ムーミンバレーパークのアトラクションは高い?1デーパスがお得 | スイミージャーナル

レジャー

ムーミンバレーパークのアトラクションは高い?1デーパスがお得

更新日:

埼玉県飯能市、宮沢湖周辺にあるムーミンバレーパークは

ムーミンの世界観を再現したテーマパークです。

 

ムーミンバレーには

・無料ゾーンの「メッツァビレッジ」

・有料ゾーンの「ムーミンバレーパーク」

の2種類のエリアがあります。

 

今回は、ムーミンバレーのアトラクションの種類や

利用者の口コミを中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

ムーミンバレーパークのアトラクションは高い 無料アトラクション

ムーミンバレーパークには、展示施設やショップ、カフェ・レストランも充実しており、

無料アトラクションだけでも十分満足できる内容です。

 

水浴び小屋(ムーミン谷)


(引用元:https://metsa-hanno.com/)

 

ムーミンのお話の中でたびたび登場する水浴び小屋は、

ムーミンパパが作ったものです。

 

中には小説そっくりの小物も飾られていて、

ムーミンの世界に紛れ込んだかのような気分になれるでしょう。

写真スポットとしても人気の場所ですよ。

 

エンマの劇場(ムーミン谷)

ムーミン谷が洪水に見舞われ、流れてきた「エンマの劇場」です。

 

屋外型ステージでムーミンと仲間たちによるライブエンターテイメントが、

無料で楽しむことができます。

ムーミンはもちろん、リトルミイやスナフキン、

ムーミンのパパ・ママといった主要キャラクターが勢ぞろいするところにも

注目したいところです。

 

「トーベの記憶」シアター(コケムスエリア)

トーベヤンソンが子どものころ、母方の祖父が住むストックホルム近郊の島で

毎年過ごしていた「夏の家」の記憶シアター。

 

ムーミン作品との関係も分かり、よりムーミンの世界を理解したい

という方にピッタリといえるでしょう。

 

体験展示ムーミン谷の自然(コケムスエリア)


(引用元:https://metsa-hanno.com/)

小説をもとにヘムレンさんやスナフキン・ニョロニョロといった

愛すべきカラクターたちが展示されています。

 

スナフキンと同じ目線で焚き火を眺めることもできるので、

自分もムーミンのキャラクターになったような気分が味わえますね。

事前にムーミンの小説を読んでおくと、より楽しめること間違いなしです。

 

体感展示絵本「それからどうなるの?」(コムケスエリア)

立体的で絵本の世界に入っているかのような、楽しい気分が味わえます。

 

こちらも絵本を読んでおくと、「あのシーンだ!」と親近感を覚えるでしょう。

 

ワークショップ・パヤ(コケムスエリア)

ムーミンの缶バッチ制作・うみうまの絵付けができる、ワークショップ。

自分だけの思い出作りにもなり、小さなお子さんも楽しめそうです。

 

おさびし山(おさびし山エリア)


(引用元:https://metsa-hanno.com/)

ムーミンの物語を体感できる「冒険と思索の山」エリア。

 

アスレチックや天文台といった、子どもが元気いっぱい遊ぶのにピッタリの場所です。

ツリーハウスやつり橋といった、小説の中に登場するモチーフも出てくるので

大人も楽しめるでしょう。

 

メリーゴーランドやキノコの黒板もあり、親子で楽しめるのが魅力です。

スポンサーリンク

 

ムーミンバレーパークのアトラクションは高い 有料アトラクション

ムーミンバレーには以下の4種類の有料アトラクションがあります。

 

ムーミン屋敷…1000円(税込)

ムーミン屋敷
(引用元:https://metsa-hanno.com/)

 

時間予約制のアトラクションで、1回の体験時間は20分です。

ムーミン達が住むムーミン屋敷が忠実に再現されており、

地下室・1・2階・屋根裏部屋といった構造です。

 

ガイドによる有料ツアーですが、2019年11月30日から地下室と1階は

入園チケットを購入している人であれば、鑑賞できるようになりさらに人気になっています。

 

ムーミンパパが1人で作った力作でもある、ムーミン屋敷。

屋敷の仕掛けにも注目ですよ。

 

海のオーケストラ号…1000円(税込)

海のオーケストラ
(引用元:https://metsa-hanno.com/)

 

