久美沙織(小説家)ドラクエ・スクエニ作品集など 45歳で高齢出産していた | kininaru-cafe

芸能・エンタメ

久美沙織(小説家)ドラクエ・スクエニ作品集など 45歳で高齢出産していた

投稿日:

小説家の久美沙織さんはMOTHERやドラクエの小説などを執筆されています。

旦那さんも小説家の波多野鷹さんです。

ドラクエ5のリュカ問題などでちょっと話題ですね。

久美沙織さんのプロフィールや作品集、

45歳で高齢出産のときの様子などをまとめました。

スポンサーリンク

 

久美沙織さんのプロフィール

本名:波多野稲子(旧姓:菅原)

ペンネーム:山吉 あい→五連星 いつみ→久美 沙織

生年月日:1959年4月30日

出身地:岩手県盛岡市

学歴:上智大学文学部

家族:夫(波多野鷹)娘1人

上智大学在学中の20歳の時、小説誌『小説ジュニア』(後の『Cobalt』)にて、

山吉あい名義の作品『水曜日の夢はとっても綺麗な悪夢だった』で小説家デビューします。

ちなみに、山吉あいというペンネームはこの時だけだったそうです。

その後は、

宿なしミウ

丘の家のミッキー』(全10巻)

を出版します。「丘の家のミッキー」は最盛期には初版が10万部以上刷られていたそうです。

もともとゲーム好きだった久美沙織さんは、

1989年に初のゲーム関連作品『MOTHER』を出版されます。

この作品を皮切りに『ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説』など、

エニックス関連作品などのノベライズを手がけられました。

広告

ドラクエ・スクエニ作品集(主にゲーム関連)

MOTHER―The Original Story

女の子(アナ)の視点で物語が展開される。物語の大枠は本編と共通している

MOTHER2

物語の大まかな流れは原作と似ているものの、

「おともだち1」の両足が義足になっていたり少し原作からそれている内容になっています。

小説ドラゴンクエストIV

全4巻 雅語的な単語や表現を豊富に用いたロマンチックな作風が特徴です。

小説ドラゴンクエストⅤ―天空の花嫁ー

全3巻。主人公はリュカ。ゲーム本編には無い小説オリジナルの設定の割合が多い作品です。

小説ドラゴンクエストⅥ幻の大地

全3巻。元々オリジナル設定の多い久美さんによる、

ノベライズの中でも特にその度合いが強い作品です。

ドラゴンクエスト 精霊ルビス伝説

『ドラゴンクエストⅢ』で語られる、

かつて世界を救った勇者ロトと魔王、精霊ルビスの因縁の物語。

7つのオーブや後のロトの剣など、ロトシリーズのキーアイテムが登場する

スポンサーリンク

45歳で高齢出産

久美沙織さんは45歳で初めて妊娠・出産しました。

結婚は31歳なので14年間妊娠しませんでした。

45歳で妊娠ということは不妊治療の果ての待望の妊娠、ではなく、

不妊治療に通おうと思ったときはもう40歳過ぎていて、

治療するには遅すぎるらしいのです。

そのまま何もせずに突然45歳で自然妊娠してしまうのます。

まさに人体の神秘ですね。

しかし、高齢出産には様々なリスクが伴います。

45歳以上の出産ではダウン症の子供が生まれる確率は200例に1人、

平均の5倍にとされています。

夫で作家の波多野鷹さんと悩みましたが、ふたりで出した答えは「検査はしない」。

また、異常ならば産まない、という選択をするつもりがそもそもないのなら、

検査の意味はありません。

「中絶はしない、私たちに育てきれないと判断したら、一家心中しよう

とまで話し合っていたそうです。

無事自然分娩で生まれました。

娘さんのお名前は「咲耶(さくや)」ちゃん。

日本の神話に登場するコノハナサクヤヒメから取ったそうです。

おそらく今は中学生か高校生くらいになってると思われます。

久美沙織さんこれからも良い作品を執筆してください。応援しています。

以上、久美沙織さんについて調べました。

-芸能・エンタメ

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.