固定電話に出れない人が増加!会社ではまだ必要?メリット・デメリットをまとめ | スイミージャーナル

知って得する話

固定電話に出れない人が増加!会社ではまだ必要?メリット・デメリットをまとめ

更新日:

携帯電話・スマホの普及により固定電話の必要性が疑問視されています。

もう一般家庭ではほとんど使ってないのでないでしょうか。

 

ところが会社では固定電話の方が主流です。

家庭で固定電話を使用したことが無い世代などは、

不特定多数からかかってくる固定電話に恐怖を覚え、「固定電話に出れない」

「固定電話恐怖症」という症状がでてしまうと言われています。

固定電話恐怖症という言葉は20代の若者を中心に広がっており、

多くの若者が共感しています。

そこで、今回はそもそも会社に固定電話は必要なのか?

固定電話恐怖症と何なのか、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

固定電話に出れない人が増加 会社に固定電話って必要? 

 

携帯・スマホが普及し、どこでも電話が使えるようになった今、

そもそも会社に固定電話は必要なのでしょうか?

 

8割以上の会社で固定電話が必要と考えている

ある会社がビジネス100人にアンケートをとったところ、次のような結果が出ています。

 

・固定電話は必要…85%

・必要ない…15%

 

上記を見ても、8割以上の人が会社には固定電話が必要と考えていることが分りました。

必要ないと答えた人は、営業で日ごろ固定電話ではなく携帯電話でやり取りしているから

といった理由によるものだそうです。

 

起業する際は、固定電話があると便利

固定電話を日ごろ使わないことから、

最近では起業する際も携帯電話しか使わないという人も増えています。

 

しかし、起業する際は以下の理由から固定電話があると便利といわれているのです。

 

・携帯電話の番号が変わると、その都度登記の変更をしなければならない

・営業電話は多くかかってくる可能性がある

 

仕事が軌道に乗ったら固定電話を取得するから、

始めは携帯電話でいいという場合も登記の変更をしなければなりません。

登記手続きは必要書類も多く面倒なため、

仕事が軌道に乗り忙しい時期にできれば避けたいもの。

 

また、携帯番号を登記登録するとそこへ営業の電話がかかってきます。

かかってくる電話の本数にもよりますが、

プライベートがなくなってしまうという可能性もありますね…。

 

ところが、最近では、会社の固定電話を取れない、体が固まってしまう、

といった「固定電話恐怖症」という症状がでる若者が増えていると言います。

スポンサーリンク

 

固定電話恐怖症とは  固定電話に出れない人が増加

 

固定電話恐怖症は、固定電話へ出るのが苦手・怖いといった20~34歳の若者を中心に

共感を呼んでいる言葉で、情報番組で取り上げられたことをきっかけに

一躍注目を集めるようになっています。

 

固定電話恐怖症の症状は?

固定電話恐怖症は、固定電話への極度の苦手意識・恐怖・ストレスから

以下のようなし症状があらわれるといわれています。

 

・勤務中、いつ電話が鳴るのかと気になって仕事が手につかない

・通話に必死でメモを取る余裕がない

・電話の音が鳴るだけで、極度の緊張感を感じる

・緊張で留守番電話にメッセージを吹き込むことができない

・社名や簡単な言葉が通話中に出てこない

・始めに何を話すのか考えないと電話がかけられない

 

これらは、スマホでの文字のやり取りが当たり前となっている世代で、

電話で話す経験が少ないからではないか、と考えられています。

 

固定電話を廃止した企業もある

上記のように、固定電話が苦手な社員が増えたことで

思い切って会社の固定電話を廃止したという会社もあります。

 

気になる影響はというと…、

 

固定電話を廃止したことで、1割の取引先から契約を打ち切られましたが

電話に出た社員をなぐさめる時間が減ったことから、

 

・取引先からの無茶な要求が激減した

・社員の作業効率がアップし、今までの2倍の受注・残業や休日出勤34%減少

 

といった、プラスの結果が出ているようです。

 

広告

固定電話のメリット・デメリットは 【固定電話に出れない人が増加】

 

固定電話のメリット・デメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

固定電話のメリット

 

・会社の社会的信用がアップする

・通話料も安FAXも利用できる

・仕事とプライベートの区別をつけやすい

・災害時に強い

 

会社で固定電話を利用する最大のメリットは、会社の信用度が上がることです。

固定電話を使用していることで、

 

・企業としてしっかり動いている

・固定電話の費用が払えるほど収入もある

・事務所がある

といったことが分ります。

 

しっかりした企業ということで、新規案件も獲得しやすくなるというわけですね。

 

また、日本は災害大国でもあります。

万が一のときに携帯電話が利用できなくなっても固定電話があることで、

周りと連絡を取ることができますね。

 

固定電話のデメリット

 

・手続きが面倒

・あまり使わない可能性もある

・信用性が低くなる

 

固定電話のデメリットは、加入や転居のたびに手続きが必要になることです。

新しく固定電話を引く場合は開通工事を伴うこともあるため、工事日の調整も必要になります。

 

また、固定電話を引いていないと「この会社に依頼して大丈夫なのだろうか」

という不安を相手に与える可能性が高くなります。

場合によっては、ローンを組むことができないといったことも…。

 

 

固定電話に出れない人が増加!会社ではまだ必要? まとめ

固定電話恐怖症は、20~34歳までのスマホ世代で育った若者を中心に広がっている

固定電話に対する極度のストレス状態をいいます。

 

改善していくには会社側は、電話対応の研修を充実させる。

といったように、初めから若者に電話対応を丸投げしないような体制を

考えていったほうがいいかもしれません。

 

固定電話には会社にとってメリットがあるため苦手だからと避けるのではなく、

少しずつ挑戦して慣れていくことも必要といえるでしょう。

 

【知って得する話】

家事サブスクって何?便利なの?料理や家事を代行してくれる便利なサブスク

高カカオチョコレートは肝臓にも血圧にも良いのはなぜ?

夫が家事しない・・ささやかな仕返しとストレス解消法をまとめました

加湿器の赤カビ掃除方法は? 重曹やクエン酸が効果あって衛生的です

 

 

 

 

-知って得する話

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.