時間予約制のアトラクションで、1回の体験時間は15分です。

映像を用いた「ムーミンパパの思い出」に登場する、

「海のオーケストラ号」に乗る体験型アトラクションです。

 

勇気・挑戦・友情・家族の絆がテーマで、

映像だけでなく音や風を利用した演出で臨場感たっぷりの時間が過ごせます。

 

最終上演時間は17:45。

ただし混雑している場合は、この時間よりも早めに受付が終了する

可能性もあるので注意しましょう。

 

飛行おにのジップラインアドベンチャー…1500円(税込)


(引用元:https://metsa-hanno.com/)

 

時間予約制のアトラクションで、1回の体験時間は30分です。

宮沢湖の上にワイヤーを張り、飛行おにの気分で空中散歩ができる大人気のアトラクション。

 

空中散歩で安全性を守るため、次のような利用制限があります。

・小学校3年生以上

・体重30キロ以上~100キロ未満

・身長120センチ以上190センチ未満

 

リトルミイのプレイスポット…700円(税込)


(引用元:https://metsa-hanno.com/)

 

時間予約制のアトラクションで、1回の体験時間は20分です。

リトルミイが主人公の、参加型アトラクション。

スクリーンから流れる映像を見ながら楽しめるアトラクションのため、

小さなお子さんも安心して楽しめるのが魅力です。

広告

 

ムーミンバレーパークのアトラクションは高い 口コミも紹介 1デーパスリニューアル

ムーミンバレーの有料アトラクションは、

入園チケットとは別にその都度料金を支払う必要があります。

 

有料アトラクションは3歳以下は無料ですが、大人と子どもは一律料金です。

そのためムーミンバレーに行く人数によっては、

「値段が高い」と感じてしまうこともあるかもしれません。

 

実際に利用した人の口コミをみてみましょう。

 

口コミ

・入場料と有料アトラクションだけで、6000円…。

家族で行くとさらに高くなるので、

有料アトラクションは厳選したほうがいいかなと思いました。

 

・その都度アトラクションの料金を払っていくので、気が付くと予想外の出費に…。

有料アトラクションは高いけれど、無料アトラクションも充実しているので楽しめました。

 

・大人と子どもが同じ料金なので、正直高いです。

ですが、自然の中で楽しめ雰囲気も良いので行って損はないかと思います。

 

有料アトラクションを複数利用すると、料金が高くなってしまう

という口コミが多かったようです。

 

そんな口コミに応えるべく、現在はアトラクション共通券というチケットが有ります。

 

新チケット誕生!1デーパスがリニューアル

アトラクション共通チケット

・大人(中学生以上)…1300円

・子ども(小学生以下4歳以上)…800円

・3歳以下…無料

 

・海のオーケストラ号

・ムーミン屋敷 ガイドツアー

・リトルミイのプレイスポット

の3種類が利用可能なチケット

 

※飛行おにのジップラインアドベンチャーは別料金になります。

※このチケットは2020年3月までとの事。

 

1デーパスチケットがリニューアル

・大人(中学生以上)…4000円

・子ども(小学生以下4歳以上)…2100円

・3歳以下…無料

 

入園料+アトラクション全て込みでこの値段は絶対お得です

 

 

時間予約の廃止

ムーミンバレーの有料アトラクションは、全て時間予約制でした。

11月30日のアトラクション共通券と1デーパスの発売により、

有料アトラクションも何度でも利用できるようになり、予約は必要ありません。

 

 

まだ新しい情報なのでご存知ない方もいるかもしれません。

 

 

ムーミンバレーパークはこのチケットにより、格段に利用しやすくなりました。

 

この他にも、季節に合わせて、映像とともに物語を体感できるイルミネーション

「WINTER WONDERLAND in MOOMINVALLEY PARK」の開催なども行われます。

 

ムーミンバレーパークはまでオープンして1年程なので、

チケットの種類・施設等を含めてどんどん進化していく感じですね。

 

以上、ムーミンバレーパークのアトラクション共通券や口コミの紹介でした。

 

 

【関連記事】

>>ムーミンバレーパークのチケット売り場はどこ?コンビニで割引やクーポンは?

>>ムーミンバレーまでの車でのアクセス方法

 

 

 

入園料+アトラクション全て込みでこの値段は絶対お得です」で検索:

-レジャー

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.