豊田正和のwikiプロフ・経歴 日産社外取締役で元内閣官房参与 | スイミージャーナル

ゴーン事件 ニュース

豊田正和のwikiプロフ・経歴 日産社外取締役で元内閣官房参与

更新日:

保釈中にも関わらず、レバノンへ逃亡したカルロス・ゴーン氏。

1月8日に逮捕について、そして逃亡についての会見を行いました。

その中で豊田正和さんの名前が出てきました。

豊田正和さんのwikiプロフィールや経歴・学歴を紹介します。

スポンサーリンク

 

豊田正和のwikiプロフ・学歴

豊田正和

 

 

氏名:豊田正和(とよたまさかず)

生年月日:1949年6月28日

本籍:東京都大田区

学歴:東京大学法学部 卒業
プリンストン大学 WWS行政大学院 公共経営学修士(MPA)課程 修了

 

東京大学法学部卒業(偏差値67.5位)

豊田正和(東京大学)


広告

豊田正和 経歴

1973年通商産業省入省、OECD国際エネルギー機関勤務を含め、

貿易・エネルギー・環境などの分野で幅広い経験を積む。

経済産業審議官、内閣官房参与など歴任 。

2010年日本エネルギー経済研究所理事長就任

日産社外取締役

 

1973年 4月 通商産業省 入省
2003年 8月 経済産業省 商務情報政策局長
2006年 7月 同省 通商政策局長
2007年 7月 同省 経済産業審議官
2008年 8月 内閣官房宇宙開発戦略本部 事務局長
2008年 11月 内閣官房参与
2010年 7月 一般財団法人 日本エネルギー経済研究所 理事長(現在に至る)
2011年 6月 日東電工株式会社 社外監査役(現在に至る)
2015年 3月 キヤノン電子株式会社 社外取締役(現在に至る)
2016年 6月 株式会社村田製作所 社外取締役
2018年 6月 日産自動車株式会社 社外取締役(現在に至る)

 

豊田正和氏は日産と検察によるゴーン氏への調査が開始された昨年 6月に、

日産の社外取締役に就任しています。

さらに、ルノーによる日産統合の動きが強まっていた時期でもあり、

経産省としてはそれを阻止しようという意図があったといわれています。

 

ゴーン氏逮捕の経緯

ゴーン氏逮捕の経緯です。

 

2018年11月19日 金融証券取引法違反の疑いで逮捕されました。

12月に金融商品取引法違反の疑いで再逮捕(2度目の逮捕)

そして、保釈にはならず特別背任の疑いで逮捕(3度目)されます。

1月には特捜部により特別背任罪で追起訴となります。

その後、1月にルノーの会長兼CEOを辞任

3月6日にようやく、保釈されました。

しかし、4月に特別背任の疑いで再逮捕(4度目)され、

日産が取締役解任を決めました。

4月25日 保釈請求が認められる

 

ゴーン氏の罪は簡単に説明すると、

「報酬の過少報告」

「投資資金の私的利用」

「費用の私的利用」

になります。

 

【ゴーン氏逃亡事件の関連記事】

よろしければこちらもお読みください

ゴーン被告妻キャロル夫人に逮捕状 なぜ今?意味ない 理由は

ゴーン氏逃亡 関与した民間警備会社はどこ?M氏とは誰なのか

犯罪人引き渡し条約とは何か わかりやすく簡単に説明【ゴーン氏逃亡のなぜ】

ゴーン氏レバノン逃亡で海外の反応をまとめてみた 米・英・仏の各紙を紹介

ゴーン逃亡!今後どうなる?妻や弁護士の責任は 専門家の見解を紹介

 

ネットの声

 

 

 

 

-ゴーン事件, ニュース

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.