ジャイアンツの背番号15 山倉 河原 辻内 | kininaru-cafe

背番号列伝

ジャイアンツの背番号15 山倉 河原 辻内

投稿日:

背番号15の主な選手

山倉(1978-1990)小原沢(1992-1994)河原(1995-2005)後藤(2005)
辻内(2006-2008)木村(2010)沢村(2011-)

スポンサーリンク

意外性の男  山倉 和博

やまくら かずひろ

1974年南海ホークスから2位指名を受けるも拒否して早大に進みます。

1977年早大からドラフト1位で入団。

生涯成績
試合数1262 打率.231  本塁打113 打点426 盗塁27
MVP1回

南海に指名されたときに野村克也選手兼監督から自身の後継者にと言われるほどでしたが、

断って一般受験で早稲田大学に進学します。

1977年早大からドラフト1位で巨人に入団。

初安打が本塁打になるなど長打力を垣間見せますが、

1年目は打率は1割台と苦しみます。

その後、徐々に打撃も改善し、

.250前後で意外なところでの一発で意外性の男と言われていました。

パスボールが多く、全て自分の責任ですと投手陣からの信頼は大きかった。

のちにコーチが聞いたときに

「全てサインミス。サイン通りならパスボールなんてしません」

と初めて話したと言います。

ポーカーフェイス  河原 純一

かわはら じゅんいち

1994年駒沢大学からドラフト1位で入団。

生涯成績
試合数275 防御率4.26  勝利数32 セーブ40 奪三振452

1年目に8勝を挙げ即戦力の噂にたがわぬ実力を見せます。

ところが2年目からはプライベートでトラブルに巻き込まれたり

肩、ひじなどの故障が続き、5,6年低迷しいてしまいます。

監督が長嶋さんから原さんに代わり、再生に乗り出し、

ストッパーに転向しこれが見事に成功します。

5勝28セーブを記録し、日本一に貢献しました。

その後は西武・中日に移籍し、

中日では中継ぎで78試合に登板し、29ホールドをマークしました。

失われた剛速球  辻内 崇伸

つじうち たかのぶ

2005年大阪桐蔭高校からドラフト1位で入団。

生涯成績
一軍公式戦登板なし

大阪桐蔭時代には150キロを超す快速球でスカウト陣の目をくぎ付けにしてきました。

甲子園でも2回戦で19奪三振をマークするなど、

粗削りながら伸びしろがあり将来を大きく期待されていました。

プロ入り後制球力をつけるために、フォーム矯正に手を付け始め、

これが元で肘、肩をケガし、元の快速球が投げられなくなってしまいます。

その後も2軍で成績を残すとケガが発覚するということが続き、

最後の試合となった2013年の帝京大学とのプロアマ交流戦では

131キロの直球しか投げられませんでした。

その投球を最後に引退しました。

 

-背番号列伝

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.