2020三重県のひな祭りイベント3選 いろんな風習のひなまつり | スイミージャーナル

季節の行事

2020三重県のひな祭りイベント3選 いろんな風習のひなまつり

更新日:

 

お正月や節分の風習が各地で異なるように、

桃の節句であるひなまつりも地方によって色んな風習があるそうです。

 

ご家族に女の子のお子様がいないと、なかなか馴染みのない行事のように思います。

ですがひなまつりが近づいてくると、

お出かけ先でも様々なイベントが開催されていて、

男女問わず立ち寄ることができるのです。

 

この記事では、雛祭りのイベントが行われている三重県にスポットをあてて3つのイベントを見てみようと思います。

いつ行われていて、どんなイベントなのかぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

 

「おかげ横丁 ひなまつり」


(引用元:https://www.okageyokocho.co.jp/)

 

開催期間 : 2020年2月22日(土)~2020年3月3日(火)

時間 : 10:00~17:00

場所 : おかげ横丁(伊勢市宇治中之切町)

 

おかげ横丁で行われるひなまつりでは

待ちわびた春の訪れを喜ぶかのように、

さまざまな飾りをいつもより華やかに、多くのひな人形が登場するそうです。

 

各店舗には、見立て雛が飾られています。

穏やかに微笑むひな人形に、かわいい我が子の健やかな成長と幸せを祈る親心が重なります。

 

開催中は、様々な催しあったり体験ができます。

 

桃の節句市

雛あられやひし餅などのお菓子などが販売されています。

香で邪気を祓うと言われているよもぎ餅なども並び、早春の甘い香りと味覚を楽しんでみてはいかがでしょう。

 

お雛さまに大変身

場所 : 伊勢路名産味の館2階 大黒ホール

十二単風の衣装の着付けでお雛様、黒烏帽子に狩衣(かりぎぬ)風の姿で

お内裏様になり記念撮影することができるのだそうです。

なかなか体験することの出来ないコスチュームで、男の子も体験出来るのでおすすめです。

 

まちかどひな巡り

各お店がそれぞれに趣向を凝らした「見立て雛」が飾飾られています。

訪れる皆様と一緒にひなまつりをお祝いし、街並みを観光しながら、

ぐるりと巡ってスタンプラリーも楽しめます。

 

スポンサーリンク

「伊賀上野・城下町のおひなさん」


(引用元:https://www.kankomie.or.jp/)

開催期間 : 2020年 2月22日(土)3月3日(火)

時間 : 10:00〜16:00

場所 : 伊賀市上野本町通り周辺

 

伊賀上野・城下町のおひなさんではイベントのテーマを3つに分け、

来場者を楽しませ癒してくれます。

中心市街地の本町通り周辺の町家や商店などに新旧さまざまなひな人形を飾り、

史跡旧崇広堂では会場に「伊賀焼」や「伊賀くみひも」で作られた

ひな人形約200個が展示されています。

 

城下町を彩る

城下町に多く残る町家や商店など約50か所にさまざまなひな人形が展示されています。

例えば、上野中町にある「宮崎屋」では江戸時代後期に作られた御殿雛が飾られ、

上野魚町の永尾珈琲豆挽売店では昭和のなにわ御殿が見られます。

他にも伊賀焼のおひなさまなど、伝統工芸で作られたひな人形を見ることができ、

ひな祭りの歴史を感じられます。

 

体験する

・伊賀焼のおひなさん作陶体験(土日のみ)

・雛見茶会(土日のみ)

・伊勢型紙のおひなさん

・着物布のミニチュアひな人形つくり

など、雛祭りに関する色々な体験ができます。

 

食べる

体験の後は、伊賀上野の城下町に並ぶ、歴史ある和菓子店や色々なお店で

休憩してみてはいかがですか。

それぞれのお店では、おひなさんにちなんだ

期間限定のかわいいメニューやお得なサービスがあるそうです。

広告

「東海道のおひなさまin亀山宿・関宿」

 

開催期間 : 2020年2月15日(土)〜3月7日(土)

時間 : 不明(オープニグセレモニーは2月15(日)午前10時)

場所 : 旧東海道亀山宿・関宿

 

今年で10周年を迎えるこちらのひなまつりイベント。

他の2つのイベントに比べて開催期間も長く楽しめるものになっています。

親子で一緒に体験ができるプログラムもあるので、ぜひ素敵な思い出を作ってはいかがですか?

 

講座(要予約)

1.つるし雛講座

2月16日(日)午前10時・午後1時

場所 : 足湯交流施設

定員:各10名

参加費:1,000円。裁縫道具、ピンセット持参

 

2.ハーバリウム講座

2月22日(土)午前10時 ・午後1時30分

「午前の部」場所 : 城西コミュニティセンター

「午後の部」場所 : 亀山市関文化交流|

場所 : 市民協働センターみらい

定員:10名 参加費:1,000円

 

  1. ちぎり絵講座

2月23日(日・祝)午前10時

場所 : 市民協働センターみらい

定員:10名

参加費:1,000円

 

イベントに関する催事

 

関宿ひなまつり市

2月29日(土)午前10時~午後3時

場所 : 関宿中町地区

 

・市民ブース

甘酒のふるまい、亀山茶のふるまい。

・着物を着ておひなさま巡り

着物持参で無料着付け抹茶券進呈。

受付場所:足湯交流施設。

 

・かめまるinひなまつり市

 

素敵な賞品が当たる手形スタンプラリー

 

・期間中に4ヶ所のうち3ヶ所のスタンプを押して投函。

・スタンプ設置場所 締切:3月7日(土)正午。

亀山宿:市民協働センターみらい、旧舘家住宅

関宿:橋爪家、足湯交流施設

 

どちらも、雛祭りの歴史や行事の大切さを学ぶ事が出来そうなイベントばかりです。

それだけでなく体験などをする事で思い出に残す事のできるものもありますね。

 

 

 

 

-季節の行事

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.