育休給付金 おかしい?問題点は 給付率を上げても解決しないと批判 | スイミージャーナル

ニュース

育休給付金 おかしい?問題点は 給付率を上げても解決しないと批判

投稿日:

育休給付金が現行の67%から80%へ引き上げる事を検討しています。

低迷する男性の育休取得率を増やし、少子化に歯止めをかけたいようですが、

これに対し、「これじゃない」「ずれている」という声が上がっています。

先日は小泉進次郎大臣が育休取得を公表し、それを受けての引き上げ検討なのでしょうか?

批判の声の内容を深堀します。

スポンサーリンク

 

育休給付金を80%へ引き上げ

政府は育休給付金の割合を引き上げる検討をしていると公表しました。

育休給付金の現在は?

育休給付金の現在は、育児休業取得日から

180日までは休業開始時賃金日額×67%

181日以降は休業開始時賃金日額×50%

が支給されています。

 

これを180日までの67%を80%へ引き上げ、

181日以降の50%もさらに引き上げる検討をしているというもの。

 

しかし、現状は

しかし、現状は育休給付金を貰っているのは出産女性の4割弱。

男性は数%の割合。

 

 

 

育休給付金は職場復帰は条件のようになっているので、

妊娠して結婚退職すると貰えません。

出産育児後まで面倒見てくれる企業はかなり優良企業となります。

一般の事務や普通のOLなどではその恩恵は受けていないのです。

 

スポンサーリンク

育休給付金の問題点 おかしい

 

育休給付金の問題点は現状、直すことは難しいと思います。

無いよりは有った方が良いと思うので、見直すとかはあまり関係ないでしょう。

 

問題点は今回の引き上げで、

少子化に歯止めがかかると政府が考えている事です。

 

 

子育てで本当に苦労しているのは、育休給付金を貰っていない家庭であり、

育休給付金を貰っている裕福な家庭の恩恵を厚くするだけだと批判されています。

 

ましてや、男性の育休取得率を増やしてそれを全て税金で賄うというのです。

男性の取得率数%は女性の取得率よりはるかに低いのです。

その理由は、取得出来る企業が少ないという事ではないでしょうか。

 

小泉進次郎大臣が取ろうが何しようが、

取得が厳しいとされる業界ではおそらく何も変わりません。

 

具体的に言えば、人手不足が懸念されている業界の

飲食業界、介護業界、運送業界、新聞配達、警備員・・

などが育児休暇など取れるはずがありません。

 

しかし、政府はその一部の育児休暇が取れる業界、

つまりお金に苦労していない家庭に向けてさらに割合を上げようとしているのです。

ここに批判が集中していますね。

 

広告

小泉大臣の育休取得と関係ある?ネットの声は

少し前に小泉進次郎議員が育休取得を公言しました。

育休期間は2週間程度という物でした。

休業中は「テレワーク」や短時間勤務などを活用しつつ、

一部の公務は小泉氏の代わりに副大臣や政務官が務めるそうです。

 

育休を取る理由として、

「制度だけではなく空気を変えていかなければ、育休を取得する公務員も増えていかない」

と話していました。

 

>>小泉進次郎大臣の育休に不評・否定的の声が 理由を考察してみた

 

これで空気が変わって、支給額の割合を上げて少子化対策になる。

という事なのでしょうか?

どうなんでしょうか?

 

ネットの声をまとめました

ネットの声

結局、公務員などしっかりしたところに勤めている人だけが恩恵を受けるんですね。非正規雇用や中小企業は育休なんて取れないからね。格差が更に広がるが、これでいいのか。

少子化の原因は、育児環境が悪いからではありません。結婚適齢期の8割が貧乏だからです。少子化対策を充実させるのは悪いことではありませんが、そもそも結婚しない8割と、3人目4人考える2割と、二極化が進むことになるでしょう。

大企業への優遇措置。
育休ではなくそもそも論として
所得が低く重税国家なので
結婚〜出産できないというのが
根本的な問題なのだがね。

6年、育休とって辞めた人いたよ。3年で辞めた人も何人も。本当に迷惑。もらうものだけもらって、義務を果たさない人には返還する制度を作って欲しい。逃げ得な制度、保育園のわざと落ちとか、ずるいやつはいくらでもいる。こんなことで出生率が上がるはずがない。

育休よりも、子供3人以上いる家庭は住民税・社会保険料を減免にしたらいいと思う。
経済的理由で3人目作るか迷ってる家庭は多いです。

まだ分からんのか、アホ政府・・。こういうことをやればやるほど、民間レベルではそういう対象者を雇いたくなくなるんだよ。結果、非正規雇用ばかりになる。
そうして、そういう人たちに企業は教育や経験を積ますような場面を提供せず、格差が広がっていくんだよ。

世間が求めているのは、どの組織にも余剰人員を抱えられていて、何かあった時、代替え手段があり、体調不良や家庭の用事なんかでも割と簡単に有休が取れること。

 

うーん。やはり「これじゃない」という意見が多いですね。

 

以上、育休給付金 おかしい?問題点は 給付率を上げても解決しないの記事でした。

 

 

 

 

 

 

-ニュース

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.