中学校の入学式あるある(よくある事)をまとめ 子供と保護者のあるある | kininaru-cafe

季節の行事

中学校の入学式あるある(よくある事)をまとめ 子供と保護者のあるある

投稿日:

小学校の入学式と比べ、中学校の入学式は子どもの年齢が高くなるため、

厳粛な雰囲気の中で行われることが多くなります。

 

子どもの年齢が高くなるということは、当然保護者の方の年齢も高くなるということ。

小学校の入学式と同じ服装での参加にためらいを覚える方も、少なくありません。

 

また、子どもも入学式で張り切りすぎて失敗してしまった…という声も少なくありません。

今回は、中学校の入学式でのあるあるをご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

 

中学校の入学式は

入学式あるある

 

中学校の入学式は小学校のときとは違い、

先に子どもが中学校へ向かい入学式が始まる時間に合わせ親が向かうのが一般的です。

 

小学校の入学式では親もつい子どもが心配で世話を焼いてしまうことが多いですが、

中学校の入学式では「親は脇役」としっかり覚えておきたいものです。

 

では、中学校の入学式はどんなことをするのか、

一般的な流れを詳しくみていきましょう。

 

中学校の入学式の流れは?

登校

自分のクラスを確認し、出席番号順に着席する。

 

入学式

校長先生や新入生代表、生徒会長の話。

担任含め先生の紹介(保護者は入学式に間に合うように会場に入る)

 

教室へ

新しい担任の先生の話を聞き、教科書を含めた配布物をもらい下校。

 

小学校の入学式と比べると子どもが自分で行動することが多いので、

入学式はシンプルな印象がありますね。

 

中学校の入学式の持ち物は?

中学校の入学式は、子どもと親が一緒にいる時間がそれほどないため、

各自必要なものを持参することをおすすめします。

 

子ども

・通学カバン

・ハンカチ、ティッシュ

・水筒

 

入学式当日の天候によって、

脱ぎ着しやすいカーディガンやコートを着ていくと防寒対策にもなり便利です。

 

保護者

・教材の持ち帰り用サブバッグ

・カメラ

・水筒

 

体育館は冷えることがあるので、スーツの下に防寒用の下着を着ておくと安心です。

 

また、中学校の入学式では学校への重要な提出書類が、

保護者の方に配布されるのが大半です。

日ごろ忙しく時間が取れない方は、

入学式終了後すぐに書類をチェックしておくと後で慌てずに済むでしょう。

 

スポンサーリンク

 

中学校の入学式あるある(失敗編)

入学式あるある

 

ここからは中学校の入学式での、失敗あるあるをご紹介していきます。

 

中学校入学式での失敗あるある 子供編

テンションが高すぎて浮いてしまう

子どもにとって中学校の入学式は、新しい世界・生活の始まりです。

 

新しい環境で少しでも早くなじみたい!という焦りから

・とにかく周りの子にどんどん話しかける

・ライン交換をする

といった行動をしてしまうと、周りから浮いてしまう可能性があります。

 

中学校の入学式は、「どんなクラスでどんな人がいるのか」

と様子見をしておくことが賢明です。

 

常にテンションが高いのであれば良いですが、

無理にテンションをあげてしまうと

その後のクラスのボスに目をつけられてしまう可能性も…。(笑)

 

キャラを作ってしまう

クラスの上位グループに入りたいからと、

本来の自分とは違うキャラを作ってしまうのもNGです。

 

そのままキャラを貫き通せる自信があれば問題ありませんが、

そうでないのであれば必ずボロが出てしまいます。

入ろうと思っていたグループはもちろん、

本来の自分のキャラであるグループにもなじめなくなる可能性が…。

 

無理にキャラを作ろうとせず、自然体のまま入学式に臨むことが大切です。

 

地味すぎる

入学式で目立ちたくないからと、地味すぎるのも問題です。

 

あまりにも地味にしすぎると周りから声がかけずらくなり、

本来のテンションでの自分と仲良くなれるはずの人が

見つけにくくなってしまうこともあるので注意です。

 

中学校入学式での失敗あるある 親編

続いて保護者の失敗あるあるを紹介します。

デジカメのSDカードを忘れる

写真を撮ろうとデジカメを取り出したらSDカードが入っていなかった、

という失敗もあるあるです。

 

また、電源を入れたら充電が残り10%しかなく

ほとんど撮影できなかった、という方もよくあります。

 

入学式当日に用意すると上記のような失敗をしがちなため、

前日に用意し充電の残りや付属品もしっかり確認しておくと良いですね。

 

露出が激しい服装で浮いてしまう

子どもが中学生ということは、保護者の方もその分年齢を重ねているということです。

 

いつまでも若いという気持ちを持つことが大切ですが

入学式で若作りをしようと露出が激しい服装をするのは、

周りに下品はイメージを与えるためNGです。

 

アクセサリー類は上品なパール、

生足ではなく肌色に近いストッキングを着用し、

上品に見えるようにしたいものです。

 

広告

 

中学校の入学式あるある(ちょっと笑える)

入学式あるある

 

次に、中学校の入学式でのちょっと笑えるあるある体験をご紹介します。

 

小学校の入学式のスーツを無理やり着た結果…(親)

知り合いのAさんの例です。

同じ入学式だから小学校の入学式と同じ服装でいいや、

と小学校の入学式で着用したパステルカラーの可愛らしいデザインの洋服で参加したAさん。

 

ところが周りのママは落ち着いた色合いのスーツの方が多く、

Aさんだけ目立ってしまう結果に…。

 

中学校の入学式ではシックな装いの方が多くなる傾向があります。

事前に周囲のママにリサーチできるのであれば、

どんな服を着ていくか聞いてみると良いかもしれませんね。

 

試着せずに購入したスーツのボタンが取れた

入学式まで時間がなく、試着もせずに購入したスーツで中学校の入学式に参加したOさん。

 

途中、ハンカチを拾おうとしゃがんだときになんと、

スーツの下のボタンが取れてしまいました。

その後は、周りに気づかれないように手で隠していたので

落ち着いて入学式を見ることができず…。

 

きちんと試着してサイズを確認しておけばよかった…と後悔したそうです。

 

保護者の方は、小学校の入学式と同じ感覚で洋服を選び、

恥ずかしい思いをしたという方が多いようです。

体型が変わった方は、試着して入学式に臨むようにしたほうが良いかもしれませんね。

 

 

ま と め

中学校の入学式では、

・子ども…張り切りすぎて失敗

・保護者…小学校の入学式と同じ洋服を着て失敗

という事があるあるですね。

 

中学校の入学式は新しい生活の第一歩でもあります。

緊張してしまうのは仕方ありませんが、

準備を万端にしできるだけいつも通りの自分で参加できるようにしたいものですね。

 

以上、中学校の入学式あるあるでした。

 

▼小学校の入学式あるあるはこちら▼

>>小学校の入学式あるある(よくある事)をまとめ

 

 

 

-季節の行事

Copyright© kininaru-cafe , 2020 All Rights Reserved.