エスパー伊東 嫁なし独身で生活保護 絵画で復帰を目指しリハビリ中 | スイミージャーナル

芸能・エンタメ

エスパー伊東 嫁なし独身で生活保護 絵画で復帰を目指しリハビリ中

投稿日:

超能力者ならぬ「高能力者」として一躍有名になったエスパー伊東さん。

芸能活動を病気により休止されるということで話題にもなりました。

意外な活動ジャンルや絵画での実力など、多彩な才能を持ったエスパー伊東さん。

現在は歩くことも困難で、嫁もいないため生活保護を受給しているという話も。

エスパー伊東さんを紹介します。

スポンサーリンク

 

エスパー伊東が生活保護?嫁はいなく独身

カバンの中に入ってしまう「カバン芸」で有名なエスパー伊東さん。

 

そんなエスパー伊東さんが病気を発表したのは2018年12月の事でした。

病名は「変形股関節症」

変形股関節症は股関節の軟骨が変形し、歩行さえも困難になってしまいます。

無理な体制で軟骨がすり減ってしまい、変形してしまった事が原因です。

 

エスパー伊東さんは治療に専念するために入院・手術する事が発表されました。

芸能活動も休止状態となります。2018年12月の事です。

 

変形股関節症手術は翌年2月に行われ、リハビリに専念していましたが、

今度は脳梗塞を発症してしまいます。

実はこの病気は、周囲の血管も変形し動脈硬化を起こしやすく、

血栓などが原因で脳梗塞・心筋梗塞などを引き起こすことがあるそうです。

 

所属事務所・オフィス庄屋の社長ビトタケシさんは

「1人では生活できないので、食事を作ったり買い物行ったりはできない、

トイレに行くのも今の状況だと無理」

と話していました。

 

エスパー伊東が生活保護?

 

1年以上も仕事をしていないエスパー伊東さんは治療費・入院費がかさみ、

現在は生活保護を受給しているという噂です。

 

生活保護とは一体いくらもらえるのでしょうか?

生活保護は世帯人数や地域によって変わってきます。

 

エスパー伊東さんは現在独身で、面倒を見ているのは事務所社長のビトタケシ氏です。

ビトタケシ氏はビートたけしさんのモノマネをする芸人ですね。

この事務所・オフィス庄屋は東京都文京区にあるので、

エスパー伊東さんの入院先も近くにあるのではと予想します。

 

東京23区内で独身世帯の生活保護費は、

132,930円となります。

 

しかし、これは一般的に住居に暮らしている人の金額で、

入院していると生活扶助の光熱費の部分が削られ、

さらに6か月以上の入院で住宅扶助も削られます。

入院代は無料になりますが、それらがない生活保護費はなんと、

23,150円となります。これは厳しいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

エスパー伊東は嫁なし独身 エスパー伊東ってどんな人

エスパー伊藤さんは1960年12月26日に熊本で生まれました。

本名は伊東万寿男(いとう ますお)といい、

子どもの頃から人を驚かせることが好きだったそうです。

 

28歳の時に「不思議サークル」を主宰したことからテレビに出るようになります。

「投稿!特ホウ王国」(1994~1996年放送)などでは本名で活動されていました。

ちなみにこの番組では、Mr.マリックさんも栗田真澄という名前で出演していました。

 

「エスパー伊東」という名前に変えたのは、1991年のFNS27時間テレビ(フジ系)がきっかけ。

上半身裸に黒スパッツ姿で、ボストンバックにすっぽりと収まり、そこから登場するという芸。

他にも扇風機舌止めやゴム手袋鼻息割り高速電話帳破りなどを披露しました。

 

テレビ出演の他にも結婚式の余興をしており、

なんと年収2,000万円ほど稼いでいたこともあるそうです。

 

芸人のイメージが強いエスパー伊東さんですが、他にも多方面で活動されていました。

たとえば、乃木坂46のシングル「太陽ノック」のType-Bでは敵役としてPVに出演

元AKB48の片山陽加出演の映画『地球防衛ガールズP9』では宇宙芸人役で出演しています。

 

他にも、Play Station3用ゲームソフト「龍が如く OF THE END」ではゾンビ役で登場。

さらには置き配バッグ「OKIPPA」のコマーシャルに起用されたこともあります。

広告

 

エスパー伊東は嫁無し独身 絵画の才能もすごかった!

エスパー伊東さんは多彩の才能の持ち主で、絵画の才能もあります。

 

ブログでも自分で描いた絵を紹介したり、

テレビ番組で「絵が上手い芸人」として出演したりしています。

昔描いた魚の絵は、図鑑に掲載されるほどのクオリティ。

とても繊細で精巧なタッチの画風なので、模写などが得意なのかもしれません。

 

 

そのルーツはなんと学生時代から。

絵画コンクールで入選するほどの実力の持ち主だったそうです。

その後、24歳の頃には漫画家のアシスタントをしていた経歴もあります。

 

1980年代に連載されていたテニス漫画「ジャストACE」(週刊少年ジャンプ)や、

パチンコ漫画で有名な谷村ひとしさんなどのアシスタントだったとか。

さらにモーニングや漫画ゴラク、ビックコミックなどの雑誌でも

アシスタントを経験されていました。

 

現在は病気療養中のエスパー伊東さん。

歩くことが困難で絵画の道で復活を目指しています。

エスパー伊東さんの1日も早い回復をお祈りします。

 

以上、エスパー伊東 嫁なし独身で生活保護 絵画で復帰を目指すの記事です。

 

【人気の記事】

TOKIO解散する?理由は長瀬智也退所でもう音楽活動はできないこと

中居正広の退所にはキムタクとの確執が関係していたのか

 

 

 

 

「」で検索:

-芸能・エンタメ

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.