火球現る 2020年2月2日の映像アリ 落ちた?消えた? | スイミージャーナル

ニュース

火球現る 2020年2月2日の映像アリ 落ちた?消えた?

投稿日:

2020年2月2日午前2時ころに関東地方で火球が現れました。

東京でもはっきり見え、神奈川の平塚などでも撮影されています。

その様子をツイッターの投稿からまとめました。

スポンサーリンク

 

2月2日 火球現る!

 

2020年2月2日2時5分頃、火球が現れました!

流れ星と違い火球はゆっくり長い時間で落ちるのが特徴ですね。

 

明るくて、そしてかなり長い距離見られるのですね。

隕石が落ちたのでは?とも思いました。

 

火球とは

 

火球とは、一般に-3等級ないしは-4等級よりも明るい流星の事です。

流れ星の最も明るいものみたいな感じでしょうか。

 

火球も流れ星も物体はほぼ同じです。

一般的な流れ星の明るは1等級もしくは0等級程度。

一方火球に関しては-4等級よりも明るいものといわれ非常に明るいのです。

 

大気中で蒸発したものも、隕石となって地表に落下したものも、

一定以上の明るさで光れば、どちらも火球と呼ばれる。

 

明るさによってー4等級より明るければ火球。

それ以下なら流れ星という訳ですね。

 

 

広告

2月2日の火球は落ちた?消えた?

流れ星は大きさも小さく数㎝とも言われるため、

ほとんどが大気中で燃え尽きて、消えていしまいます。

 

火球の場合は流れ星よりも大きさが大きく、

隕石のような場合もありますので、非常に危険です。

 

直径200mの隕石が大西洋の真ん中に落ちた場合、

コンピューターのシュミレーションでは200mの津波が発生し、

何億人もの人が死ぬと予測されています

 

今回の火球はどうだったのでしょうか?

目撃情報から見ますと、

 

北東の空に流れ星というか火球を見ましたー!
何が起きてるのか理解できず、そのまま落ちて爆発するんじゃ!
それなら逃げようかどうか考えてる内に、
フッと燃え尽きました。
だいぶ興奮しましたが、無事安心して眠れます。

2020年2月2日午前2時頃
東京都八王子市でみなさんと
同じように、オレンジ色に光る発光体を
発見しました
流れ星よりは全然遅いので
見ていましたが2、3秒で消えてしまいました

東京都西東京市にて。
2/2 2:05頃みなさんと同じように赤い光のようなものを見ました。東の方向へ落ちるように消えていきました。

 

どうやら激突しないで燃え尽きて消えたようですね。

一安心です。

 

以上、2020年2月2日の火球について調べました。

 

 

 

-ニュース

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.