最近、気になる事

スイミージャーナル

半沢直樹

半沢直樹3話コペルニクスの伏線はどこ?原作との違いやジョブズ似の俳優は誰?

投稿日:

スポンサーリンク

Pocket

半沢直樹3話コペルニクスの伏線はどこ?原作との違いやジョブズ似の俳優は誰?という記事を紹介します。

半沢直樹の続編が盛り上がっています。

第3話に出てきたフォックス社のコペルニクス。

伏線の回収が多いのがこの半沢直樹というドラマです。

コペルニクスにも伏線がありましたね。

しかし、このコペルニクスという通販会社は原作と少し扱いが違うようです。

伏線や原作との違い、融資を発表したジョブズ似の俳優などもまとめました。

 

スポンサーリンク

半沢直樹3話コペルニクスの伏線はどこ?

第3話の目玉はオネエの金融庁黒崎が登場でしたが、物語は着々と進みました。

黒崎の執拗な調査を潜り抜けた後は、スパイラルとフォックスが経営統合を進めていきます。

スパイラル株が下がり続け、電脳雑伎集団によるスパイラル買収成功目前で、ほくそ笑んでいる伊佐山部長。

スパイラルとフォックスが経営統合するという発表がスクリーンに映し出されています。

そして、IT界の超大物、マイクロデバイス社のジョン・ハワードがコペルニクスが手がけるネット通販事業に対し、3億ドルの出資をすると驚愕の発表!

「コペルニクス?あれか!」と悔しがる伊佐山部長。

そうなんです。このコペルニクスには第3話冒頭から伏線があったのです。

視聴者は見逃しませんでした。

伏線は2つ マッカランと紅茶

伏線は2つありました。

フォックスの郷田社長から伊佐山部長に送られたマッカランの箱がコペルニクス

伊佐山部長はこの箱を握りこぶしで「ベコッ」としてしまいます。

半沢直樹 コペルニクス 第3話 原作 ジョブズ

半沢直樹 コペルニクス 第3話 原作 ジョブズ

これが伏線でしたね、まさかこのコペルニクスが鍵だとは・・・。

そしてもう1つコペルニクスが出てくる場面は、紅茶を海外から取り寄せています。

半沢直樹 コペルニクス 第3話 原作 ジョブズ

奥さんの花ちゃんがヤキモチを焼くシーンですね。

伊佐山部長がコペルニクスの箱を潰した時、郷田社長はなんとも言えない複雑な顔しています。

でも半沢側はきちんとその価値を見抜いていた。紅茶はその確認もあったのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

原作との違いやジョブズ似の俳優は誰?

半沢直樹 コペルニクス 第3話 原作 ジョブズ

このコペルニクスという会社は、原作でも出てきています。

役割的にもフォックス社の子会社で、伸びしろのある有望な事業なのですが、ちょっと原作と違っているようです。

ドラマ内のコペルニクスは通販会社でアマゾンのような感じですね。

というか、箱がアマゾンそのものでした。

スパイラルの瀬名社長も、「コペルニクスはいずれアマゾンに匹敵するほど成長するでしょう」と言っているのでアマゾンとは別モノのようです。

もうある程度認知されている会社という設定ですね。

一方、原作では「サンフランシスコにあるネット通販のベンチャー企業」です。

ドラマのようにモノが送られている描写は原作ではありません。

そして、マイクロデバイス社の支援は週刊誌にて発表されています。

これは週刊誌という紙媒体がもう古いという認識でネット配信になったようですね。

でも最終的には原作と繋がっています。

これも半沢直樹の楽しみ方の1つですね。

 

ジョンハワード・ジョブズ似の俳優は誰?

原作ではスパイラルに出資する世界最大のソフト会社マイクロデバイス社のジョン・ハワード氏の顔は分かりません。(当然ですが)

しかし、ドラマ内では映像付きで出演しました。

世界最大のソフト会社、そしてマイクロデバイスという社名から、モデルは「マイクロソフト」というのが一般的な見方ですね。

そして創業者のジョン・ハワード氏。

これはビル・ゲイツの事だろうと予想していました。

ところが、映像を見ると、アップル社のスティーブジョブズ似ですね。

この方、よく見る俳優さんです。

氏名:イアン・ムーア

生年月日:1954年6月15日

出身国:イギリス

身長:183cm

出演作品

『奇跡体験!アンビリバボー』

『ザ!世界仰天ニュース』

大河ドラマ『龍馬伝』

『海賊戦隊ゴーカイジャー』

日本で活躍している俳優さんですね。

【関連記事】

半沢直樹は歌舞伎役者がいっぱい!

>>半沢直樹に市川海老蔵が出演したら?どんな役?

 

スポンサーリンク

まとめ

半沢直樹3話のフォックス社の子会社コペルニクスの伏線は、ドラマ冒頭の伊佐山部長に送られたマッカランの箱と半沢が注文した紅茶の箱のロゴでした。

伊佐山部長はコペルニクスの箱をこぶしで潰して投げ捨てていました。

これは原作にない演出でしたね。

また、コペルニクスは原作ではサンフランシスコのベンチャー企業で、ドラマとは少し違うようです。

マイクロデバイス社の出資の発表も週刊誌からネット配信へと変わり、時代が急激に変わっているのを感じさせますね。

マイクロデバイス社の創業者のジョン・ハワード氏がビルゲイツではなく、スティーブジョブズ似なのは反響が大きかったようです。

以上、半沢直樹3話コペルニクスの伏線はどこ?原作との違いやジョブズ似の俳優は誰?の記事でした。

【関連記事】

金融庁の黒崎はオカマ?オネエ?結婚してる?

>>半沢直樹2の黒崎はオカマなの?結婚のその後は

スポンサーリンク

-半沢直樹
-, , , ,

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.