飲めるプリン「とりっぷりん」の販売店は東京のどこ?直売所やネット通販サイトも紹介【青空レストラン】 | スイミージャーナル

最近、気になる事

スイミージャーナル

飲めるプリン とりっぷりん 販売店 どこ

TV番組

飲めるプリン「とりっぷりん」の販売店は東京のどこ?直売所やネット通販サイトも紹介【青空レストラン】

投稿日:

スポンサーリンク

Pocket

飲めるプリン「とりっぷりん」の販売店は東京のどこ?直売所やネット通販サイトも紹介します。

栄養満点&超濃厚な烏骨鶏の卵で作る飲めるプリンの「とりっぷりん」。

たびたびメディアでも取り上げられ、「青空レストラン」でも放送されていました。

この「とりっぷりん」は店舗で販売されていますが、1店舗だけです。

その販売店の場所やネットで購入できるかなどもまとめました。

 

スポンサーリンク

飲めるプリン「とりっぷりん」の販売店は東京のどこ?

飲めるぷりん「とりっぷりん」は、東京都立川市の伊藤養鶏場の烏骨鶏卵を使い、作っています。

伊藤養鶏場は50年以上の歴史があり、ヒナと成鶏を合わせると約7000羽のもみじや軍鶏・烏骨鶏がいます。

烏骨鶏とは全身を柔らかい羽毛で覆われ、白い羽毛の下には肉や骨が黒いという特徴を持つ鶏です。

 

飲めるプリン「とりっぷりん」とは

飲めるプリン とりっぷりん 販売店 どこ

希少な烏骨鶏の卵を使った濃厚で贅沢なプリンです。

たっぷりの生クリームで、卵はプリン1個に対して貴重な東京うこっけい卵を1個使うという贅沢プリンで、とろけるような滑らかさのまさに「飲めるプリン」となっています。

この「とりっぷりん」は伊藤養鶏場の烏骨鶏の卵を使用して、パティスリーツナグというケーキ屋さんとのコラボ商品という事です。

ケーキ屋さんのパティシエが作っているのですね。

このパティスリーツナグも立川にあり、ここで販売しています。

 

パティスリーツナグの場所は

人気のお店の様ですね。

店名:『PATISSERIE Tsunagu(パティスリーツナグ)』

住所:立川市高松町3-21-4 アストル1F

営業時間:10:00~19:00

定休日:月曜日

電話番号:042-512-7349

 

 

 

スポンサーリンク

直売所やネット通販サイトも紹介

この「とりっぷりん」は伊藤養鶏場に行っても販売していません。

賞味期限が4・5日しかない為に作り置きが出来ないそうです。

なので直売所は無く、パティスリー ツナグのパティシエが作ってるお店で売っているのですね。

ネット販売はしているのでしょうか?

もちろんネットでも販売していますが、やはり賞味期限は出荷日を入れても4~5日しかないそうです。

個数には注意が必要ですね。

ネット販売のサイトです。

伊藤養鶏場です。

https://tottofarm-ito.com/lineup

飲めるプリン とりっぷりん 販売店 どこ

 

日本テレビのサイトです

https://www.ntvshop.jp/shop/g/g210-a000562-01/

飲めるプリン とりっぷりん 販売店 どこ

 

楽天・アマゾン・ヤフーショッピング

 

スポンサーリンク

まとめ

立川市の伊藤養鶏場の烏骨鶏卵を使用した飲めるプリン「とりっぷりん」の販売店舗と購入サイトを紹介しました。

販売店舗は1店しかなく、東京都立川市のパティスリーツナグというケーキ屋さんで販売しています。

賞味期限は4・5日しかないために伊藤養鶏場に直売所はありません。

ネット販売はアマゾン・楽天などで販売していますが賞味期限が短いため、注意して買うようにしましょう。

ぜひ、飲めるプリンを1度味わいたいですね。

以上、飲めるプリン「とりっぷりん」の販売店は東京のどこ?直売所やネット通販サイトも紹介【青空レストラン】の記事でした。

スポンサーリンク

-TV番組
-, , ,

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.