ドラマ・映画

七人の秘書が半沢直樹に似てる?設定や倍返しが痛快で面白いと評判!

投稿日:

七人の秘書 半沢直樹 似てる 痛快 設定

スポンサーリンク

Pocket

七人の秘書が半沢直樹に似てる?倍返しが痛快で面白いと評判!という記事を紹介します。

10月から放送開始したテレビ朝日のドラマ「七人の秘書」。

主演の木村文乃さんが銀行の常務秘書という役で、1話から舞台が銀行で半沢直樹に似てると話題のドラマです。

1話完結で、悪党に対し「倍返し」するスカッとする終わり方で痛快ですね。

七人の秘書の半沢直樹に似てる点や設定、ドラマの感想などもまとめました。

 

スポンサーリンク

七人の秘書が半沢直樹に似てる?

放送開始から視聴率も好調のドラマ「七人の秘書」。

視聴率は1話が13.8%、2話が13.7%と高視聴率で推移しています。

このドラマは7人の秘書と元秘書が、不正をしている理不尽な巨悪を暴いていく痛快なストーリー。

この7人の秘書の配役も豪華な俳優陣です。

木村文乃ー元銀座のナンバーワンホステスで銀行常務秘書

広瀬アリスー銀行頭取秘書

菜々緒ー警視庁の警務部長秘書

シム・ウンギョンー大学病院の院長秘書

大島優子ー都知事秘書

室井滋ー元秘書で家政婦

江口洋介ー軍団の元締めで元政治家秘書

このドラマが半沢直樹に似てると話題です。

常務や頭取と聞くと、大和田常務(香川照之さん)や中野渡頭取(北大路欣也さん)を連想しますね。

 

半沢直樹に似てる点は?

七人の秘書の初回のストーリーが東都銀行という銀行が舞台になっていたので「似てる」と感じたようです。

ナレーションや役員会議は半沢直樹を意図的に似せたような感じもしましたね。

初回のあらすじは、東都銀行の頭取が死亡し、次期頭取をもくろむ安田常務が黒幕です。

これまでやってきた不正融資を部下に押し付け、自分は頭取の椅子に座ろうとする、まさに半沢直樹を想起させました。

安田常務が不正に関わっていたことを証明する証拠を手に入れるために、七人の秘書がそれぞれ暗躍します。

不正融資の証拠を手に入れるために安田常務の書斎に侵入するシーンは、半沢直樹で伊佐山部長のデスクから書類を盗み出すシーンのドキドキ感に似ていました。

さらに証拠が見つからず万事休すかと思われたなかで、最後にどんでん返しの展開があるところも、とても似た展開。

弁明する安田常務に、追い討ちをかける証拠も用意しているところは「倍返し」そのものでした。

 

スポンサーリンク

七人の秘書の設定や倍返しが痛快で面白いと評判!

このドラマの脚本は中園ミホさん。

人気の脚本家でDoctor-Xやハケンの品格なども手掛けています。

1話・2話は銀行が舞台だったのですが、3話の舞台は病院が舞台。

その後も政治家なども絡んできて、権力に立ち向かって倍返ししていく様子が予想されます。

美人秘書たちが弱きを助けるという展開は、半沢直樹というより必殺仕事人に近いという声もありますね。

会社や組織を私物化している悪人を「倍返し」してくれるスカッとする展開は、まさに半沢直樹と同じですね。

 

ネットの声

 

スポンサーリンク

まとめ

七人の秘書が半沢直樹に似てる箇所や設定などを紹介しました。

主演の木村文乃さんが銀行の常務の秘書、広瀬アリスさんが頭取の秘書という事で銀行が舞台なので似ているところも多いですね。

頭取や常務などの役職も半沢直樹を見ていた人ならすぐに、大和田常務や中野渡頭取などをれんそうします。

3話からは銀行だけではなく、病院や政治なども舞台となっていきますのでまた違った楽しみも出てきます。

悪党に「倍返し」をお見舞いするこのドラマ。ますます期待したいです。

以上、七人の秘書が半沢直樹に似てる?倍返しが痛快で面白いと評判!の記事でした。

スポンサーリンク

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.