小泉進次郎大臣の育休に不評・否定的の声が 理由を考察してみた | kininaru-cafe

政治家、選挙

小泉進次郎大臣の育休に不評・否定的の声が 理由を考察してみた

更新日:

小泉進次郎環境大臣が育休を取得すると表明しました。

今月中に予定している第1子の誕生後の3カ月間で

職員の勤務時間の2週間分を育児に充てるそうです。

最近、というか大臣になってからいろいろ言われている

進次郎氏の育休に不評・否定的という声が出ています。

不評の理由を考察しました。

スポンサーリンク

 

小泉環境大臣が育休取得 副大臣は城内実議員

小泉進次郎違和感

小泉進次郎大臣はかねてから検討していた「育児休業」を取得すると公表しました。

休業中は「テレワーク」や短時間勤務などを活用しつつ、

一部の公務は小泉氏の代わりに副大臣や政務官が務めるそうです。

 

副大臣って誰でした?

なんと、城内実議員でした。

いつの間にか復党していました。

これは因縁ですね。安倍首相もスゴイ人選です。

 

城内実議員とは

城内実議員と小泉進次郎さんの関係をおさらいします。

氏名:城内実(きうちみのる)

生年月日:1965年4月19日

出身:東京都

学歴:開成高校→東京大学

前歴:外務省

 

2003年に衆議院議員選挙に立候補し、当選。

2005年、小泉進次郎さんの父・小泉純一郎首相が掲げた郵政民営化法案に

自民党にいながら、反対票を投じました。この時に説得したのが今の安倍首相です。

 

直後にあった選挙では城内氏は造反議員とされ、

自民党の片山さつきさんという刺客のため落選してしまいました。

その後、自民党を離党。

 

しかし2009年に選挙に勝利し、国政に復帰しました。

そして2012年に自民党に復党していたのでした。

 

その城内実議員を小泉進次郎大臣の下につけるとは、

安倍首相もエグいですね(笑)

 

話を戻します。

そして育休を取ると公表した小泉大臣に違和感があるとの声が出ています。

 

スポンサーリンク

小泉大臣の育休に不評・否定的の声

小泉大臣の育休に不評とはどういう事でしょうか。

3つほど考察しました。

 

疑惑に対して雲隠れでは?

まずは、これです。

最近週刊文春で話題を提供していました。

1 不倫をしていた?

2 政治資金不正支出疑惑

不倫に関しては、全く語らず、政治資金不正に関しても否定していました。

 

しかし、説明が不十分で批判されています。

>>エムズ社の場所が特定 M氏と小泉進次郎の関係は

 

大臣が育休とっても政治家と一般労働者は違う

続いてこの問題。

小泉大臣は

「制度だけではなく空気を変えていかなければ、育休を取得する公務員も増えていかない」

と話していたそうです。

 

誤解を恐れずに言うと、人が余っていて代わりの人いる仕事で育休が取れても、

週休2日もままならない一般中小企業には何の関係もないという事ではないでしょうか。

 

大臣が強引に育休を取ったとしても自己満足だけで

実際には何も変わらない。なのになぜ正当化しようとするのか?

 

そもそも小泉進次郎に育休は必要なの?

そして最後はこれ。

そもそも小泉大臣に育休は必要なのだろうか?というもの。

その昔、育休を取ると宣言していたが妻が出産入院中に不倫していた議員がいました。

 

その議員と不倫と言うワードで被るからでしょうか。

まさかそんなことはしないとは思いますが、

不倫しようと思って不倫するわけではないですからわかりませんよね。

 

それに、小泉大臣は2世議員でお金持ち。

滝川クリステルさんの父親はフランス人で会社社長。

育休とは共働きで夫婦が分担しないと何ともならない人のための制度なので、

小泉大臣には不要ではないか。という思いもありますね

 

広告

小泉進次郎氏の評判がガタ落ちか

小泉進次郎氏の評判が落ちています。

昨年の環境大臣就任後からいろいろありましたね。

振り返ってみます。

 

セクシー発言

小泉進次郎大臣は2019年9月、ニューヨークで環境関連の会議に出席した後、

主に海外メディア向けに英語で記者会見した際に発言しました。

「気候変動のような大きな問題は楽しく、クールで、セクシーに取り組むべきだ」

 

これは少し話題になりましたね。気候がセクシーとは?

でもこれは前後の話から出た単語の様です。

いきなりセクシーと言ったわけでは無いとの事

 

不倫報道・政治資金問題

そしてこれが痛かった。

政治資金の方は適切だったと説明しましたが、

不倫の方は一切説明せず。

 

結婚する前だからきちんと話せばいいと思いますが、

相手が結婚していたというのが・・・

しかも噂では奥さまの知り合いだったとかなんとか。

 

そして、育休取得

そんな中での育休取得ですね。

環境大臣としては目立った活躍もしていない途中での育休取得。

しかも年末年始休みが明けたばかりでの発言に違和感がありますね。

 

小泉進次郎大臣の評判も3段階で下がったような気もします。

ここから巻き返して頑張って欲しいですね。

次期首相と言われている議員ですから!

 

 

それにしても国会議員の汚職が止まりませんね。

 

>>IR汚職事件 国会議員5人維新1人と自民4名の氏名

>>【なぜ?】河井克行衆議院議員と妻案里は国会をいつまで休むの?

>>桜を見る会 安倍晋三後援会の慰安旅行?ホテルも用意してもらった?

 

 

 

 

 

 

 

 

-政治家、選挙

Copyright© kininaru-cafe , 2020 All Rights Reserved.