最近、気になる事

スイミージャーナル

半沢直樹 伊佐山部長 ダブルスパイ 土下座野郎 動画

半沢直樹

半沢直樹の伊佐山部長「土下座野郎」は自身の謝罪のフリ【動画】!ダブルスパイの理由は?

投稿日:

スポンサーリンク

Pocket

半沢直樹の伊佐山部長がダブルスパイの理由は?「土下座野郎」は自身の謝罪のフリだったという記事です

半沢直樹の伊佐山部長はダブルスパイだった!

大和田常務の元部下だった伊佐山部長は三笠副頭取に裏切ったと思わせて実は裏切っていなかった。

つまりダブルスパイでした。

大和田取締役が伊佐山部長を問い詰めると、「この土下座野郎!」

これにはさすがに「かわいそう」などの声が出ています。

伊佐山部長のダブルスパイ、土下座野郎発言とネットの声をまとめました。

 

スポンサーリンク

半沢直樹の伊佐山部長がダブルスパイの理由は?

伊佐山部長は大和田取締役の元部下でした。

ドラマの第1話では半沢直樹に屈服した大和田常務(当時)の屈辱を晴らすため、徹底的に半沢直樹を追い詰めてやると決意表明します。

しかし、復讐を誓ったはずの伊佐山部長は大和田取締役から三笠副頭取に乗り換えるのです。

大和田取締役は突然の伊佐山部長の裏切りに、激しく憤怒します。

その後は三笠副頭取に取り入ってるようでした。

ところが、第3話では伊佐山部長が三笠副頭取に取り入ったのも“演技”だったという場面が放送されました。

大和田取締役と伊佐山部長の酒を酌み交わすいとこ同士の場面が悪そうで話題でした。

ところがところが、伊佐山部長のそれも嘘の演技でした。

大和田が進めた話も伊佐山部長が断ったり、企画のリーダーにも大和田の名前が消え、伊佐山部長のみになっていました。

大和田が常務に戻る話は三笠副頭取の話でしたが、これも嘘でした。

つまり、伊佐山部長はスパイラル買収の為に500億円の融資を通す為だけに大和田に寝返った振りをしたのでした。

少し、ややこしいですね。

つまり伊佐山部長は、

初めは大和田取締役の部下

→裏切って三笠副頭取につく

→実は大和田のスパイで三笠副頭取についたフリをしていた

→ところがそれは演技で、三笠副頭取とは離れておらず大和田取締役をだました。

大和田取締役のスパイだと思ったら、三笠副頭取のスパイだった。

ダブルスパイという事ですね。

 

ネットも反応

スポンサーリンク

伊佐山部長の「土下座野郎」は自身の謝罪のフリだった

大和田のスパイだと思っていた伊佐山部長は実は三笠副頭取のスパイでした。

自分が常務に戻れると思っていた大和田は伊佐山部長を問い詰めます。

「お前をここまで育ててやったのは誰だと思ってんだ!」

伊佐山部長は大和田取締役が土下座した事で全てが狂ったと話します。

「あんたがした土下座のせいで、くだらん土下座のせいでどれだけ泥水を飲まされたか!」

「伊佐山ー!!」

「土下座野郎」

これはちょっと可哀想かも

可哀そうの声も 土下座野郎はアドリブ?

 

土下座野郎はフリだった?

しかしドラマ後半では、半沢によって今度は伊佐山が謝る立場に。

三笠副頭取に謝罪を要求されます。

大和田取締役の土下座と同じような悔しそうな顔で謝ります。

「あい・・・すい・ませ・・・ん・でし・・た」

その時の大和田取締役の嬉しそうな顔がたまりません。

【関連記事】

半沢直樹は歌舞伎役者がいっぱい!

>>半沢直樹に市川海老蔵が出演したら?どんな役?

 

スポンサーリンク

まとめ

半沢直樹の伊佐山部長がダブルスパイだった理由は、自身のスパイラル買収の500億円の融資の為でした。

どこまでも自分の事しか考えてない伊佐山部長は、大和田取締役と半沢直樹の逆襲に遭い、三笠副頭取にあっさり見捨てられます。

「土下座野郎」と罵った大和田取締役の前で、やはり半沢直樹に謝罪をしました。

因果応報、悪い事を言うと悪い事が返ってきますね。

以上、半沢直樹の伊佐山部長がダブルスパイの理由は?「土下座野郎」は自身の謝罪のフリだった【動画】の記事でした。

スポンサーリンク

-半沢直樹
-, , , ,

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.