堀内さやかシェフ のwiki経歴 女性板前店の口コミ・料理を紹介 | スイミージャーナル

芸能・エンタメ

堀内さやかシェフ のwiki経歴 女性板前店の口コミ・料理を紹介

投稿日:

新宿御苑から外苑東通りを徒歩で10分ほどのところにある「御料理ほりうち」 。

素材を生かした日本料理を提供するこの店のオーナーシェフ の堀内さやかさん。

男性ばかりの日本料理の世界では かなり珍しく、

テレビで取材をされたこともあります。

そんっば 堀内さやかシェフのwiki経歴・お店の口コミなどを深掘りします

スポンサーリンク

 

堀内さやかシェフのwiki風プロフ・経歴

名前:堀内さやか

生年月日:1977年10月24日

出身:山梨県笛吹市

 

堀内さんが調理師学校を卒業した頃は、

女性で板前を目指す人は今よりもっと少なかったといいます。

女性の手はあたたかいので温度管理が必要な生ものを扱うのにむいていないという説があり、

調理場での仕事は力仕事も多く、指導も厳しいので、

女性にはむいていないと思われていたのです。

 

修業をしようにも女性であることを理由に断られることの連続。

それでも頭を下げ続けて、見習いとして受け入れてくれたのがホテルのレストランでした。

 

堀内さんが苦労話を売りにしないのは、料理で勝負しているという自負があるからでしょう。

料理に向き合う姿勢と確かな技術が認められ、

その後、日本料理店「旬菜 神楽坂 ざざ」の料理長に就任。

 

 

大勢のお客様を相手にするホテルのレストランと、

お客様と近い距離で関わる小規模な料理店、

タイプの違うふたつの店での経験が堀内さんをさらに進化させたのではないでしょうか。

 

最初から独立して店を持とうと思っていたわけではないという堀内さんですが、

「旬菜 神楽坂 ざざ」の閉店が決まると、周りの人から、自分で店をやってみたら、

と言われるようになりました。

 

2018年7月、新宿区荒木町にオープンした「御料理ほりうち」

堀内さんは今、「自分の出したい料理を出せる楽しさを満喫しています。」

と晴れやかな笑顔で店に立っています。

スポンサーリンク

 

堀内さやかシェフの料理 御料理ほりうち

 

「御料理ほりうち」のメニューの中には、

普通の日本料理店では出てこないようなものもあります。

店の看板メニューの「鶏のもつ煮」も、そのひとつです。

 

堀内さんの故郷 山梨の郷土料理で思い入れのある一品なのだそうですが、

メニューにのせるにあたって、

一流の日本料理店にはふさわしくないとの意見もあったそうです。

 

(https://crea.bunshun.jp/)

 

しかし、素材から厳選し、洗練された日本料理の調理法でしっとりと炊きあげられた

「鶏のもつ煮」は、お客様から大好評で、店の看板メニューになっているのです。

「豚のしょうが焼き」や「おばんざい」も堀内さんが作れば、

一味も二味も違ったものになります。

 

「食材本来のおいしさをお客さんに楽しんでもらいたい」という堀内さん。

調理法だけでなく、素材選びにも一切妥協がありません。

鮮度や産地にこだわった旬の素材で、舌の肥えたお客様をうならせています。

 

ほかにも

「白身魚のカブみぞれ鍋」

河豚のたたきイクラのせ」

「ふかひれスッポン鍋」

「骨抜き鱧 バター焼き」

蟹の蟹玉」

「クリスピー鮎」

「スッポンの茶わん蒸し」

「松茸のフライ」

「鯖の押し寿司」

など、季節によって工夫をこらし、

一品一品こだわりぬいたメニューがコースで楽しめるようになっています。

(https://tabelog.com/)

 

コースの終わりは、「土鍋ご飯」「おばんざい」「青森産蜆の味噌汁」

山梨の季節の果物などをつかった甘味も付きます。

かまどで炊いた「土鍋ご飯」のお米は、福井の「いちほまれ」で、

堀内さんが惚れ込んだお米です。

生産量が少なく入手困難らしいのですが、頼み込んで送ってもらっているのだとか。

 

料理に合うお酒も豊富に取り揃えられています。

日本酒や焼酎だけでなく、ワインも数種類あるそうです。

素朴な素材で構成された料理は、盛り付けも上品で、

最近もてはやされているSNS映えを意識したものではないとわかります。

 

あえて奇抜な盛り付けやパフォーマンスはしないのでしょう。

滋味深くやさしい味わいは、食べた人に感動を与えます。

堀内さんは、そのことを承知しているのかもしれません。

 

広告

堀内さやかシェフ 御料理ほりうちの口コミ

そんな堀内さんのお店の口コミを見てみました。

どなたも高評価をつけているのが、お見事です!

 

「店主の愛情が感じられる、やさしい味」

「一品一品が細やかで美味」

「客の好みを聞いて、料理に合う日本酒をセレクトしてくれる」

「季節によってメニューも変わるので、何度来ても飽きない」

「どの料理も予想以上においしかった」

「毎週、食べに来たい」

というように料理やサービスに対する満足度が非常に高く、リピーターさんも多いようです。

 

「落ち着いて料理を楽しめる雰囲気で居心地がいい」

「上質な時間を過ごせる空間」

「トイレが男女別々なのは女性店主らしい心配り」

など、お店の造りや雰囲気を褒めるコメント

 

「店主が気さくで良い方だった」

「サービスのおねえさんも感じかいい」

など、堀内さんと従業員さんに対するコメントもありました。

盛況な理由がわかりますね。

 

堀内さやかシェフの店 御料理 ほりうち お店の場所は

 

御料理 ほりうち(おりょうりほりうち)

所在地 東京都新宿区荒木町9-15 土田ビル1階
電話番号 03-3226-2337
営業時間 16:00~23:00
定休日 日曜・祝日

 

 

【メニュー】
コース 10,000円、13,000円、18,000円

【席数】
カウンター 6席、個室1部屋(4席)

 

 

堀内さやかシェフ wiki・経歴 女性板前店の口コミまとめ

(https://magazine.hitosara.com/)

 

幼いころから祖母と台所に立つのが好きだったという堀内さやかさん。

厳しい日本料理の世界に身を投じ、板前として認められるようになり、

独立して店を持つまでになりました。

 

日本料理の板前とは、

生ものの扱い・煮物・焼き物・揚げ物・味付け・盛り付けなどのすべての技術を習得し、

師に認められ、お客様の前で調理することを許された調理人のことです。

 

見習いから始まり、最低でも5年以上の修業が必要と言われています。

繊細な味を見極める舌と手先の器用さに加え、

修業中は厳しく仕込まれることが多いため、

強い精神と意志を持っていないと、板前という地位にはたどり着けないでしょう。

 

修業時代の苦労などはあまり明かされていませんが、

女性ゆえに人一倍の努力が必要だったであろうことは、容易に想像ができます。

 

開業するにあたり、資金のことも物件のこともわからず、

多くの人に助けてもらったと、ご本人は言っています。

堀内さんの実績だけでなく、ひたむきさや持ち前の明るさ、

謙虚な人柄が周りの人を惹きつけたのでではないでしょうか。

 

堀内さやかシェフ wiki・経歴 女性板前店の口コミの記事でした。

 

 

【人気の話題記事】

中居正広会見内容【要約】質疑応答まとめ のんびり中居(新会社)

奥村秀一なぜ同棲解消した?理由は 槇原敬之とパートナーB氏の関係は

加藤紗里はモトキと付き合ってない!ウソ?噂を検証してみた

 

 

 

 

-芸能・エンタメ

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.