阿知波重尚は松井稼頭央とPLで同期の立浪2世 現在は新聞販売店を経営 | kininaru-cafe

野球

阿知波重尚は松井稼頭央とPLで同期の立浪2世 現在は新聞販売店を経営

投稿日:

今は無くなってしまった伝説のPL学園野球部に、

消えた天才がいました。

その方は阿知波重尚さんといって、あの松井稼頭央さんと同期でした。

松井さんは高校卒業後すぐにプロ入りします。

阿知波重尚さんはプロに行かず、大学に進学しますが、

すぐに野球部を辞めてしまったそうです。

阿知波重尚さんの事を考察を交えながら記事にしました。

スポンサーリンク

阿知波重尚 プロフィール


名前:阿知波 重尚(あちわ しげひさ)

生年:1975年生まれ

出身:愛知県知多市

身長:174㎝(高校2年時)

体重:65㎏(高校2年時)

投打:右投げ左打ち

学歴:PL学園ー青山学園大学

阿知波(あちわ)さんは珍しい名前ですが、

愛知県知多市では珍しくもないそうです。

阿知波さんはPL学園時代は

「立浪2世」

と言われ、松井稼頭央さんと同期で1年生からレギュラーとして活躍しました。

その後は青学大に進みますが、途中で野球を辞めてしまいます。

外資系の起業などを3年程務めたのち、愛知県の新聞販売に勤務しました。

中日ドラゴンズの私設応援団もしているようです。

 

PL学園時代 1年生からレギュラー

阿知波重尚さんは同世代の愛知の野球少年で彼を知らない人はいない、くらい天才的だったそうです。

松井稼頭央さんがPL学園時代に絶対に勝てなかったと言っています。

松井さんはピッチャーで阿知波重尚さんはショートですけどね

阿知波重尚さんは入部わずか3ヶ月レギュラーを獲得。

当時投手だった松井稼頭央さんとの2枚看板で、

チームを5年ぶりの甲子園出場に導きました。

当時の監督、名将・中村順司さんは、

「桑田、清原と同じく1年生から期待していた選手」

「当時の関係者から阿知波さんには野球で教えることがないとよく言われていた」

と回想しています。

足も速く、守備もうまくて

まさにセンスの塊のような選手だったようです。

2年春も甲子園に出場しますが、ベスト8で東海大相模に負けてしまいました。

それ以降、甲子園には出場できませんでした

高校卒業後は青山学院大学に進学しました。

広告

青山学院大学進学後 野球を辞めてしまう

高校卒業後、青山学院大学に進学するものの、

すぐに野球部を退部し表舞台から姿を消してしまったそうです。

一体何があったのでしょうか?

ここからは考察です。

当時の青山学院大学には1つ上の世代に

後にソフトバンクからメジャーリーグにも行った

スーパースター井口資仁さんがいました。

井口資仁さんは1年生からレギュラーで出場し、

大学4年間で規格外の成績を残しました。

井口さんは東都大学リーグ史上唯一である「三冠王」を達成しています。

また、大学通算24本塁打は現在も破られておらず、

最高殊勲選手」2回、「ベストナイン」4回を受賞しました。

この井口資仁さんのポジションが、そう、ショートだったのです。

同ポジションの1学年上のスーパースターがまぶしく見えた事は間違いないと思います。

では他の内野のポジションはというと、

同級生に内野のユーティリティプレーヤー、やはり後にプロ入りする

高須洋介さんがいました。

高須洋介さんは高校3年時に春夏連続で甲子園に出場し、

青山学院大学に入学すると1年時からセカンドレギュラーとなります。

大学4年間で2度の首位打者になり、近鉄バッファローズから2位指名でプロ入りしました。

こんな2人がセカンド・ショートにいたら・・・(考察です)

さらに阿知波重尚さんは大学1年冬に手首を骨折してしまいます。

野球から離れた1カ月間に色々考えたそうです。

その時同級生に

プロに行けなかったらどうするの?」と聞かれ

野球しかやっていなくて大丈夫なのか?」と思ってしまったと。

野球に対する気持ちが薄れてきてしまい、

野球に100%で向き合えない、

そんな気持ちでやるのは失礼じゃないかな、

と思い退部を申し出たと言っています。

大学卒業後、修業をして独立起業へ

野球部を辞めた阿知波さんは大学を卒業後、

外資系の企業(ルイヴィトン)で3年程務めたのち、愛知県の新聞販売店に就職します。

ここの新聞販売店で修業を積んだのちに2005年に新清洲専売店の店主となったようです。

新聞販売店の仕事は楽ではありません。

夜中に起きてバイクで新聞を配達し、

明るくなってから仮眠をとり、

昼すぎに起きて夕刊を配ります。

その後、集金と営業です。

そしてまた夜中朝刊を配ります。

台風が来ても、雪が降っても休みはないのです。

こんな過酷な仕事を何年もやって独立されたのですね。

きっと長年野球で鍛えられた肉体と精神力で努力したのだと思います。

今は、新聞購読は徐々に減ってきていますので、

ミネラルウォーターの配達

キッズ向けのイベント

地域情報の発信

など、イノベーションを駆使して頑張っておられます。

 

いくら高校で天才と言われてもプロの世界に行くのは一握りだし、

その後に一軍で活躍するのはさらにわずかな人数ですよね。

もちろん松井稼頭央さんはメジャーにまで行ったので、

とてつもなく努力したと思います。

でも、阿知波さんも負けないくらい努力して、

成功しているので、素晴らしいことですよね。

(引用元:中日新聞ほっとWEB)

ゴルフ甲子園

阿知波重尚さんは野球部OBで競う夏の

「ゴルフ甲子園」

に出場するそうです。

ゴルフ甲子園とは、今年で14回を迎える

高校野球部OB対抗戦です。(野球ではなくゴルフの試合です)

参加資格は

高校野球部OBおよび関係者

監督、コーチ、マネージャー、トレーナー、教師、部後援者など

(甲子園出場の有無は問いません。)

甲子園出ていなくてもOKなんですね。

 

すでに予選は終わっています。

なんと予選団体1位だったのですね。

ゴルフの腕前も素晴らしいようです。

本大会も頑張ってください!

以上、

元PL学園で今は新聞販売店の経営者、阿知波重尚さんの記事でした。

 

-野球

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.