この後の日本シリーズでは守備につけないほどでした。

主砲の交代の後、5回には若き大砲、まだ2年目の松井さんが特大の20号本塁打。

6-2とし、試合を優位に進めます。

6回彦野さんのタイムリーで1点を返されると、

7回より3日前に8イニングを投げた桑田さんを送り込みます。

桑田さんは7回・8回・9回を0点でしのぎ切り、見事勝利で胴上げ投手になりました。

イチローが観戦 焼きそばを食べていた

この試合は当時オリックスに所属し、若干20歳で210安打の日本記録を記録した

イチローさんが観戦したことも知られています。

テレビ中継にもバッチリ映っていて、解説の達川さんに「焼きそば食べてますね」

と実況されていました。

まとめ 10.8決戦

10.8決戦とは1994年10月8日に行われた

プロ野球ペナントレース最終戦での同率首位決戦です。

長嶋監督が「国民的行事」と盛り上げ、視聴率は48.8%を記録しました。

スタメンはそうそうたる顔ぶれで、

特にクリーンアップは松井さん、落合さん原さんで4番バッターが3人並んでいるようでした。

結果は投手3本柱の継投、落合さん、松井さんなどの本塁打で6-3で勝利します。

中日ファンだったイチローさんが観戦し、やきそばを食べる姿がテレビ中継で映りました。

以上、10.8決戦についてお伝えしました。

ご覧いただき、ありがとうございました。

【関連記事】

11.5ゲーム差逆転!メークドラマ完結試合 1996.10.6

近鉄加藤哲郎の失言で流れが変わった・・・1989年日本シリーズ  

-プロ野球

Copyright© kininaru-cafe , 2020 All Rights Reserved.