ディープインパクト 有馬記念の敗因はコレ 産駒成績と後継種牡馬予想 | kininaru-cafe

競馬

ディープインパクト 有馬記念の敗因はコレ 産駒成績と後継種牡馬予想

投稿日:

ディープインパクトが2019年7月30日に安楽死しました。

サンデーサイレンスを父に持ち無敗での3冠達成など

輝かしい実績を残しました。国内唯一の敗戦は3歳時の有馬記念です。

この有馬記念の敗因について考察しました。

また、後継種牡馬についても見てみました。

スポンサーリンク

ディープインパクト 唯一の敗戦は有馬記念

父 サンデーサイレンス
母 ウィンドハーアヘア

生年月日 2002年3月25日

生産者 ノーザンファーム

獲得賞金 14億5,455万円 (中央)

通算成績 14戦12勝 [12-1-0-1]

主な勝鞍 05皐月賞(G1)、05日本ダービー(G1)、05菊花賞(G1)、

06天皇賞(G1)、06宝塚記念(G1)、06'ジャパンC(G1)、06有馬記念(G1)

まさに平成の最強馬。強かったですねー。G1 7勝!

国内唯一の敗戦は2005年菊花賞後の有馬記念。

覚えてます。ちょっと回顧録。ディープインパクトの単勝は1.3倍でモチロン1番人気

対抗はゼンノロブロイデルタブルースハーツクライ4番人気でした。

スタート後、いつもの追い込みの豪脚ハーツクライがまさかの先行、

騎手ルメールの奇策でした。ディープインパクト騎乗は武豊さん。

第4コーナー回ってスルスルと前に出るディープ、いつもより少し反応が悪い。

それでも一頭ずつ交わし後はハーツクライのみ、しかし・・ハーツクライ粘る、

ルメールの奇策は大当たり!なんとビックリ先行策で半馬身差で振り切った

武豊騎手の「しまった」という顔。悔しい顔をしていました。

 

国内の敗戦はこれだけです。国外の凱旋門賞は3着になるも禁止薬物がでて失格となっています。

【詳しくはこちら】
ディープインパクト 凱旋門賞で負けた敗因は・・・3つある!

 

ちなみに平成の最強馬はディープインパクト

昭和の最強馬はシンボリルドルフだと個人的には思っています。

広告

ディープインパクト産駒の成績 後継種牡馬は・・

主な産駒を見てみましょう

ジェンティルドンナ(牝)

父 ディープインパクト
母 ドナブリーニ

生年月日 2009年2月20日

生産者 ノーザンファーム

獲得賞金 13億2,621万円 (中央)

通算成績 19戦10勝 [10-4-1-4]

主な勝鞍 12桜花賞(G1)、12オークス(G1)、12秋華賞(G1)、
12・13ジャパンカップ(G1)、14ドバイシーマクラシック(G1)、14有馬記念(G1)

歴代牝馬でも最強の呼び声が高いです。

牝馬3冠にジャパンC連覇、ドバイシーマC制覇さらに有馬も制覇。

牡馬じゃないのが残念。産駒に期待ですね

サトノダイヤモンド(牡)

父 ディープインパクト
母 マルペンサ

生年月日 2013年1月30日

生産者 ノーザンファーム

獲得賞金 8億6,512万円 (中央)

通算成績 18戦8勝 [8-1-3-6]

主な勝鞍 16菊花賞(G1)、16有馬記念(G1)

ディープ産駒の牡馬では獲得賞金1位。このあたりが後継として頑張ってほしいです。

ショウナンパンドラ(牝)

父 ディープインパクト
母 キューティゴールド

生年月日 2011年3月10日

生産者 ノーザンファーム

獲得賞金 6億768万円 (中央)

通算成績 18戦5勝 [5-4-3-6]

主な勝鞍 14秋華賞(G1)、15ジャパンカップ(G1)

G1を2勝。立派な成績です。牝馬なので産駒に期待しましょう。

ミッキーアイル(牡)

父 ディープインパクト
母 スターアイル

生年月日 2011年3月12日

生産者 ノーザンファーム

獲得賞金 5億2,948万円 (中央)

通算成績 20戦8勝 [8-4-1-7]

主な勝鞍 14NHKマイルC(G1)、16マイルCS(G1)

マイルG1を2勝しています。ディープの後継候補の1頭ですね。

キズナ(牡)

父 ディープインパクト
母 キャットクイル

生年月日 2010年3月5日

生産者 ノーザンファーム

獲得賞金 4億7,639万円 (中央)

通算成績 14戦7勝 [7-1-2-4]

主な勝鞍 13日本ダービー(G1)

この馬も後継馬の1頭ですね。

ヴィルシーナ(牝)

父 ディープインパクト
母 ハルーワスウィート

生年月日 2009年3月5日

生産者 ノーザンファーム

獲得賞金 4億6,079万円 (中央)

通算成績 21戦5勝 [5-5-2-9]

主な勝鞍 13・14ビクトリアマイルC(G1)

元メジャーリーガー佐々木主浩さんが馬主の馬。

牝馬三冠レース全て2着でしたが、ビクトリアマイル連覇。産駒に期待です。

スポンサーリンク

後継種牡馬候補

ディープインパクトの産駒の種付けはとても苦労します。

何故なら能力の高い馬に

一時代を築いたサンデーサイレンス産駒が多いためです。

サンデーサイレンスはディープの父親なので近親になってしまうのです。

そのなかでもぜひ頑張って頂きたい産駒は、

サトノダイヤモンド


やはりサトノダイヤモンドが筆頭だと思います。

成績でもサトノダイヤモンドは9戦目までは9戦7勝と抜群で

ディープの再来かと言われたほどでした。

母のマルペンサも海外でG1を3勝しています。良血ですね。

去年いっぱいで引退したので、今年種付け初年度で種付け料は300万円。

 

キズナ


初年度に269頭種付けしたキズナにも期待が集まっています。

キズナはダービーを勝ち、凱旋門賞で4着、その前のニエル賞(G2)で勝利しました。

スピードがあり、マイルG1に出ていればベストをみせられたと言われていました。

初年度産駒は2019年デビューでもう勝ち馬が出ています。

ミッキーアイル


マイルのG1を2勝したミッキーアイルも後継馬の1頭でしょう。

ただ距離適性が短いので、菊花賞(3000m)や春の天皇賞(3200m)はきついので、

ディープのような活躍は期待できませんが、マイル路線での活躍を期待します。

ワグネリアン


現役馬で評判が高いのはワグネリアンでしょうか。

2018年のダービー馬で8戦5勝 2着1回 3着1回と安定しています。

母の父にキングカメハメハが入る良血馬です。

 

ディープ産駒にも期待できる種牡馬がいますね。

ディープインパクトも天国で見守ってくれてるでしょう。

それにしてもまだ早いよ・・・ディープよ永遠に!

以上、ディープインパクトや後継種牡馬等について調べました。

 

-競馬

Copyright© kininaru-cafe , 2019 All Rights Reserved.