オフィス加藤のメンバーは 個人事務所? 結成はケンカの仲裁から | kininaru-cafe

お笑い

オフィス加藤のメンバーは 個人事務所? 結成はケンカの仲裁から

更新日:

オフィス加藤というのは極楽とんぼの加藤浩次さんを支持する芸人たちのことです。

加藤浩次さんの個人事務所や会社とかではありません。

極楽とんぼの相方山本圭壱さんを支持する軍団山本に対しての派閥だと言われていますが、

軍団山本ほど大人数ではありません。

先日の闇営業事件でロンドンブーツの亮さんに対しての感情の高まりも亮さんがオフィス加藤のメンバーだからです。

オフィス加藤について調べました。

スポンサーリンク

オフィス加藤のメンバー

ココリコ田中

ココリコは2人とも大阪出身ですがNSC(吉本の養成所)に入らずオーディションで東京の吉本に入ります。

そこで先輩だったのは、やはりNSCに入らず吉本入りしていた極楽とんぼでした。

銀座7丁目劇場でお互い売れない時代を過ごし、

当時3年でお笑いをやめようと思っていた中さんに、

まだ売れていなかった加藤浩次さん

大丈夫だよ、おまえらは」と言われたそうです。

その後、加藤浩次さんがどんどん売れていき、

その様子を間近で見ていて、本当に大丈夫かもと思ったそうです。

当時「ココリコボンバーズ」だったコンビ名を

ココリコ」への改名するのも加藤浩次さんの助言からでした。

そしてほどなくTV番組でレギュラーを持つなど活躍していきます。

加藤浩次さんとは映画好きという共通の趣味もあり、

誕生日も4月26日と一緒なのでお互い祝いあっている。

ロンブー亮

ロンドンブーツ1号2号は渋谷で路上漫才をやっていて

その後銀座7丁目劇場のオーディションを受けて吉本入りしました。

極楽とんぼ、ココリコの後輩になります。

先輩の極楽とんぼにはお世話になり、

相方の淳さんは軍団山本に入り、亮さんは加藤浩次さんと懇意になります

また、デビュー直後に亮さんに金髪を勧めたのは加藤浩次さんです。

やはりその後にブレイクします。

闇営業問題では真剣に亮さんのことを怒っていました。

広告

おぎやはぎ矢作

極楽とんぼのファンだった矢作さんは、

地元の先輩が働いていた中目黒のバーに寄った時に

バイトで入っていた加藤浩次を見てびっくりしたと言います。

その後、そこに通うようになり、親しくなると「浩次君」と呼ぶ間柄になります。

加藤浩次さんは矢作さんに才能があると思ったのか、

お前、芸人になれよ」と言われ、

小木さんを誘って芸能界入りします。

芸能事務所を決めるときに加藤浩次さんに

「吉本だけはやめとけ」と言われ、人力舎に入ります。

伸び悩んでいた時期に、矢作もメガネかけてWメガネにした方がいい

と言われ、コンタクトだった矢作さんもメガネをかけるようにしました。

するとたちまち売れていったそうです。

矢作さんは「浩次君」だけでなく、

田中君」「亮君」と先輩とか関係なく呼ぶそうです。

スポンサーリンク

ケンカの仲裁から始まった

オフィス加藤軍団山本の結成は極楽とんぼのケンカから始まったと言われています。

ある日極楽とんぼ、ココリコらで居酒屋でご飯を食べ、お酒を飲んでいました。

結構飲んだ後に、ココリコから、

「極楽さんてどっちが腕相撲強いんですか?」と言われ、

「俺だろ」「おめえの訳ねえだろ俺だろ」という事で

腕相撲勝負をすることに

結果は山本圭壱さんが勝利!

納得いかない加藤浩次さんは、「おかしい」

「そんなもん、手が短い方が強いに決まってんだろ」

酔っぱらってますね(笑)

言い合いが続いたあとにもうひと勝負。

・・・また山本圭壱さんが勝ちました。

やはり加藤浩次さんが

「手が短い方が地面近いから強いんだよ」

山本圭壱さんも

「はあ、そんな訳ねえだろ、じゃあ赤ちゃんの方が強いのかよ」

酔っぱらって大ゲンカになります。

お互いつかみ合いになったところをココリコが止めに入りました。

加藤浩次さんを止めたのが田中さん

山本圭壱さんを止めたのが遠藤さん

ここから

加藤浩次さんと田中さんがオフィス加藤になり、

山本圭壱さんと遠藤さんを中心に軍団山本が出来ていったそうです。

 

それにしてもケンカの理由が笑えますね。

お互い若いし、お酒も入っていたのでしょう。

以上、オフィス加藤のメンバーについて調べました。

【関連記事】吉本印天然素材メンバーって? ファンクラブ2000人→85人の謎

-お笑い

Copyright© kininaru-cafe , 2020 All Rights Reserved.