石綿芳美 wiki風プロフ 旦那と結婚・離婚 その後の大失恋とは | スイミージャーナル

芸能・エンタメ

石綿芳美 wiki風プロフ 旦那と結婚・離婚 その後の大失恋とは

投稿日:

石綿芳美さんが話題ですね。

石綿芳美さんはラジオ出演などもしますが、

ジャズを中心にライブ活動をするシンガーでもあります。

多摩美大出身でで個展を開いた経験もあるそうです。

そしてプライベートでは結婚・離婚を経験しています。

多彩な才能を持つ石綿芳美さんを深掘りします。

スポンサーリンク

 

石綿芳美wiki風プロフ 旦那と結婚・離婚

氏名:石綿芳美(一時期は安石よし美)

本名:石綿芳美(いしわたよしみ)

生月日:9月1日

年齢:50か51歳位

出身:神奈川県中郡二宮町

学歴:多摩美術大学絵画科日本画卒

血液型:O型

 

石綿芳美さんは、高校卒業後、立川美術学院(美術予備校)へ1年通い、

翌年多摩美術大学絵画科へ入学します。

多摩美大は4年間で入学金含めて1000万円位かかる大学です。

実家は裕福だったかも知れないですね。

年齢は1年予備校+大学4年間で1993卒業なので2020年で50歳か51歳位でしょうか。

 

大学卒業後は、花屋に勤めながら絵画制作に没頭し、グループ展や個展なども開いています。

絵画制作を続けながら、jazzボーカルに興味を持ち、レッスンを受講しました。

2002年3月より本格的にjazzシンガーとしてライブを行います。

その間に結婚・離婚を経験しています。

2007年には、オリジナルシングル「ちいさなかどでのうた」「つばさ」をリリースしました。

現在もラジオ出演や各地でライブ活動を精力的に行っています。

 

 

石綿芳美wiki 名前の変遷

 石綿芳美さんは名前を良く変えています。

ブログ内でその理由を説明していますが、

石綿芳美というのは本名です。

その後姓名判断で「石綿 芳美」を調べたら

あらゆる人生の苦難が書いてあった。死まで告げられていた

という診断を受け「芳美」を「よし美」に変えたそうです。

 

結婚した時は「米本よし美」だったとブログに綴っています。

その後、活動名(芸名?)を「安石よし美」として歌手活動をしていました。

その後今度は本名の「石綿芳美」に戻って活動しています。

スポンサーリンク

 

石綿芳美wiki 旦那と結婚・離婚・失恋

石綿芳美さんは結婚・離婚をしています。

石渡さんが元旦那さんの米本さんと会ったのは、多摩美大に通っていた時だそうです。

その時の事を石渡さんは、

「銀色の光を放っていたのですぐにこのひとだ、とわかった。」

と綴っています。何かオーラが見えたのでしょうか。

 

そして、べつだん告白もなく当たり前のように自然に寄り添いはじめたそうです。

おそらく、同じ大学に通っていたのでしょうか。それともサークルで会ったのかもしれません。

多摩美大の課題は厳しくて有名です。課題で徹夜する事もあると聞きます。

ですから、他大の人と付き合うのは厳しいかもしれません。

やはり同じ多摩美大の方が可能性高いですね。

 

そして20代で結婚した石渡さん幸せな日々を送ります。

結婚後に、やりたかった歌に夢中になり、中本マリさんの付き人になりました。

その後に30代で離婚してしまいます。

付き人の忙しい生活と結婚生活とひずみが有ったのでしょうか。

 

離婚して数年間は自分を嫌いになり、一番闇だったと綴っています。

その後、やっと大切にしてくれた元彼に出逢ったとも書かれています。

誰でしょうか?

結婚する前の彼でしょうか。多摩美大の彼でしょうか?わかりません。

 

とにかく、離婚後にができたようです。

しかしその彼ともゴールは出来ませんでした。

数年でどうしてかあらゆるストレスの病を体験したあと大失恋。

ストレスの病を経験したようですね。そして失恋。

 

その後は家族のような仲間と音楽活動を楽しんで行っていると綴っています。

 

広告

石綿芳美wiki ジャズを始めた理由

 

多摩美大卒の石綿芳美さんは何故ジャズに興味持ったのでしょうか?

石綿芳美さんは 1997年、ジャズシンガー中本マリのライヴに感動して、

以降ライヴに通うようになり、付き人になります。

 

ジャズシンガー中本マリとは

本名:中本マリ(なかもとまり)

生年月日:1947年3月26日

出身:宮城県仙台市

 

実力派女性ジャズシンガー

1970年、赤坂のジャズ・クラブでジャズ・ヴォーカリストとしてデビュー。

1985年水島早苗賞グランプリ獲得

1991年にはジャズ・ディスク大賞日本ヴォーカル賞受賞。

1997年からNHK『BSジャズ喫茶』で1年間のレギュラーを務めました。

 

そんな中本マリさんの付き人を3年経験し、ライブの内部などを勉強しました。

2001年9月、浅草Jazz Janomeの3beautiesという企画ライヴ参加。

2002年3月頃より本格的に活動し始め、7月に初リーダーライヴを行いました。

 

石綿芳美さんはジャズを始めた理由を次のように語ったことが有ります。

それは、ルイ・アームストロングやエラ・フィッツジェラルド、

そしてそれらのジャズを日本語でうたったエノケンさん、

流れをついだ九ちゃんなど、

人生のどん底さえもたのしい音に変えて笑い飛ばしてしまう明るさと、

それでも消しきれない悲哀が、ヒューマニズムとして迫ってきたからでした。

ヒューマニズム、深いですね。

 

石綿芳美さんは、結婚・離婚・大失恋を乗り越えて頑張ってらっしゃいます。

 

以上、石綿芳美 wiki風プロフ 旦那と結婚・離婚 その後の大失恋とは の記事でした。

 

 

 

 

 

-芸能・エンタメ

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.