ひな祭りの食事 3歳から4歳のオススメのメニューを紹介 | スイミージャーナル

季節の行事

ひな祭りの食事 3歳から4歳のオススメのメニューを紹介

更新日:

3月3日はひな祭りですね。

女の子のいる家庭では、この時期になるとひな人形や桃の花を

飾っている人も多いのではないでしょうか。

 

最近では、幼児期の頃から季節の行事を体験させたり、

季節の旬な食べ物を食べさせる家庭が増えているようです。

 

ひな祭りの日に食べる料理にも、それぞれに意味があります。

そこで小さなお子さんがいる家庭におすすめしたい、

子供向けひな祭りメニューを紹介します。

スポンサーリンク

 

3月3日は ひなまつり  【ひな祭りの食事 3歳・4歳】

 

ひな祭りは「桃の節句」とも言われ、女の子の健やかな成長を

願う行事として、誰もが馴染みのある日本の行事です。

しかしこのひな祭りは、もともと女の子だけの行事でありませんでした。

 

ひな祭りは中国の五節句の一つである「上巳」が由来です。

中国では、季節の節目を5つに分けて五節句としてきました。

 

その五節句のうちの3月3日の上巳には、体に付いた厄を落とすため

川で身を清める習慣があります。

この厄落としと同じような行事が日本でもありました。

 

紙の人形を作り、この人形を自分の身体に撫でて厄を人形に移し、

川に流すことで邪気払いを行うのです。

この邪気払いがひな祭りに行う「流し雛」となったと言われています。

 

その後川に流していた人形は紙ではなく豪華な作りになり、

自宅に飾るようになったことで、現在のようにひな人形を飾る習慣へと

変化していきました。

 

ひな人形はいつから飾る?

ひな人形

 

ひな人形を飾り始める時期は、特に決まりはありません。

一般的に2月の中旬頃には飾っている家庭が多いのではないでしょうか。

目安は、節分の厄除けをした後がひな人形を飾るのに良い時期です。

遅くても3月3日の1週間前までには飾ることをおすすめします。

 

ひな人形を片付ける時期も決まりはありません。

しかし、厄災の身代わりとなった人形という意味から、

3月3日を過ぎてもいつまでも飾っておくのはあまりおすすめしません。

 

また、「ひな人形をいつまでも片づけないでいると婚期が遅れる」と

聞いた事はありませんか?

これは、ひな人形が結婚の象徴と考えられているために、

早く片付けることによって「早く嫁に行く」と言われるようなりました。

 

どちらにしても、ひな人形は3月3日が過ぎたら速やかに片づける方が

良さそうですね。

 

スポンサーリンク

【ひなまつりの食事3歳・4歳】 3歳児のオススメメニュー

菱餅

 

ひな祭りの料理には意味があります。

3色の菱餅も意味を持つ代表的なひな祭りの食べ物の一つです。

上巳に食べていた母子草餅の色の緑、

子孫繁栄や長寿になる実と言われている「菱の実」の白、

魔除けの意味を持つ赤の3つの色が重なってできています。

 

このひな祭りには欠かせない菱餅に見立てた料理を紹介します。

菱餅の形をした「菱餅風ちらし寿司」は、生ものを使っていないので

3歳のお子さんでも美味しく食べれておすすめです。

作り方も簡単ですので、ぜひ試してみて下さい。

 

作り方

菱形の型には牛乳パックを筒状になるように切って、菱形に整えて使います。

 

酢飯を3等分して、一つはそのまま使い、残り2つには鮭フレークと青のりを

それぞれに混ぜておきます。

これで菱餅の3色が完成です。

 

お皿の上に牛乳パックの型を置き、そこへ鮭フレーク酢飯を

軽く押しながら敷き詰めます。

次に白い酢飯を同じようにしっかりと詰めたら、最後に青のり酢飯を

入れます。

酢飯をしっかりと詰めないと型を外した時に崩れてしまうので、

しっかり詰めましょう。

 

型をゆっくり抜いたら、お寿司の上に炒り卵やブロッコリー、アボガド等を

乗せて飾れば完成です。

大人にはいくらやエビを上に散りばめると華やかさがアップして

さらに美味しく食べれますよ。

 

盛り付けるお皿の上に直接型を置いて作れば、お寿司が崩れる心配がありません。

ぜひ直接お皿の上で作りましょう。

 

広告

【ひなまつり3歳・4歳 食事】 4歳児のオススメメニュー

4歳くらいのお子さんがいる家庭では、お子さんと一緒に

ひな祭り料理を作ってみてはいかがでしょうか。

そこで紹介するのが、かわいい手まり寿司です。

 

手まり寿司を、お雛様とおだいり様に見立てて作ります。

4歳くらいのお子さんなら、酢飯を丸めたり、顔の飾り付けを

きっと楽しみながらできると思いますのでおすすめです。

 

てまり寿司

作り方

炒りゴマを混ぜた酢飯をラップで包んで丸めます。

 

丸めた酢飯にきゅうりや海苔、サーモンや薄焼き卵を

着物を着ているように巻き付けましょう。

 

顔の部分には、海苔で目と口を付けます。

いろんな表情の顔パーツを海苔で付けると、表情豊かになり

より楽しめます。

海苔をカットする時には、ハサミで切っても良いのですが、

100均ショップにもある、おにぎり用の海苔カッターを使うと便利です。

キャラ弁を作る時にもよく使うアイテムです。

 

頭の部分には、かんぴょうをくるくる巻いたものをピックで刺せば、

お内裏様の烏帽子のようになります。

 

お雛様の頭部分には、いくらや鮭などの赤色の食材を乗せてピックを刺せば

明るい色が加わり冠のように見えますよ。

 

酢飯の苦手なお子さんには、酢を入れずにおにぎりのようにすることも可能です。

また、着物部分の食材には、色のある食材であればどんなものでも

かまいませんので、お子さんの好きな食材を使って下さい。

 

作り方はとても簡単ですので、ぜひお子さんと一緒に楽しみながら

作ってみて下さい。

 

ひな祭りの食事 3歳から4歳のオススメ まとめ

日本で昔からある行事のひな祭りには、ぜひお子さんにひな祭りの由来や

食べ物の意味について教えながら、ひな祭り料理を食べてはいかがでしょうか。

 

何気なく食べていた物にも、いろんな願いや厄払いの意味があると知れば

きっとより一層ひな祭りを楽しむことができます。

 

また、お子さんと一緒にひな祭り料理を作るのもおすすめです。

今回紹介したおすすめメニューをぜひ参考にして頂き、

楽しいひな祭りにして下さい。

 

【関連記事】

【ひなまつり】幼児期(1歳児・2歳児)のオススメの食事メニューを紹介

 

 

-季節の行事

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.