子供の半袖はいつからいつまで着る?何月、気温、日差し、何で決める? | スイミージャーナル

最近、気になる事

スイミージャーナル

知って得する話

子供の半袖はいつからいつまで着る?何月、気温、日差し、何で決める?

更新日:

スポンサーリンク

子供の半袖はいつからいつまで着る?何月、気温、日差し、何で決める?という記事を紹介します

春になると日によっては汗ばむほどの陽気になることもあり、子供に半袖を着せようか迷ってしまうという方も多くいるのではないでしょうか?

子供の半袖はいつからいつまで着るのか?

何月がいいのか?気温や日差し・感覚で決めるのか?

今回はそんな悩みが少しでも解決できるよう、子供の半袖はいつからいつまで着るのか?

ということについて、ご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

子供の半袖はいつからいつまで着る

子供 半袖 何月から

 

最近では4月半ばになると汗ばむ日もでてきたりと、大人でも着る服に迷ってしまいます。

子供は大人よりも代謝が良いので、半袖をいつから着せるか頭を悩ませてしまう

というママも少なくありません。

 

自分で判断が出来ないのが子供なので、いつも通り長袖で行くと周りは半袖ばかり。

という事も結構あります。親の判断が重要ですね。

 

制服がある場合はその都度調節を

子供が幼稚園の場合、多くの幼稚園で制服があります。

制服の場合は6月と10月の衣替えを目安に、夏服・冬服への切り替えがありますね。

 

しかし、最近では5月や10月半ばになっても汗ばむ日が多くなっています。

「決まりだから」と子供が汗びっしょりになっているのに長袖を着せていては、

子供が可哀そうですね。

 

幼稚園によって対応が異なるため、制服の場合は気温に合わせて半袖を着てもよいか

幼稚園に確認しておくと安心できそうです。

 

スポンサーリンク

何月、気温、日差し、何で決める?

子供 半袖 何月から

子供の半袖をいつから着せるか迷ったときは、

気温を1つの目安にしてみると良いかもしれません。

 

気温の目安

一般的に、半袖にするかどうかは次のような服装指標を目安にすると良いといわれています。

 

最低気温15℃以下…重ね着や服の服装、コート

15~20℃…半袖や長袖+羽織るもの、春秋の服

20~23℃…半袖と長袖どちらでもOK

23~25℃…長袖だと暑いと感じる

26℃以上…半袖や夏の服装

 

多くの方が迷うのが最低気温が20~23℃くらいの時期なのではないでしょうか。

こういった場合は、その日の最高気温も合わせてチェックしましょう。

 

最高気温も25℃以上で最低気温が20~23℃くらいであれば、半袖でも問題ないでしょう。

ただし、最高気温はその日の午後2~3時に記録しやすい傾向が。

そのため、習い事やお迎えの関係で子供の帰りが夕方になるときは、

半袖だけだと寒い可能性があります。

不安なときは、サッと羽織れるパーカーを子供に持たせておくと良いかもしれませんね。

 

その日の天気も重要

気温と合わせてチェックしておきたいのが、その日の天気。

日差しがあるのとないのとでは、同じ気温でも体感温度が3~5℃ほど変化するといわれています。

 

朝から日差しも強く最高気温が25℃であれば、朝から半袖でも良いかもしれません。

曇りや雨、風が強いときは最高気温が25℃であっても、

そこまで気温が上がらない・肌寒く感じることもあります。

 

お出かけ前には1度外に出て、実際に天気を確認して半袖を着るかどうか判断すると

確実といえるでしょう。

 

子供の半袖は基本は6月から9月が一般的

子供 半袖 何月から

子供に半袖を着せるか迷ったときは、基本ベースは衣替えの季節に合わせてみると良いでしょう。

 

衣替えの時期に合わせて、半袖は6~9月までが基本ベース

6月の衣替えで夏服、10月の衣替えで冬服に替えるのが一般的な目安。

子供へ半袖をいつからいつまで着せていいのか迷ったときは、

衣替えの時期を目安にしてみると良いでしょう。

といっても、最近は異常気象が続き6月や10月も暑い日が続きます。

衣替えの時期はあくまでも目安であって、

その前後で暑い日は気温に合わせて半袖を選ぶようにしていきましょう。

 

その日の最低気温に合わせ、脱ぎ気しやすい服にするのが一番大事

6月や10月は朝晩冷える日もあるため、必ずその日の最低気温もチェックしましょう。

最高気温が高いからと朝から半袖・半ズボンでは、

気温の変化に対応できず風邪を引いてしまう可能性が…。

 

この時期は脱ぎ着しやすいパーカーやカーディガンといったアイテムを、

上手に活用していくのがおすすめです。

 

子供にパーカーやカーディガンを持たせるときの注意点が、

子供自身が脱ぎ着できるものを選ぶということ。

子供が自分で脱ぐことができないと、「暑い」と感じたときに

すぐに脱ぐことができずに汗をかいてしまいます。

あらかじめ、自分で脱ぎ着ができるか確認して持たせるようにしましょう。

 

暑くても肌着は着た方がいい

真夏の時期になると暑いからと、子供に肌着を着せていない人もいます。

暑い時期に肌着を着ていないと、半袖が直接汗で濡れることになります。

 

洋服の素材によっては吸収性が悪いため、肌着で汗を吸い取らないと

体が汗で冷え風邪をひいてしまいます。

肌着を着ていれば汗をかいても、肌着だけ着替えるだけで済みます。

暑いからこそ、子供には肌着を着せておくと覚えておきたいものですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

子供の半袖はいつからいつまで着競ればよいのかをまとめました。

何月、気温、日差し、で臨機応変にその都度決めるのは結構大変です。

子供の半袖は衣替えを切り替えに、基本的に6~9月を目安にすると良いでしょう。

6~9月以外でもその日の最高気温や最低気温・日差しの強さによって暑くなりそうであれば、半袖を着せるという判断をすることも大切です。

また、子供によって暑がり・寒がりといった体質もあります。

その場合は子供の意見を尊重して、暑くなった時にすぐ脱ぐことができるような服装を上手に活用していくと良いかもしれませんね。

以上、子供の半袖はいつからいつまで着る?何月、気温、日差し、何で決める?の記事でした。

スポンサーリンク

-知って得する話

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.