煽り運転罪の罰則内容 いつから導入?逆あおり運転にも注意が必要 | スイミージャーナル

ニュース

煽り運転罪の罰則内容 いつから導入?逆あおり運転にも注意が必要

更新日:

昨今の悪質なあおり運転が社会問題になっている中で、

警視庁が「あおり運転罪」の新設を検討しているようです。

悲惨な死者も出ているあおり運転。

その後もテレビなどでは収まっている様子が見られませんでした。

まだ検討段階ですが、現状の罰則と分かっている事から考察してみたいと思います。

また、わざと煽られるような運転をする逆あおり運転なども気になるところです。

 

スポンサーリンク

あおり運転罪の新設を検討

あおり運転罪

 

警視庁は、「あおり運転罪」の創設と罰則などの強化に向けて

法改正を進める方針を明らかにしました

検討されている改正案では、相手の通行を妨害する目的で「一定の違反」を行い、交通の危険を生じさせるおそれのある行為を「あおり運転」と定義した。

「一定の違反」には、車間距離を詰める行為や無理な進路変更などが想定されていて、罰則は懲役2年から3年以上とした上で、免許取り消しの対象とする案が検討されている。

また、これらの行為に加え、高速道路上で相手の自動車を停止させるなど、事故の危険性が高い行為をした場合には、より重い罰則を科す方針だ。

ただ、新たな「あおり運転罪」を適用するには、通行の妨害を目的とした意図的な違反、という要件を満たすことが必要になるため、ドライブレコーダーや防犯カメラの映像などから執ように違反行為を繰り返したことを立証できるかがポイントになってくるとみられる。

警察庁は、2020年の通常国会に「あおり運転罪」の新設などを盛り込んだ道路交通法の改正案の提出を目指している。

(引用元:https://news.yahoo.co.jp/)

 

現状では検討段階ですが、

あおり運転の定義

相手の通行を妨害する目的で

車間距離を詰める行為

無理な進路変更

という事になるようですね。

 

高速道路上での行為などはさらに重くなるという事。

立証には防犯カメラやドライブレコーダーが必要にもなるようです。

ますますドライブレコーダーが売れそうですね。

 

あおり運転の罰則内容はどうなる?いつから導入?

あおり運転罪状

 

現行の道路交通法では、あおり運転そのものの規定は有りません。

なので、死亡事故では危険運転致死傷で懲役18年の判決が出ましたが、

それ以外では軽微な違反点数による罰則しか適用されませんでした。

 

茨城県の常磐道で起きた、「あおり殴打事件」では、

殴打の部分では強要と傷害の罪で起訴されていますが、

あおりの部分では罰金のみの可能性が高いと言われています。

 

世論の動きもあり、いよいよあおり運転罪の新設という事になりそうです。

 

今後、あおり運転にあたると思われる罪

 

車間距離保持義務違反 現状:1点の減点(高速道路は+1)

急ブレーキ禁止違反  現状:2点の減点

進路変更禁止違反   現状:1点の減点

 

これらの行為を、相手の通行を妨害する目的で行った場合、

「あおり運転」となるようです

証拠にはドライブレコーダーが必須ですね。

点数は15点以上の減点になるとの報道もあります。

2020年の通常国会に提出するとの事です。

 

いつから導入?

いつから導入されるかという事ですが、

国会提出されてすぐに適用という訳ではありません。

 

例えば、12月から適用された「ながらスマホの罰則強化」は、

2019年3月に閣議決定

2019年5月に国会提出・可決

2019年7月にパブリックコメント募集

2019年12月に施行

と言う流れになっています。

>>運転中のながらスマホは一発免停いつから 12月

 

国会提出から半年以上かかっていますね。

あおり運転も2020年に国会提出を検討するという事ですから、

2020年度中には、という感じかもしれませんね。

 

広告

逆あおり運転 こんな場合はどうなる?  ネットの声

 

ただ、これちょっと注意が必要なことは、

煽るつもりがないのに、車間距離詰めてしまったなんてことありませんか。

 

逆手にとって変な言いがかり付けられたりしないのでしょうか?

例えば・・・

 

夜とかにいきなり前の車が止まって、

「オマエ今煽っただろ!警察呼ぶからちょっと待ってろ」

「ドライブレコーダー撮ってるからな」

「示談金置いてったら許したるわ」

なんてことがないとも言い切れないかな。

いわゆる「煽らせ運転」「煽らせ屋」ですね。

怖い怖い。

 

心配し過ぎですかね。

女性などは気を付けた方がいいかもしれないですね。

 

ネットでも話題になってます。

凄惨な事件もありましたからね。

あおり運転、それも重大事件に繋がる昨今のあおり運転等は当然厳しく対処すべきなのは間違いない。あまりに狂ったのが多すぎる。一方で街中でよく出くわす、超SLOW運転、直進車がブレーキを踏まなきゃいけない様な飛び出し更にSLOW運転、高速走行車線での低速走行等、あおられる側の問題もあると思う。あおりの厳罰と同時に走行マナー違反の車の問題も同時解決する必要がある。

ドライブレコーダーを設置していない車も多数あるが、それが原因で加害者に仕立てあげられたり(煽っていないことが証明出来ない)、実際に被害に遭ったのに映像がないから証明出来ず相手は無罪などがあってはならないので、警察はきちんと調べてから対処してください。

あおり運転が危険なのは分かっているけど、右端車線をいつまでもノロノロと法定速度に程遠いスピードで走っている車、バイクももっと細かく取締りしてほしい。法律を変えて済む問題じゃない。

あおり運転の範囲の基準定義が重要になりそう。

煽られている側の主張と、煽ったつもりがない運転者側の意見の食い違いがどのように判断されるのかもポイントになりそう。

厳罰化はいいことだが、煽り運転もながら運転も定義が曖昧で取締りにくいし、取締り基準も現場任せになってしまうのではないか。
世論の高まりで何となく法律を作ってしまうのは、どうかと思う。

明らかな悪意を感じるあおり運転はどんどん取り締まってほしいが、意識せずに車間距離が近い人はどうするんだろうね。
本人にはあおり運転の意識はない場合でも煽られたと思った人が警察に通報した場合は話が噛み合わないだろうしドライブレコーダーの映像みても微妙だと思う。

 

やはり線引きが問題ですよね。

でもあおり運転は無くなって欲しいです。

まだ詳細は発表されてないので公表されるのを待ちます。

 

以上、あおり運転罪の内容や導入時期を考察してみました。

 

 

【人気の記事】

IR汚職 秋元司逮捕は司法取引の可能性も カルロスゴーンと同じ特捜部長

河井克行衆議院議員と妻案里は国会をいつまで休むの?説明責任はどうなる

運転中のながらスマホは一発免停いつから 12月 赤信号はセーフ?

 

 

 

 

-ニュース

Copyright© スイミージャーナル , 2020 All Rights Reserved.