木嶋真優の元ライバルは高橋紘子 顔画像【あいつ今】消えたバイオリニスト | スイミージャーナル

最近、気になる事

スイミージャーナル

芸能・エンタメ

木嶋真優の元ライバルは高橋紘子 顔画像【あいつ今】消えたバイオリニスト

投稿日:

スポンサーリンク

4月22日の「あいつ今何してる?」でヴァイオリニストの木嶋真優さんが出演します。

木嶋さんが幼少期から腕を競い合ったライバルと感動再会を果たすというコーナー。

いったい木嶋さんの元ライバルとは誰なのでしょう。

木嶋さんの過去を調べると、ある1人の人物が浮かび上がります。

※追記 元ライバルは高橋紘子さんという方でした。

 

スポンサーリンク

【あいつ今何してる?】木嶋真優さんの元ライバルとは

 

【あいつ今何してる】に出演の木嶋真優さんには、消えたライバルがいました。

木嶋さんとそのライバルさんは、幼少期から腕を競い合っていました。

全国大会には必ず2人とも出場しており、木嶋さんと優勝争いする腕前だったそうです。

しかしある日「ヴァイオリンが嫌になったらしい」と噂を耳にして以来、姿を見なくなったというのです。

 

木嶋真優さんは1986年12月13日生まれ、兵庫県神戸市出身。

3歳でヴァイオリンをはじめ、ヤマハ音楽教室に通いながら、子供向けのコンクールで3年間連続の金賞を受賞

第8回ヴィエニャフスキ国際ヴァイオリン・コンクールにて、日本人として最高位を受賞。

最近ではバラエティ番組で披露する自由奔放なトークが注目を集めています

 

スポンサーリンク

木嶋真優さんの元ライバル候補

木嶋真優さんの元ライバルは一体誰なのでしょうか?

木嶋さんとそのライバルは全国大会で顔を合わせていたようです。

木嶋さんは12歳の時に第52回全日本学生音楽コンクール大阪大会小学生の部で第1位を獲得しました。

大阪大会で1位という事は、全国大会に出場するはずです。

第52回全日本学生音楽コンクール全国大会の小学生の部の優勝者は、

武藤順子さんという方です。東京都の小学校に通う小学生でした。

 

さらに調べていくと、こんな情報もありました。

「若手の日本人バイオリニストについて」のスレ[16933] で、当時十代の3人(木嶋真優/神尾真由子/武藤順子)を挙げた

ここでも武藤順子さんの名前が。

 

神尾真由子さんとは、木嶋真優さんと同い年でかつて神童と呼ばれたほどの腕前。

そのまま世界でも活躍し、チャイコフスキー国際コンクールで優勝しています。

その後、ロシア人のピアニストと結婚し、出産も経験。

現在も人気バイオリニストとして活動中です。

 

やはり武藤順子さんが気になります。

 

 

スポンサーリンク

木嶋真優さんの元ライバルは武藤順子?

 

武藤順子(むとうよりこ)

1988年生まれ。

2歳半よりヴァイオリンを始め、8歳から鷲見四郎氏の師事。

第52回全日本学生音楽コンクールヴァイオリン部門小学校の部で、全国大会第1位を授賞。

以来、東京交響楽団、N響団友オーケストラ、読売日本交響楽団、徳島交響楽団と協演。

 

2000年夏、チェコ・プラハ市における第9回国際音楽祭ヤング・プラハにソリストとして招かれ、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を協演。

第1回仙台国際コンクールで最年少で奨励賞を受賞。

NHKテレビ「クラシック倶楽部ジャパン・シリーズ」に出演。

14歳の時、フライブルク音楽大学教授ライナー・クスマウル氏の招きでドイツ留学します。

 

武藤順子さんはこれだけの輝かしい実績にも関わらず、現在の情報がありません。

最後にコンサートが開かれたのが2010年です。

 

番組の予告によると、木嶋さんの元ライバルの方は、高校3年の時に「舞台上で突然小指に力が入らなくなった」と話しています。

 

もし、武藤さんだとすると、2006年頃の話でしょうか。

でも2010年頃までコンサートしていますね。

番組を見ると、元ライバルは武藤順子さんではありませんでした

 

スポンサーリンク

木嶋真雄さんの元ライバルは高橋紘子さん

 

高橋紘子(たかはし ひろこ)

秋田市生まれ札幌市育ちのヴァイオリン奏者。

年齢は木嶋真優さんの2歳年上の1984年生まれ

 

1992年第17回STV青少年音楽コンクールでSTV賞受賞。(小学1年)

第2回日本クラシック音楽コンクール弦楽器部門全国大会で第3位。

1994年 全日本学生音楽コンクール東京大会小学校の部で第2位。

1999年 全日本学生音楽コンクール東京大会中学校の部で第1位。

2002年 ヴィエニアフスキ国際ヴァイオリン・コンクールで第3位

 

 

高橋紘子さんは秋田市立将軍野中学校卒業後、桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ソリスト・ディプロマコースに入学します。

 

ところが、高橋さんは高校3年生の時、パリの国際コンクールを受けた時に急に舞台上で小指が動かなくなってしまったそうです。

 

病名は肘部管症候群という病気でした。

これは肘の内側にある神経が圧迫されることなどで起こる病気です。

 

手術を決意できず、薬で治療をしていた高橋さんですが、肘は悪くなり、動かなくなってしまいます。

大学を2年で中退した高橋さんは、留学時代に知り合ったチェコの先生の元を尋ねました。

 

 

それから12年が経ちました。

 

高橋さんは、今現在、プラハ交響楽団でアシスタント・コンサートマスターとしてバイオリンを弾いていました。

 

 

怪我は完治はしていませんが、付き合っていくしかないと話しています。

木嶋真優さんにメッセージが、

 

「真優ちゃんお久しぶりです。行方不明でごめんなさい。

私の事を思い出してくれて、スゴク嬉しかったです。

また、いつか一緒に弾ける日が来たらいいなと思っているので、それまで私も頑張ります。

真優ちゃんも体に気を付けて、どうぞお幸せに!」

 

感動的なラストでした。

 

以上、木嶋真優の元ライバルは高橋紘子 顔画像【あいつ今】消えたバイオリニストの記事でした。

 

 

【人気の記事】

久保田軍団のメンバーは誰がいる?かまいたち濱家や銀シャリ鰻など

飯田圭織が太った!【画像】子供3人産んで顔変わった!でもかわいい

グリーンラベル あいみょんCMのロケ地はどこ 元カレは誰?

 

 

 

スポンサーリンク

-芸能・エンタメ

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.