【入学式】教員の服装(男性)重要なのは清潔感 生徒の親はここを見る! | スイミージャーナル

季節の行事

【入学式】教員の服装(男性)重要なのは清潔感 生徒の親はここを見る!

更新日:

入学式は、生徒・生徒の親と教員が初めて顔を合わせる場所です。

生徒はここで、「この先生は信用できるのだろうか」と判断し、

生徒の親は「大切な子どもを任せられるのだろうか」と服装から判断します。

 

男性教員の場合、入学式はスーツの着用が一般的だから迷う心配がない、

と思う方もいるかもしれません。

しかし、スーツといえどワイシャツやネクタイ・色やデザインで

好印象にも悪い印象にもなります。

 

今回は、入学式での男性教員のおすすめの服装や

生徒の親がチェックする項目について、ご紹介していきます。

スポンサーリンク

 

入学式の教員は注目される 生徒の親はここを見る

入学式での男性教員の服装は、生徒よりも生徒の親がチェックし

「この先生は信頼できるだろうか」

と判断していきます。

 

ここでは、生徒の親が男性教員のどこに注目するのか、

ということについてご紹介していきます。

 

教員の服装

入学式での男性教員の服装は、スーツが一般的です。

 

・スーツやワイシャツ、ネクタイの色は派手すぎないか

・スーツは体型にあっているものか

・靴はちゃんとしたものか

といったことを生徒の親はチェックし、「この先生は信用できるか」を判断しています。

 

最近では男性でもピンクのワイシャツを着る方も増えていますが、

入学式でピンクのワイシャツを着てしまうと軽い印象になるため、

避けた方が良いでしょう。

 

反対にスーツ姿がビシっと決まっていると、生徒の親に好印象を与えることができます。

 

また、意外に見落としがちなのが靴です。

入学式は体育館で行い上履きだからどんな靴でもいい、

と靴に気を使わないと足元だけ浮いてしまいます。

 

靴を履いている状態で生徒・生徒の親に会うことも少なくないため、

足元まで気を抜かないようにしましょう。

ちなみに、靴下は黒が基本です。

 

教員の髪型

男性教員の髪型は基本的に、黒髪短髪がベストです。

学校によっては茶髪OKのところもありますが、

あまりにも明るい髪色は生徒の親から悪印象です。

 

無精ひげ・そり残しがないよう、入学式当日は入念にチェックすることも忘れてはいけません。

 

教員の清潔感

・スーツに変な折り目が入っていないか

・ワイシャツにアイロンはかかっているか

・ネクタイはヨレていないか

という部分もチェックされます。

 

身だしなみに清潔感がある方は、自己管理ができている証でもあります。

独身男性の教員は特に、シワがないかチェックするようにしましょう。

 

スポンサーリンク

入学式 男性教員にオススメのスーツ・ネクタイ

入学式での男性教員におすすめなスーツ・ネクタイについて、ご紹介していきます。

入学式 教員 服装 男性

 

男性教員にオススメのスーツ

新任であれば、リクルートスーツでも問題ありません。

スーツの色はダークカラーで、ツーピースまたはスリーピースのものを選ぶと良いでしょう。

 

ダークスーツであれば、デザイン性があるので垢ぬけた印象にもなりますね。

柄が強いものだと着ていく場所が限定されてしまうため、

できるだけ柄のないものを選んだ方が長く使え便利です。

 

新任以外の男性教員は、スーツの素材やシルエットにもこだわりたいものです。

最近では手頃な価格で、オーダーメイドのスーツが作れる場所も増えてきています。

オーダーメイドのスーツは自分の体型に合っているのが基本なので、

着るだけ引き締まった印象が出せます。

 

オーダースーツを持っていても損はないため、

余裕があれが1着作っておくと良いかもしれません。

 

ワイシャツは白が基本です。

黄ばんだワイシャツしか持っていない場合は、早めに新調するようにしましょう。

 

ネクタイはパステルカラーがおすすめ

男性教員の場合、ネクタイで個性やオシャレ度を上げることができます。

 

ネクタイが白だと結婚式のようになってしまうため、

春を連想させるパステルカラーがおすすめです。

薄めのストライプだと、洗練されたイメージにもなりますね。

 

さらにもう一歩プラスアルファをしたいのであれば、チーフを使いましょう。

ネクタイの色と合わせれば統一感もあり、グッと引き締まった好印象になります。

 

入学式は生徒が主役ということを頭に入れ、

派手になりすぎない柄を選ぶことを忘れないでください。

 

広告

入学式 教員の服装の注意点は

入学式教員服装男性

 

男性教員の服装での注意点をご紹介していきます。

 

ジャージは問題外

当たり前ですが、入学式というおめでたい席のためジャージは問題外です。

笑い話の様ですが、昔は結構いました。

 

日ごろ学校でジャージしか着ていないという方でも、

スーツに身を包み身だしなみを整えるようにしましょう。

 

学校指定の服装の有無を確認

学校によっては、入学式の教員の服装に統一感を持たせるため指定されていることがあります。

 

入学式前に必ず、先輩教員に指定の有無を確認し、

ある場合はどのような服装で参加すればいいのか確認しておくと、

バタバタしないで済みます。

 

1週間前には1度着てみる

すでにスーツを持っているから大丈夫、

と安心していても体型が変わっている可能性があります。

 

最低でも入学式の1週間前には、持っているスーツを着て

おかしいところはないか確認することをおすすめします。

万が一、着ることができなかったとしても1週間前であれば、

新しいスーツを新調することができますね。

 

ワイシャツにはアイロンがけを

どんなに高級なスーツを着ていても、中のワイシャツがシワだらけでは

だらしがない印象になってしまいます。

ワイシャツには必ずアイロンがけをし、

入学式当日にはビシっとスーツを着こなせるようにしておきましょう。

 

 

ま と め

 

男性教員は入学式でスーツが一般的です。

 

皆スーツだから大丈夫、と適当な着こなしをしていると

生徒の親は「だらしがない」と不信感を覚えます。

入学式は生徒が主役ですが、教員も常に見られていると意識し、

清潔感を意識した着こなしができると良いですね。

 

 

 

-季節の行事

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.