芸能・エンタメ

吉木りさ歌が上手い下手?民謡大会優勝の実績でデビュー曲は演歌だった

更新日:

吉木りさ 歌 上手い 下手 民謡

スポンサーリンク

Pocket

吉木りさ歌が上手い下手?民謡大会優勝の実績でデビュー曲は演歌だったという記事を紹介します。

グラビアアイドルだった吉木りささん。

今でも充分美しいですね。

最近はカラオケバトルなどで、特技の民謡を生かして演歌を歌っています。

2019年には優勝もしていました。

吉木りささんの歌は上手いの?下手なの?という話題が出ています。

上手いとは思いますが、なぜ下手という人が出てくるのでしょうか?

ネットの声と吉木さんの民謡についてまとめました。

 

スポンサーリンク

吉木りさ歌が上手い下手?

吉木りささんはグラビアアイドルとして有名で、そのセクシーなスタイルで写真集などが常に上位にランクインしていました。

2017年に結婚した時はショックを受けた方も多かったはず。

最近では歌が上手い!ことで、話題だったり注目されています。

過去に歌手として4曲をリリースしていて、演歌からポップスなど幅広く歌えるようです。

 

カラオケバトル・芸能界隠れ歌うま王決定戦王者

バラエティ番組のTHE カラオケ★バトル【芸能界隠れ歌うま王決定戦】に出場し、見事優勝を果たしました。

1回戦で披露した「津軽海峡冬景色」では、審査員の度肝を抜いたようです。

審査員の久本雅美さんは「吉木さんがこんな上手いなんて知らなかったから、感動した」と話し、

堀内孝雄さんは「最高でしたね。もともと民謡やってらっしゃったから、ところどころの節の入り方が、やはりやってないと」と、その歌声を絶賛していました。

 

吉木りさは歌が上手い?

吉木りささんは歌が上手いかと言われれば、もちろん上手いです。

しかし、吉木さんがカラオケバトルで披露した歌は

「津軽海峡冬景色」

「夜桜お七」

「天木越え」

と、演歌ばかりなんですね。

最近の若い人で演歌を聞かない人はこの独特な小節のまわし方とか、分からないでしょうね。

演歌好きな人は「上手い!」と思い、演歌を知らない人は「微妙」と思うのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

民謡大会優勝の実績でデビュー曲は演歌だった

吉木りささんは母親の影響で小学4年生から民謡を習い始めました。

地元ではプロ顔負けな才能が高く評価され、中学の時には地域の大会で優勝したこともあります。

そしてボイストレーニングを経て、吉木りささんはグラビアアイドルより先に、演歌歌手としてデビューします。

デビュー曲は「夜桜お七」

デビュー曲はあの坂本冬美さんの曲「夜桜お七」のカヴァー曲でした。

2008年でした。

しかしあまり売れなかったようです。

2年後には演歌路線を諦めて、アニメのオープニングを歌っています。

その後も2枚のシングルを出しています。

 

NHKラジオ「たみうた」

吉木りささんは2017年からNHKラジオの「吉木りさのタミウタ」という番組を担当しています。

これは民謡の奥深さなどを紹介する番組で、日曜日の11時から放送しています。

吉木さんにピッタリな番組ですね。

 

2020秋カラオケバトルに出演

 

2020年11月22日の「カラオケ★バトル芸能界!歌の異種格闘技戦!」に出演します。

曲はなんと 松村和子さんの『帰ってこいよ』

得点は96.667点

ブロックでは2位ですが敗者復活で決勝進出

決勝では長山洋子さんの「じょんがら女節」

得点は97.355点 3位でした

 

>>カラオケバトル11月22日出場者・結果速報!

 

ネットの声

スポンサーリンク

まとめ

吉木りささんの歌が上手いか下手かを紹介しました。

最近カラオケバトルなどで出演している吉木りささんは、演歌の歌が多いので若い人には正直「微妙」な感じがするのかもしれませんね。

しかし、堀内孝雄さんなどの一流演歌歌手が絶賛するなど、その技術は本物です。

吉木さんは小学4年生から8年間民謡を習っていて、中学の時には地域の大会で優勝したほどです。

デビューもグラビアではなく、演歌歌手としてのデビューでした。

その後に色々あり、グラビアアイドルとして大人気になりましたね。

現在は俳優の和田正人さんと結婚して、幸せな家庭を築いています。

以上、吉木りさ歌が上手い下手?民謡大会優勝の実績でデビュー曲は演歌だった!の記事でした。

 

【関連記事】

>>若槻千夏が映画の主題歌?

スポンサーリンク

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.