池江璃花子はオリンピック延期で復活間に合う?今後の選考レースは | スイミージャーナル

最近、気になる事

スイミージャーナル

スポーツ

池江璃花子はオリンピック延期で復活間に合う?今後の選考レースは

更新日:

スポンサーリンク

 

オリンピックの延期が決定しました。1年程度の延期が見込まれています。

気になるのは病気からの復活を目指す池江璃花子選手。

元々は東京オリンピックメダル間違いなしと言われていましたが、まさかの長期入院。

そして不屈の魂で病気に打ち勝ちパリ五輪を目指すと宣言していました。

オリンピック延期でもしかしたら間に合うの?・・なんて思ってしまいますね。

池江璃花子選手の復活を検証してみます。

 

スポンサーリンク

池江璃花子オリンピック1年延期で復活間に合う?

 

東京五輪の延期が正式に決定しました。

現状では1年先の五輪開催を目指すという事になりそうです。

TOKYO2020ではなく2021年の開催ですね。

そうなると、ファンとして期待してしまうのが、水泳界の天使・池江璃花子選手

 

病気療養明けの池江璃花子選手は東京五輪を断念し、パリ五輪を目指すと宣言しました。

でもファンとしては、もしかしたら・・・と期待してしまいますね。

池江選手はひょっとしたら、間に合うのではないか・・。

かなり願望も入っていますが、実際はどうなんでしょうか?

 

池江選手の病気の経過を振り返ります。

 

2019年2月8日 病院で白血病と診断され入院

2019年4月  日大入学し、水泳部入部を発表も活動は未定

2019年6月  一時退院し、公式HPで写真を掲載

2019年9月  日本学生選手権を応援「必ずリベンジしたい」と前向きなコメント

2019年12月  10か月の入院生活を終え、退院したことを発表。2024年パリ五輪を目指すと公言

2020年2月  トレーニングを開始していることを報告。

「自分の筋力の衰えをものすごく感じました」と話していました。

2020年3月  406日ぶりのプールに入ったが、顔はまだ水につけてはいけない様子です。

これは、1年後でも少し厳しいかもしれませんね

もう少し詳しく見てみます。

 

スポンサーリンク

池江璃花子 元々の予定はパリ五輪  オリンピック1年延期で復活?

池江璃花子選手は2019年12月17日に退院した時に、

パリ五輪での表彰台を目指すと話していました。

 

その時のコメントでは、

今後の競技活動については医師と相談しながら、水中トレーニングが可能になり次第開始します。それまでは基礎体力をつけながら陸上トレーニングをしていく予定です

としています。

さらに、医療法人社団昌静会理事長の金村良治医師は

「早ければ1か月くらいでプールに入ることができ、順調にトレーニングを積めれば、

パリ五輪はかなり現実的な目標になるのでは」と指摘しています。

 

パリ五輪の日程は2024年7月26日開幕。

通常の選考だと、2023年の世界水泳で優勝するか、

2024年の日本選手権が選考レースとなります。

 

 

おそらく、池江選手は2023年の世界水泳でのメダルを視野に入れながらの、

2024年のパリ五輪を目指しているのでしょう。

そしてそれが現実的な目標だという事です。

 

アスリートは、1日体を休めると戻すのに3日かかると言われています。

池江璃花子選手の場合は入院期間が10カ月間にも及びました。

単純に3倍の日数がかかるとすると、30カ月=2年半ということになります。

2022年の後半くらいにやっと体力・筋力が戻るというのを計算に入れての

パリ五輪目標という事だったと思われますね。

 

スポンサーリンク

池江璃花子がもし・・選考レースは【オリンピック1年延期で復活間に合う?】

 

それでも、もし仮に2021年東京五輪を目指すとすれば・・・。

そんな事は簡単に期待してはいけない事ですが、

おそらく、2021年4月に行われるであろう、日本選手権が選考レースとなります。

 

参加資格は2020年4月以降のレースで標準記録を突破する事。

もちろん、日本記録を持つ池江選手の体力が戻っていれば可能ですが、

2020年度中に標準記録を突破するのは果たして可能なのか、厳しいのは間違いないです

 

日本のアスリートで白血病から復活を果たした選手として有名な方は、

サッカーの早川史哉選手がいます。

早川選手は将来有望なプレーヤーでしたが、2016年4月、19歳で白血病と診断。

2017年7月まで入院していました。辛いリハビリを乗り越えて2018年10月にプレー復帰しました。

 

池江選手の場合はまず、選手として復帰するまでにどれ位かかるか。

そして日本のトップスイマーになるまでどれほどの期間を要するのか。

さらに、メダルが取れるまでにはやはり相当の期間が必要かですね。

 

やはり過度の期待は禁物です。プレッシャーをかけて負担になってしまうだけですね。

 

スポンサーリンク

池江璃花子オリンピック1年延期で復活間に合う?でネットの声

それでも、日本国民は池江選手の復活を待ち望んでいます。

オリンピックに間に合わなくてもレース復帰の姿を見たいですね。

ネットの声を紹介します。

 

みなさん池江選手を心待ちにしていますね。

プレッシャーに負けないで、一歩ずつ復帰に向けて頑張ってもらいたいです!

 

【話題の記事】

和牛商品券とは どこで使う?なぜ和牛だけなのか ソースは農業新聞

三宅諒の経歴・学歴(高校大学)イケメンでフェンシング銀メダリスト

神村ひよりのwikiプロフ 父親は社長!実家は金持ち?お嬢様学校卒

東京オリンピックからなくなる競技は?なぜ消えた 理由と復活する可能性は

新国立競技場の座席の色が暗すぎない?・・他の競技場と比較しました。

丸山城志郎 東京オリンピック出場はいつ決定?4月にライバル対決!

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-スポーツ

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.